ハマ弁の夜

JR・私鉄を問わず神奈川県内の鉄道の駅に降り立つと、県外の人間から見たらびっくりするくらい当たり前のように≪崎陽軒≫の弁当屋が存在します。例えば、JRで言うと平塚とか、相鉄線では大和とか海老名とかにも。神奈川における≪崎陽軒≫のソウル度の高さを示しておりますな。ちょっとした旅の発見にもなります。で、東京・池袋の≪西武百貨店≫にもフルで弁当が揃っている販売コーナーが・・・

画像


・・・時々前を通り掛るのですが、こんな見慣れない一品を発見。660円。業務の行きがけに買って、夜帰投後に家で食らいました。こんな感じも業務閑散期の余裕の光景ね。

画像


・・・おおっ、コンパクトにまとまりつつも、何だか彩り豊かでグッとくる。まさに「美しい」弁当と言えましょう。

画像


・・・「横濱」とは一切関係ない缶チューハイを合わせてみる。それでも絶景。崎陽軒の底力ですな。

画像


・・・名前どおり、ピラフがメイン。なぜ「横濱」かは不明。海老が載っているあたり・・・きっと何か文明開化な感じのアレに違いない。

画像


・・・当然「シウマイ」も入っております。あとは、崎陽軒の隠れた名物・鶏唐揚げとか珍味・パプリカのピクルスや普通のポテサラなど。ナポリタンが「横濱」なのかもしれん(確か横浜発祥でしたな)。

画像


・・・「駅弁は冷たいまま食う」が一応のマイ駅弁ルールなのですが、まあ、厳密には駅弁ではないし、何より≪崎陽軒≫のシウマイは温めるとさらに滅法美味しくなるのよ・・・ビンゴっ!

画像


・・・それにしても、このピラフ、美味いな。適度にパラリ・しっとり、そして、ヤケに塩味が効いていて、最後はコレを肴に飲んでいた感じもします。。。

この記事へのコメント

まべ
2019年02月11日 21:13
連投で失礼します。
同じく海老メインでサイドにシウマイが付いている横濱チャーハンがあるので、その派生あるいは兄弟版ではないでしょうか。炒飯そのものはやはり中華街のイメージですかね。
ご存知でしたら重ねて失礼申し訳ありません。
葛飾散人R
2019年02月12日 00:07
『横濱炒飯』は一時期新幹線に乗る用事がある時によく買っていました。
でも、最近はその若干ゴージャス版で『炒飯弁当』も出ているようですね。
久しぶりにオーソドックスな『シウマイ弁当』も堪能してみたいです。。。

この記事へのトラックバック