テーマ:箱根そば

四谷の丼のそば屋

激ウマあなご天を発掘して以来、四谷マイ社食≪政吉≫への信頼&依存度がV字回復。毎週月曜日、つまり、一週間の業務の始まりは、必ずコチラで・・・ ・・・『ミニあなご天丼セット』600円をチョイスします。最近は≪政吉≫の「ご飯」の美味しさにも開眼したので、専ら丼セットで昼からガッツリ・・・です。今日は気温が若干低めなので、『かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土曜日のエース

今年度の四谷業務の中では確実に充実の土曜日午前業務を終え、適度な空腹を抱え、土曜日四谷マイ社食の≪箱根そば≫へ向かう至福。 ・・・そして、この充実のセットを280円で食える極楽。種明かしは『かけそば』無料クーポン5枚コンプリート+『海老天』120円+『ミニかき揚げ天』60円+『一膳めし』100円=280円ということです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷そば事情安定継続

四谷マイ社食≪政吉≫でカレー系に手を出さなくなってから、四谷業務合間昼メシそば事情がすっかり安定しました。あの独特な唯一無二の味わいを堪能できないのは残念ですが、良い思い出のまま別れた方があとあと・・・ ・・・というワケで、『ミニ小海老天丼セット(ぶっかけそば)』600円などを久々に。これは月曜日(5月27日)のお昼ね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷そば事情安定化

異例の充実度の昨年度と比べると、四谷業務の安定感はイマイチですか、どうにか業務合間昼メシの立ち食いそば事情は安定してきました。すなわち・・・ ・・・火曜日は四谷≪政吉≫で頑なに非カレー系=天ぷら系そばをチョイス。本日はザ・オーソドックスな『小海老天そば』500円。そうそう。これでイイのよ。元々初めて四谷に来た頃にコチラに注…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のメシ状況(普通の日々)

本日より、前期の通常業務が完全再開。ということは、原則的に朝イチ⇒夜のイッツウ業務が月曜日⇒土曜日の日々です。ということは、起きて働いて食って風呂入って寝て⇒起きて働いて食って風呂入って寝て⇒起きて働いて・・・が繰り返されるのみ。ということは、今後の当ブログも大体今日のような感じになります。健康と平和に感謝です。 ・・・と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷そば異変始末

四谷業務。今日こそは≪箱根≫の「春」の「夢」を・・・と朝から思い、初志貫徹。 ・・・『桜海老のミニかき揚げ天と夢カサゴ天そば』500円+『一膳めし』100円の春祭りセットです。 ・・・桜海老。ああ、桜海老。桜海老。あ、実はコレって「ミニ」だったのね。 *今週は「四谷昼そば界」で大事件が起こりました。一片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そば屋のカレー欲

今年度も土曜日は四谷へ出勤。で、初日の今日は、朝から≪箱根≫の「春」の「夢」を楽しもうと思っていたのですが・・・ ・・・午前中の業務の途中から急に口に中が「そば屋のカレー」を求める感じになりましてね。久々の≪箱根そば≫の『ミニカレー&かけそばセット』550円+『ミニかき揚げ』60円=610円はちょっとマイ昼メシ基準からオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の春

そして、≪箱根≫にも春がやって参りました。よくよく考えたら、コレもワタシにとっては、春を感じさせるモノでしたな。 ・・・四谷≪箱根そば≫の春限定新メニューは毎年恒例の桜海老のかき揚げ天に、夢かさご・・・夢? 何が夢? 夢なんか、抱いてイイの? ・・・とりあえず『一膳めし』100円とのセット=600円。働いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一旦サラバな箱根の新コンビ

本日より四谷業務現場にて朝一⇒夜最終のイッツウ業務3連チャン。ついに最終コーナーを回り、最後のひと頑張りとなりました。そして、その先のゴールには・・・半廃人シフトが待っているワケです。念願の・・・いや、今年度の四谷業務の楽しさ・充実度からすれば、もう少し走り続けていても・・・ま、会うは別れの始まりか。 ・・・そうすると、≪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最後の感謝社食

あっという間に今年最後の四谷マイ社員食堂≪政吉≫でございます。勿論食べるのは・・・ ・・・四谷の冬将軍『豚カレー南蛮そば(ミニライス付き)』590円に決まっているではないですか。今年も本当にお世話になりました。 ・・・神々しいまでのカレー南蛮っぷり。脳髄痺れカレー汁がタマリマセン。 ・・・そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の四谷箱根スタミナ捻出

四谷≪箱根そば≫の秋のメニュー『スタミナそば』(スタミナ=豚肉煮付け+ニンニクの芽入りかき揚げ天)が消えて、パンチ不足の冬のメニュー(前述)に大いにガッカリしていましたが、よくよく考えたら・・・ ・・・もともとある『肉そば』450円に『ミニかき揚げ天』60円を加えれば、それなりに「スタミナ」になるではないか! ニンニクの芽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の冬は迫力不足

大堪能した「箱根の秋」=『スタミナそば』(豚肉煮+ニンニクの芽入りかき揚げ天)でしたが、いよいよ「箱根の冬」へ季節は移り・・・ ・・・いや、どうも、こりゃ・・・あまり食指が動きませんな。ま、でも、最近は絶大な信頼を寄せられる≪箱根そば≫さんだけに・・・ ・・・とり合えずワントライ。丼からはみ出す春菊天に、一応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも普通の四谷そば街道

火曜日も同じく四谷にて朝一⇒夜最終前のイッツウ業務です。が、通常期より午前業務のボリュームが減量、昼休みが丸々確保されます。それはそれでちょっと寂しいという「働いていれば安心」的な哀しい昭和日本人気質。ま、確実に「四谷そば街道」を満喫できますので。 ・・・本日は冬なのに急激に気温が上昇したので、文字通り今年最後の『豚カレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正規今期最後の四谷そば街道

今週で今期の通常業務午前・午後版も終了するので、襟を正して「四谷そば街道」を・・・と思いきや、昨日月曜日はいきなりその午前業務が押してしまい、昼の休憩時間が15分に縮減、昼メシは痛恨のコンビニめしとなってしまいました。ようやく本日火曜日に満を持して・・・ ・・・変わらぬ信頼のマイ四谷社食≪政吉≫の名品『豚カレー南蛮そば(ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりクーポン

今週も大活躍の四谷≪箱根そば≫のクーポン。11月末日が期限だからね。そして、11月が終われば、忙しくも実に楽しく充実していた今年の四谷業務の通期版が終わってしまふ・・・ ・・・とり合えず、その日その日を楽しむのみです。そして、本日のセットは400円。『かけそば』300円+『一膳めし』100円+『かき揚げ』無料クーポンの最安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

されどクーポン

先週手に入れた四谷≪箱根そば≫の「たかが」無料クーポンを今週早速使用。しかも2回も発動。やはり「されど」クーポンですな。 ・・・今回の目玉は「ちくわ天無料」でして、マズはそちらから。というか、≪箱根≫にこんな天ぷらネタがあったとは・・・ ・・・『かけそば』300円+『一膳めし』100円+『ミニかき揚げ』60円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかがクーポン

四谷業務の昼下がり。昨日・今日といずれも昼休み時間が十分確保できたので、2日連続で≪政吉≫に・・・と思いきや・・・ ・・・たかがクーポン、されどクーポンです。「今回はちくわ天登場!」の謳い文句が魅力的過ぎでしょ。 ・・・『かけそば』300円+『海老天』120円+『ミニかき揚げ天』60円+『一膳めし』100円=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の四谷そば暗街道

という次第で、謎の歯茎の不調と秋の憂愁により、なんともモヤモヤな今週の四谷そば街道です。ま、せめては歯茎の膿みが消えて、腫れも少し治まってくれたので、生きているだけでありがたい。そして、確実に美味しいモノで・・・ ・・・最近お気に入りの四谷≪箱根そば≫の秋限定メニュー『スタミナそば』500円を。いやあ、ホントに美味い。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根原点回帰

前回「肉うどんの乱」が起こった四谷≪箱根そば≫にて、原点回帰。やはり、箱根は蕎麦に限る。『かけそば無料クーポン』も5枚揃ったのでね。 ・・・しかも、久しぶりにオーソドックスな『コロッケそば』を食らいたくなりましてな。この際、『ミニかき揚げ天』も付けちゃいましょう。『かけそば』が無料なので、コロッケ120円+ミニかき揚げ天6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の乱

いつもの四谷業務合間の昼休みに、いつもの≪箱根そば≫で、いつもの秋新作メニュー『スタミナ××』のアレみたいですが・・・ ・・・いつもとはどこか違う雰囲気。何か、全体的に白い感じが・・・ ・・・ま、とりあえず、いつものように『スタミナ××』500円+『一膳めし』100円=600円の大満足・大満腹セット完了。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦う舞茸天

四谷の≪箱根そば≫でいち早く「秋の味」を堪能しましたが、≪小諸そば≫でも当然・・・ ・・・秋の舞。コチラは池袋店にて堪能することに(業務がユルリだからね)。 ・・・秋の王者・舞茸天にサツマイモ天と秋鮭天・・・「春の味」(鰆天・アスパラ天・竹の子のかき揚げ天)の華やかさ・賑わいに比べると、地味感は否めませんな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷の箱根の秋の2

早くも10月ですか、2018年も。で、先週四谷で早速に「箱根の秋2018」を堪能しましたが、もう一つの小さい秋がありました。 ・・・どこがザ・秋なのか分かりませんが、秋しか食えないというのであれば・・・ ・・・そりゃ、食うでしょ、早速。ただでさえ美味しい「箱根かき揚げ」なのだから、ニンニクの芽などという最強の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の四谷充実蕎麦街道

充実かつ忙殺の四谷業務ですが、今週はどうにか月・火・土と3日間間いずれも昼メシ時間を確保できました。まずは、月曜日・・・ ・・・しかし、祝日なので、いつもの四谷マイ社食は3軒とも定休日。よって、困った時の≪吉そば≫さん。頼れるいぶし銀です。大盛り無料も頼りがいあるね。 ・・・『冷したぬき』(もちろん大盛り)+…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の足音の蕎麦

何だかいつの間にか涼しくなってきましたな。いつもの業務合間立ち食いそば昼メシの時も、冷たいそばを体が欲してやまない・・・よりは、温かいそばをすんなり受け容れる感じになってきました。しかも、そろそろ秋の新メニューが・・・ ・・・まずは四谷≪箱根そば≫さんの『金目鯛・舞茸天そば』を。 ・・・500円でも堂々たる風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週も四谷そば街道縦断

月曜日は四谷≪政吉≫にてお馴染の『豚カレーつけそば(ミニライス付き)』570円。 ・・・うむ。最近の安定感は素晴らしい。カレー汁の濃厚さも豚度も文句なし。 火曜日は四谷≪箱根そば≫にて『ランチ得盛り(1.5倍)ぶっかけそば&海老天&ミニかき揚げ』530円。 ・・・午前の業務が押しに押して(望むところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷お子様カレー

というワケで、昼メシの「四谷そば街道」東奔西走も既に始まっております。火曜日の今日は、四谷第二マイ社食≪箱根そば≫のメニュー刷新ランチサービスのコチラ。 ・・・『かき揚げ天そば』+新作『一膳カレー』=550円のセット。午後の業務で眠気を催しそうな、フルボリュームな満腹セットですがな。 ・・・で、コレが新作の・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷箱根の主役奪還の最終兵器

≪小諸そば≫の『和風冷麺』と≪政吉≫の蕎麦信頼度回復の陰に隠れ、すっかり夏の四谷主役争奪戦の最前線から後退・・・に見えた≪箱根そば≫ですが、ついにコイツが・・・ ・・・≪箱根≫の真夏の最終兵器『豆腐一丁そば』470円の堂々たる、あまりにも堂々過ぎる雄姿です。つか、ホントにガチで丸々パック一丁のヤツなんですね。こりゃ、蕎麦だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の一時的主役蕎麦

≪小諸そば≫にこの夏限定メニューが出現すると、四谷蕎麦街道の主役に一気に躍り出ます。 ・・・このメニューがある限り、確実に週に一度は食らいたくなるワケです。 ・・・無造作にW盛りにしても490円。ワンコイン未満で、この美味しさ・ボリューム・・・そりゃ、主役にもなろうって。しかも、シーズン一発目というせいもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週も四谷蕎麦街道

ただ若いだけだった頃(と言っても、愚か者だから、40代までずっと)、「立ち食いそば屋で昼メシを済ますようなヤツにだけはなるまい」などと頓珍漢、いや、奇妙なことを考えておりましたが、今となっては、週に4~5回は立ち食っております。いやあ、楽チン人生だ。 ・・・本日は四谷マイ食堂≪政吉≫の「晦日そば」=大盛り無料サービス日。最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の昼の新時代

最近お気に入りだった四谷≪箱根そば≫の『ランチざるW盛り』が20円ほど値上がりした・・・と同時に、そのランチサービスメニューが一新されたようです。夏仕様か? ・・・あまりマジメに眺めたことがなかったのですが、よくよく見たら、かなり魅力的な・・・ ・・・早速賞味。まずは「麺1.5倍」の文字も眩しい『得盛りぶっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more