定点またリハビリの箴言(2020年9月12日)

夏の疲れが出ているのか、再開した四谷・南浦和業務がキツイのか、相変わらずスマホにハマっているのか、またぞろ読書の時間がなくなりつつあります。そうなると、『菜根譚』のような箴言集的なモノで活字馴れ・リハビリ・・・

gen1.jpg

・・・そんな軽い目的で読んで良いのか、こんな重厚な書物を。かの西郷隆盛公も座右の書とした江戸儒学の傑作です。一時期どハマッた小島直記の伝記エッセイの中で頻繁に引用された「一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うることなかれ。ただ一燈を頼め」の紛れもなく出典元です。あ、だから買ったのですね。その後、長期、あまりに長期に渡って放置ツン読。これだけでもバチが当たります。数々の名言・含蓄深いお言葉に感銘しましたが、一番嬉しかったのは、全訳注を付けた川上正光氏による解説で「おのれこそおのれのよるべ (おのれをおきて)他の誰にたよられようぞ よくととのえしおのれこそ まこと得難きよるべなれ」の文句に再会できたことでした。それもまたバチがあたりそう。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント