2020年夏家もり麺補遺

『上州手振りうどん』でお馴染の両毛至宝製麺メーカー≪星野物産≫の中華麺+普通のめんつゆに胡麻油とチューブのおろしニンニクと白ゴマと乾燥ネギをブチ込んだだけの中華つけだれ=『金町亭中華ざる』を堪能した2020年夏ですが、最後にもう1品。

tch (1).JPG

・・・随分前に群馬・邑楽亭の近所のドラッグストアの食品コーナーで見掛け、ずっと気になっておりました。98円+税だし!!

tch (2).JPG

・・・おっ、コレは「播州そうめん」の聖麺地のコチラ発のヤツでしたか。なぜ群馬県邑楽町などという遠方に・・・しかも、98円+税って・・・

tch (3).JPG

・・・さすがは「揖保乃糸」のお膝元。「細」に偽りなしの細さです。つか、コシの強さも既に予感できます。

tch (4).JPG

・・・美味い。美味いなぁ・・・元々、コレが食いたくて今夏は「ざる中華」を試行したワケで、ようやく辿り着いた目的地というワケです。そういう意味では、補遺ではありませんな。本意でした。

tch (5).JPG

・・・時々無性に食いたくなる≪桃屋≫のメンマ。我が「ざる中華ライフ」も徐々に充実してきました。

tjb (1).JPG

・・・そして、夏に最後に投入する麺はコチラ=『上州手振り ひやむぎ』90グラム×4束=198円+税となります。

tjb (2).JPG

・・・やはり、最後は上州で〆たいね。

tjb (3).JPG

・・・ううむ・・・さすが。上州の品格・矜持が漂います。

kas (1).JPG

・・・この上州の重厚感に対応するには、「あご」の強烈な力を借りるしか・・・

kas (2).JPG

・・・今では東京のスーパーでも当たり前に買えますな。『ニビシあごだしつゆ』284円+税よ、頼むぞ。

tjb (4).JPG

・・・さあ、戦いの始まりだっ!

tjb (5).JPG

・・・いきなり上州の先制攻撃。美しい。まさに上州の至宝!もう、コレは確実にプリップリのシコシコですぜ。

tjb (6).JPG

・・・透明感溢れ、つややか・・・乾麺の最高到達点・・・褒め過ぎか。

tjb (7).JPG

・・・そして、上州VS九州の真剣勝負。美味い! 良き戦いでした。

kas (4).JPG

・・・この戦いで九州の力を再認識し、最近は「九州の甘い醬油」にハマっております。その名も『甘くておいしい醬油』は238円+税で葛飾・金町の駅前≪東急ストア≫でも普通に買える至福。

kas (5).JPG

・・・まさに九州力。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

門ハイ
2020年10月16日 17:13
こんばんは。
あごだし、美味しいでしょう?(笑)
長崎・佐賀県西北部は、この出汁で新年が始まります。数年前のあごだしブームで価格が高騰し、平戸あたりは景気良かったです。

甘い醤油、クセになりますね?(笑)
コレで賞味する五島灘の魚は最高です。コレに慣らされているので、他所の醤油は塩辛しょっぱいです。煮物の味付けも、他県の方からすると甘いと思います。

ちなみに、佐世保の豆乳は砂糖と蜂蜜が入っていて、美味しいです。(笑)
葛飾散人R
2020年10月16日 22:08
渾身の九州コメント、ありがとうございます!
めんつゆは「あごだし」、醬油は「甘口」・・・コチラ東京・葛飾もすっかり九州化しております。
昔は「地醬油」を求めて日本全国を右往左往したものですが、今じゃ、ホントにご当地モノが簡単に手に入るようになりました。
日本の物流を支える皆様に感謝感謝でございます。

それにしても、甘口醬油、もうすっかり病み付いてしまいました。ワタシも今では、甘口の醬油じゃなきゃ、刺身は食べられません(笑)。

甘いモノ・砂糖と言えば、何となく東北・北海道の方々がお好みという気もするのですが、九州もしっかり甘味圏なんですね。不思議な日本味分布です。。。
まべ
2020年10月17日 14:04
星野物産の実食エントリにコメントしそびれておりました。
そう言えば揖保乃糸ブランドの中華麺と言うのもあります。麺本体の塩気がやや強目ですが食感がよろしいです。
葛飾散人R
2020年10月18日 01:31
龍の麺に隠れて、こっそり上州麺を楽しんでおりました。
≪星野≫は『手振りうどん』だけではないっ!を実感した夏でした。

揖保乃糸ブランドの中華麺!!
早速チェックしました。
これは凄い。是非買わねば・・・貴重な情報提供、ありがとうございました!
それにしても、そちらの中華麺にも「龍」の名が・・・中華麺の雅語=龍のヒゲ的な感じなのでしょうか。。。