ご当地ポテチという新ジャンル

普段袋入りのポテトチップなど全く買わなくなった(歳だからな。胸ヤケと胃もたれが怖い)のですが、こういう気の利いたヤツを見ると・・・

c-tan (1).JPG

・・・つい買ってしまいます。これは何ともワタシ向けに作られたとしか・・・108円だし。

c-tan (2).JPG

・・・「神奈川名物」が横浜中華街でもなく、湘南のしらすでもなく、川崎の『ニュータンタンメン』って・・・さすが、≪カルビー≫さん。北区赤羽に本社があるのもダテではありませんな。全社テレワーク化もいち早くトライ。こういう会社は成長せずんばあらず。

c-tan (3).JPG

・・・横浜市民どころか、神奈川県民のほとんどが知らないと思います。

c-tan (4).JPG

・・・再現度は・・・正直よく分かりません。辛くてニンニクが効いている・・・ということは確かです。

gpc (1).JPG

・・・コチラは我が上州・群馬のヤツ。コレも渋いチョイスだなぁ。。。

gpc (2).JPG

・・・何で群馬がパスタ・・・実は群馬県高崎市は「パスタの街」として、知っている人にだけ有名なのです。

gpc (3).JPG

・・・つか、「ベスビオ」と聞いて火山ではなくパスタを思い浮かべるのは、群馬・高崎人だけでは・・・まだまだ謎に満ちている群馬、サイコー! カルビー、バンザイ!

*しかし、思ったより展開しませんでした、このシリーズ。近所の≪AEON≫で買える商品ラインナップに限界があり、いつの間にかフェード・アウト。ま、元々ポテトチップを食うこと自体が生活サイクルに入っていないので、致し方ないかね。

nato (1).JPG

・・・それよりは、こういう毎日のように食っている商品で全国行脚を是非。地方色豊か(これは信濃川に架かる万代橋ですね、多分)、かつ、昭和レトロなパッケージもタマリマセンしね。3個88円のヤツよりは高いですよ、そりゃ。

nato (2).JPG

・・・でも、東京葛飾・金町駅前の≪東急ストア≫で新潟製造の納豆を手に取れる楽しみ。折り良く新潟県の詳細都市地図が家にあるので、この住所の辺りを地図で現認⇒様々に雪国の暮らしを妄想・・・とかも出来ますな。

yip (1).JPG

・・・と思いきや、今夜業務帰りに同じ我が葛飾・金町駅前≪東急ストア≫でこんなモノを発見。

yip (2).JPG

・・・神奈川の新バージョン・・・ということは、新シリーズの展開か? 続編はあるのか? それにしても、新作が≪吉村家≫って・・・ラーメンブーム初期の初期の頃の名店ですぜ・・・ナンチャッテ家系風ラーメン屋(家)が街中に跋扈する今、逆に新鮮か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント