憧憬の不二家パンども

ただでさえ「コラボパン」に弱いのに、それがラインナップ化すると・・・たとえそれほど思い入れがない≪不二家≫の『ミルキー』であっても・・・

m1 (1).JPG

・・・買っちゃうじゃないですか。「子供の頃の憧れの一品をオトナ買い」も兼ねて。昭和の家庭はどこもそれなりに豊かではなく、ウチも≪不二家≫とか『ミルキー』とかとは、あまり縁が・・・以下≪不二家≫への怨嗟は2019年12月24日の記録ご参照)。

m1 (2).JPG

・・・というワケで、思う存分≪不二家≫にリベンジすべく、『不二家ネクター』などを合わせてみる。

m1 (3).JPG

・・・コレも子供の頃の憧れの一品でした。そもそも、自販機の正統派缶ジュースなんか、全く縁もなかったでしょ、昭和の子供は。

m2 (1).JPG

・・・では、『ナイススティック』から。リベンジと言っても、たかだか100円だけどね。

m2 (2).JPG

・・・ミルキー風味って・・・要するにミルククリームということか?

m2 (3).JPG

・・・パン部分は微妙にソフトホワイトパン的な表面の粘りと中身の柔らかさが特徴。

m2 (4).JPG

・・・ミルキー・・・なの・・・か・・・そもそも、それほど思い入れのある味ではないので、再現度もよく分からん。

m3 (1).JPG

・・・コチラは「デニッシュ」の方。同じく100円前後。

m3 (2).JPG

・・・このイラストの食べ物に憧れ・・・いや、自分が食べるモノではないと思っていたので、ほぼ視界に入らなかったかもしれません。

m3 (3).JPG

・・・どこにもミルキー感が・・・

m3 (4).JPG

・・・あ、裏にドップリと甘そうなクリームが・・・なるほど、確かにフレンチトーストな感じがします。

mil (1).JPG

・・・ついでにこんな珍品も。同じく100円。

mil (2).JPG

・・・間違いなく大福・・・大福にもミルキーにも全然興味はないのに、それがコラボすると買いたくなる。実に深いマーケティング戦略です。

mil (3).JPG

・・・おほっ、強烈なミルキー感が・・・手がベトベトです。久々にママの味・ミルキーそのものを・・・歯にくっつきそうなので、ご遠慮。

fnc (1).JPG

・・・同じ≪不二家≫つながりで、こんなモノもありました。≪不二家≫だけど108円。

fnc (2).JPG

・・・『ミルキー』はともかく、この缶ジュースにホントに憧れたものです。初めて飲んだ時は、あまりのトロリ美味しさに眩暈がした・・・あの頃のオレに浴びるほど飲ませてやりたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント