連続で大船なのに品川駅弁を東京駅で

午後9時半。四谷業務を終えて、こんな時間なのにJR東京駅の駅弁屋へ。昨夜こちらに来て、「大船軒祭り」をやっていることを知ったので、もしかしたら、未だ在庫が・・・

sin (1).JPG

・・・あ、あった。≪大船軒≫なのに「品川」な駅弁。コチラも前々から気になっておりましたが、1150円という1000円超えの駅弁マイ贅沢価格にビビッておりました。ま、今年も概ね業務に励んだので、イイじゃないか。

sin (2).JPG

・・・おおっ、確かに何だか品川っぽい雰囲気の渋い賑わいです。新宿でも渋谷でも銀座でもない、紛れもない品川な感じです。全然上手く説明できません。

sin (3).JPG

・・・豚カツだと思ったら鯨カツ(品川とクジラも無意味な組み合わせではありません。ちゃんと必然性があります)、鶏肉の照焼かと思いきや豚ヒレ肉の香味焼き・・・品川のマジックにやられました。そもそも、御品書きの一品一品がいちいち全て美味しい。1150円でも悔いなし。

sin (4).JPG

・・・品川宿部門。上の区画にマジック鯨カツ&豚ヒレ肉の香味焼きがあります。あ、鯨カツ、美味いな。

sin (5).JPG

・・・若干湘南風部門。しらすだけじゃなく、桜海老も載っているのがイイね。そして、さすが幕の内名人・大船軒。卵焼きと蒲鉾もちゃんと揃っています。

sin (6).JPG

・・・こういう面子には日本酒・・・しかも、深夜の東海道本線で小田原あたりより先を行っている感じにすべく、なるべくジャンクなパック酒を合わせたい(複雑な場面設定ね)。

sin (7).JPG

・・・今回のMVPはやはり鯨カツ。あ、でも、浅利しぐれ煮の上品な味わいがブリックパック月桂冠のベストフレンド。そして、隠れMVPは意外にもポテサラ。≪鎌倉ハム≫使用で、何とも上品で・・・何もかもがザ・品川でした。

sin (8).JPG

・・・さ、さ、〆ますか。美味しい肴で一献、然る後にシラスご飯で〆・・・最高じゃないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント