定点古本競馬探偵ボヤケ(2020年6月14日)

大好きな元警官⇒古本屋探偵の古本ミステリーの待ちに待った最新作・・・と言っても、≪Book Off≫の108円均一棚での最新入手版です。本作は、筆者のもう一つの関心テーマである競馬界と古書の世界が融合・・・大いに期待が高まり・・・

aisyoka.jpg

・・・過ぎたのか、う~ん、何だかイマイチ。筆者の競馬への愛は分かり過ぎるくらい分かるのだが、古本を軸に物語が展開していくシリーズの従来の作品と違い、こりゃ、どうも競馬の方がメインに・・・だったら、ディック・フランシスでもイイな。しかも、最後まで真犯人が分からなかったのは良いとして、でも、それは、全然納得できない、説得力の弱いオチだったから、想像したくもなかった展開・・・あ、それはそれで「ミステリー」なのか? 主人公が古本屋から警官モードにシフトしつつあるのも気になる。。。シリーズ第一作の『死の蔵書』の感動はもう味わえないのか。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント