東北地パン再進撃

昨年秋のとある日、近所にある最頻繁行きつけの≪AEONスーパー≫の菓子パン・惣菜パン棚の下の方で、驚愕の発見。

kus (1).JPG

・・・製パンメーカーの提供する準洋菓子のザ・昭和レトロ担当『シベリア』・・・が売られているのは別に不思議でも何でもありません。驚くべきは・・・

kus (2).JPG

・・・東北・青森地パン! 前回のコイツと『パイン飴』とのコラボバージョンは、ま、特別版ということで、東京への輸出にも理由はありましょうが、こういうご当地で長年愛されている地パンメーカーの定番ブツがなぜはるばる葛飾区金町なんかに・・・こういう地モノの謎のテレポーテーションが実に面白い。面白過ぎる。毎日退屈しなくてすみます。

kus (3).JPG

・・・とりあえず、「シベリア」の定義。よくよく考えたら、青森の地パンメーカーがなぜこの商品に注目を? しかも、葛飾へ輸出?

kus (4).JPG

・・・なかなかの雄姿ですな。ちゃんとプラスチックの箱にきっちり入っているし。これで238円。ま、普通のお値段でしょうか。

kus (5).JPG

・・・定義通りのカステラ&羊羹風。単純に美味いです。

kus (6).JPG

・・・是非ともこんな組み合わせで楽しみたい。

kus (7).JPG

・・・元祖缶コーヒーの『UCCミルクコーヒー』は製品種別では「乳飲料」なので、本格的な「コーヒー」としてはコチラが元祖缶コーヒーとのこと。

kus (8).JPG

・・・休日の始まり(昼だけど)としては、コレ以上のシチュエーションは望めない。

"東北地パン再進撃" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント