定点アメリカ・シリーズ3・食の2(2020年6月7日)

さらに派生していくアメリカ食本シリーズ第二弾。コチラは、前回の『おいしい・・・』とは真逆で、随分大真面目なタイトルとは裏腹に、ユーモアたっぷり、あ、でも、記載事実の全てにエビデンスがあり、ちゃんと学術的な裏付けがなされている・・・のに、どこか全体的に「フザけて」いる感じが漂い・・・結論:超面白い。

syokuhin.jpg

・・・内容的には、スーパーマーケットの商品陳列棚ごとに特定の商品をピックアップし、その商品に関する様々なデータ&エピソードを披露、そして、鋭いアメリカ批判、さらには現代社会における食文化批判・・・などはダイレクトには一切触れず、淡々と事実のみを述べ、あとは読者の判断に任せる・・・などと、もっともらしく分析しても意味はない。簡単に言うと、そんな内容にもかかわらず、何か読み出したら最後までやめられない一編の「長編小説」を読んでいるような気分でした。スーパーで当たり前に売られているお馴染の食品を素材にしても、これだけ面白い「物語」が書けるということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント