テーマ:食卓の情景風

ソースを楽しむ食卓

別にフランス料理の作法ではありません。文字通り日本の「ソース」です。 ・・・知る人ぞ知る「ちょっと美味しいソース」=『ポパイ とんかつ&フライソース』308円+税は普通に東京のスーパーで買えます。ナショナルブランドのモノよりは少しお高め。 ・・・しばらく前に「地ソース」という分野(?)にハマり、全国のご当地ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yaokoライフ3

業務繁忙期が終了して、かつ、このご時世なので、「食卓の情景風」が多くなるのも已む無し。せいぜい地味にYaokoライフを楽しむくらいしかやることがないワケです。 ・・・前回オイスターソース入りの「辛口」がかなり美味しかったのですが、今回は食べ慣れた「中辛」で。パッケージ赤を背景に被るかのごとき麻婆豆腐・・・この洗練されていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに冬将軍の本格到来

1月に入って、もう不可逆的に寒さが厳しくなりましたな。よって、ようやく金町亭にも冬将軍が本格到来。 ・・・四谷の冬将軍=≪政吉≫の『豚カレー南蛮そば』に対して、我が葛飾・金町亭の冬将軍はコイツしかいません。最初の本格冬将軍なので、国産大豆使用のワリとちゃんとした木綿豆腐をチョイス。でも、出汁はただの昆布茶の素(100円ショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼肉ラーメン

昨年夏に開眼して大いに堪能した「家中華つけ麺」ですが、気温の低下と共に冷たいつけ麺をそれほど欲しなくなり、最近は新たな局面に突入。 ・・・その転換点をもたらしたのは、右上の焼肉のタレです。いや、別に何の特変哲もないごくごくオーソドックスな≪エバラ≫のアレです。コイツを使って・・・ ・・・ナンチャッテ油そばを制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新日本納豆紀行

基本的にスーパーマーケットの生麺・豆腐・納豆コーナーにはご当地メーカーのモノが並んでいる(それを見つけるのも楽しい全国スーパー巡り)のですが、納豆コーナーをよくよく検認してみると、時折「おっ? 何でこんなに遠くから?」という地域の産品があります。 ・・・東京の葛飾・金町の≪東急ストア≫にて発見。この橋はアレだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬将軍支度完了

葛飾・金町亭では「冬将軍」を迎える準備は万端整っております。業務繁忙期も先週で完全終結して、諸々万事ゆっくりできるようになりましたし。 ・・・あ、冬将軍が誰か分かってしまいますね、コレじゃ。 ・・・冬将軍専属の副官です。 ・・・シンプルな冬将軍ではなく、最近おき入りの「さば水煮缶湯豆腐」用にポン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初エンジョイYaokoライフ

本日は南浦和業務が夕刻には終了したので、駅前の≪Yaoko≫にて初埼玉買い物。以前ココの「麻婆豆腐の素」を買った際に気になったコチラを購入。 ・・・お値段堂々たる94円(税抜き)ですぜ。中華のそこそこ高級料理の素なのに税込みで100円ちょいって、ちょい。 ・・・勿論、ちゃんとしたエビなんかじゃなくて、冷凍のエ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麻婆豆腐の53年目の真実

南浦和業務の帰りに立ち寄った埼玉至宝スーパー≪Yaoko≫南浦和駅前店で何気なく買った≪Yaoko≫の独自ブランド『yes!』シリーズの『麻婆豆腐辛口』94円+税が思いの外美味しかった話の続報。 ・・・元々はこのパッケージの完成図写真に魅せられて買ったワケで・・・ ・・・別にこの事実があろうとなかろうと、あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yaokoライフ

午後5時半過ぎには業務が終了する金曜日の南浦和業務。帰りに駅前のショッピングビル内にある埼玉至宝スーパー≪Yaoko≫さんに立ち寄るのが何よりの楽しみとなっております。前回、当店の埼玉地酒の品揃えに感服した経緯を記し、その後も『世界鷹』を購入したりして重宝しておりますが、酒だけの問題ではなかったのであった。。。 ・・・その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道ラーメン新

先日、謎の「北海道フェア」を開催していた≪まいばすけっと≫で購入した北海道限定即席袋麺を賞味した話です。それだけのことです。 ・・・北海道限定≪マルちゃん≫の『スープカレーラーメン』です。あ、よくよく見たら、「カレーラーメン」じゃなくて「スープカレーラーメン」って・・・ ・・・ま、普通の「カレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年夏家もり麺補遺

『上州手振りうどん』でお馴染の両毛至宝製麺メーカー≪星野物産≫の中華麺+普通のめんつゆに胡麻油とチューブのおろしニンニクと白ゴマと乾燥ネギをブチ込んだだけの中華つけだれ=『金町亭中華ざる』を堪能した2020年夏ですが、最後にもう1品。 ・・・随分前に群馬・邑楽亭の近所のドラッグストアの食品コーナーで見掛け、ずっと気になって…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東急レトルトカレー天国

300円超のご当地系・コラボ系レトルトカレーと、その対極を為すPB商品の50円台レトルトカレーのいずれでも「週一カレー」を楽しめることが分かりましたが、その中間の価格帯=200円台のレトルトカレーでも・・・ ・・・ま、そりゃ多分同じ結果でしょうな。でも、一応確認を。しかも、ラインナップ商品コンプリート欲も簡単に満たせます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州家麺最終兵器

どうしてもっと早くコレに気が付かなかったのだらふか。。。何って、アレですよ、アレ。夏の家もり冷し麺と言えば、これまで、そば・(上州手振り)うどん・そうめん(揖保乃糸+今年より島原素麺)・ひやむぎなどなど、いろいろ楽しんできましたが・・・ href="https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/030/…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金沢再現vs最安値レトルトカレー対決

今週も日曜日は「週一レトルトカレー」で曜日メリハリを無理やり創出。やはり、ある程度凝ったヤツでイキたいものです。 ・・・なぜかレトルトカレーコーナーがヤケに充実している南浦和≪マルエツ≫にて購入した『金沢カレー55』298円+税で再現開始。 ・・・ま、電子レンジでチンしただけですけど。確かに「金沢真っ黒カレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続く金町亭夏冷もり麺

長年探し続けた挙句、つい先日、ようやく手に入った我が群馬・館林の至宝醤油メーカー≪正田醤油≫謹製の「上州きのこつゆ」を使った「家で食べる冷やしもり麺」の続報です。 ・・・今回の主役はコチラの二人。いずれもPB製品ではなく、メーカー正規品ね。 ・・・やはり今回も登場した「上州乾麺」・・・の珍しい「そうめん」バー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日曜日のレトルトカレーの理由(ワケ)

このところ、比較的規則的に「毎週日曜日の晩メシは家でレトルトカレー」が繰り返されております。理由その1:日本海軍式に曜日の感覚を忘れないようにするため。「昼間で寝ているから今日は日曜日」よりも「晩メシにレトルトカレーを食べているから日曜日」の方がメリハリがあるでしょ。理由その2:日曜日は休肝日にするため。晩メシがカレーだと、酒を合わせな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州もりうどん完成形

コチラの乾麺うどん&つゆの素で「上州もりうどん」が、いや、正確には「両毛もりうどん」がついにようやく完成形になりました。 ・・・群馬・大間々の製麺メーカーと群馬・館林の醬油醸造元のコラボです。 ・・・群馬・大間々≪星野物産≫の代表的名品。これまで随分お世話になってきました。コイツは東京のスーパーでも普通に買え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝・夕で昼抜き

すっかり「南浦和業務現場弁当」が定着しております。主役の≪日本亭≫の底力が圧倒的ですので、それだけで十分ではありますが、せっかくなので脇役陣も充実させたいと思いまして・・・ ・・・脇役筆頭格は勿論「汁モノ」の即席味噌汁ですな。ココで改めて、王者≪永谷園≫の王道ど真ん中のコイツら。いずれも108円ショップにて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点アメリカ・シリーズ2・食の1(2020年5月24日)

先日読んだ「アメリカの地に足の着いたガイド本」内の「おすすめ関連書籍」から辿って、≪AMAZON≫の中古本で購入。そりゃ、やっぱり、どっぷりアメリカ食にハマっていくでしょ。 ・・・軽はずみな感じのするタイトルからはかけはなれた、実にアカデミックで重厚かつ実践的な情報が満載、さらに、見ているだで愉快な気分になるアメリカン・ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶっかけ金ちゃん

何にでも何かをぶっかけて豪快にワシワシと食らう快男児のあだ名のようですが、違います。カップうどんです。≪金ちゃん≫のヤツです。今回は「鍋焼き」式ではなく、「湯切りぶっかけ」式です。 ・・・これはまた斬新なパッケージで・・・さすが徳島。我が≪伊藤パン≫に通じる「冒険」を感じる。 ・・・食欲をそそる・・・とは言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご当地B級スーパースパゲティ

世の中には「ご当地スーパースパゲティ」なるモノがあるようです。「スーパー」と言っても、「超」という意味ではありません。「スーパーマーケット」の略です。つまり、ご当地のスーパーマーケットとかでしか買えない土着の日常食品のスパゲティのことです。 ・・・つまり、こういうヤツです。元々生麺系の食品は地産地消が原則でして、日本全国・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

埼玉・加須周辺&群馬・両毛&宮城・白石連合

群馬・邑楽への帰省時にちょいちょい立ち寄る東武伊勢崎線・久喜駅前のスーパーはなかなかの品揃えで、東京のスーパーでは見掛けないレアな商品や食材を発見するのが楽しくて楽しくて・・・ ・・・ある時、こんな一品を発見。正田醬油『冷や汁うどんつゆ』170円(税込み)・・・コレはアレだな。うどんが美味しい隣町・埼玉県加須市のうどん作法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国から金ちゃん軍団

即席ラーメンと言えば、≪日清≫や≪マルちゃん≫や≪明星≫や≪エースコック≫みたいなナショナル・ブランドだけではありません。日本全国には知られざる、でも現地では当たり前に食されている「ご当地即席麺メーカー」が多数あります。関東には≪ペヤング≫や≪ヤマダイ≫(ニュータッチ)、名古屋には≪すがきや≫、関西には≪イトメン≫、九州には≪マルタイ≫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご近所パン屋さんの手作り弁当

本日の「一日一回外出」の0.5回分は金町亭の近所の、ホントに目と鼻の先のご近所パン屋さんへ。ココんちの手作りサンドイッチの美味さ(特に「たまごサンド」の美味さ!)は当ブログで何度か絶賛しておりますが・・・ ・・・ココんちは手作り弁当もスゴい! しかも、種類豊富で毎回悩んでしまう。『エビフライ弁当』530円とかも美味そうでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛飾・山梨連合おでん

巣篭もり期間中は、なるべく自炊で晩メシを楽しみたいと思います。近々久々に炊飯器でご飯を炊くというシステムも復活予定。で、手始めに、今冬一度も制作しなかった金町亭おでんなど。季節外れにもほどがありますが。 ・・・今回の主役はコイツ。山梨県民の血液の一部となっているソウルめんつゆ『テンヨのビミサン』を使って、ベースのおでんだし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨・甲府&群馬・両毛&宮城・白石連合麺

「家で昼めし」の機会が圧倒的に増えています。というか、完全に毎日です。そりゃそうだ、だって、仕事に行ってないんだから。で、電子レンジで乾麺のそばとかうどんとかを茹でて・・・がメインとなります。こんなこともあろうかと思い(ウソです)、以前なぜか北千住駅構内の≪KINOKUNIYA≫で山梨県民のソウルめんつゆ『テンヨだしつゆビミサン』356…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本亭での宿願成就

「家でじっとしている」くらいしかできることがない今、外出は原則一日一回にして、少しでも世の中に貢献を・・・というワケで、本日の「一日一回外出」の行き先はコチラ。よくよく考えたら、いつもは業務現場近くの店で外食しているので、「昼メシに弁当屋の弁当」というシチュエーションは皆無でして、こういう機会に楽しめることは何でも楽しんでおくとします。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

家で食うメシも松

毎朝我が葛飾・JR金町駅へ向かう&毎晩業務から帰って金町亭へ戻る道すがら、この写真を何気なく目に入てつつ通過しておりましたが・・・ ・・・よくよく見たら、ものスゴイことになっておりますがな。ワンコイン! 何よりも嬉しいこの響き。ああ、ワンコイン!しかも、明日までの期間限定ということで、そりゃ、買って帰るでしょ、普通。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州ホルモン・マイナー進化

『深谷ネギがんも』や『上州もつ煮込み』などに目移りしておりますが、やはり群馬・邑楽亭帰省土産のキング・オブ・定番はコレですな。 ・・・群馬県のスーパーでしか買えない、まさに「群馬ご当地日常食的グルメ」の代表格です。邑楽亭のスーパーで250円前後で買えてしまふ。。。 ・・・この謳い文句は昨年までありませんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご当地グルメ原風景鍋

最近でこそ、スーパーの食品売り場でお馴染みの定番品(特に冬)に、しかも、各種派生商品がフル・ラインナップされるようになりましたが、ほんの10年くらい前は、東京各地のスーパーでコイツを探しても、なかなか見付からなかったものです。ワタシのご当地(B級)グルメ駆け出し時代にご当地愛・情熱を一気に高めてくれた、実に全く何とも思い出深い一品です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more