定点司馬大先生の萌芽(2020年2月10日)

軍事の天才=義経と政治の秀才=頼朝の深く暗い戦い・・・の下巻。本巻も見事なまでの義経の軍事的天才ぶり・・・そして、悲しいまでの政治的・人間的未熟度。これに対して、頼朝の絶対的権力者とは思えない気の使いっぷり&陰湿度が際立つ。特に、陰湿度では頼朝の上をいく大江広元との陰謀・密議の下りが陰湿でタマラナイ。それと、後白河法皇の生臭さ・人としての品性のなさの描写がエグくてグッときます。加えて・・・

yoshi2.jpg

・・・この手の大河小説における大先生の政治的状況の分析・説明の深遠さ・鋭さは当然のこととして、今回改めて大先生の軍事・戦術・戦闘に関する場面の描写の詳細さ&説得力を再認識&瞠目。そうか、だからこその『坂の上の雲』だったのですね。銀河英雄伝説のラインハルト=義経+信長説。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント