北関東三大怪奇パン

さらに北関東続きのお話。小学校3年生の時に大阪・豊中から栃木・足利へ引っ越してきた際、それはそれはたくさんのカルチャーショックがあったワケですが、中でも鮮明に憶えているのは、①立食いそば屋のそばつゆが真っ黒けだ・・・②焼きそばに当たり前のようにじゃがいもが入っていて、しかも、それを平然と「ポテト焼きそば」などと呼んでいる(↑今ではカップ麺にまでなっている)・・・そして、③は・・・

画像


・・・食パンにマーガリンを塗りたくって、それに砂糖を塗した(だけの)モノが商品としてお店に陳列されている・・・9歳の子供にしてみれば衝撃的でしたよ、そりゃ。これは、もう、とんでもない「奥地」に来てしまったのだなぁ・・・と。ま、子供というのは対応力に優れているので、直ぐに馴染んでしまいましたけどね。

画像


・・・ので、今でも1年か2年に一度はコレを見掛けると食べたくなってしまふ。。。田端を漫ろ歩いた際に入った≪マルエツ≫で発見・購入。77円!! そして、いやあ、ホントにマーガリンと砂糖だけですな、相変わらず。見事なまでにシンプルです。

画像


・・・マーガリンの「盛り」はちょっと増量したような・・・うはは。このシャリシャリとした歯ざわり&とてつもないジャンク感がタマラン。紛れもなく北関東のソウルフードですぜ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

KBT
2018年02月19日 16:29
シンプルだけど、これがうまいんだよな~。食べたくなって来ました。でも、これでカルチャーショックを受けられたのですか・・・全国定番商品かと思ってました。
葛飾散人⇒両毛仙人
2018年02月19日 23:38
さすが純系両毛人!
やはりソウルフードだったのですね(笑)。
コレ、南関東では、なかなか手に入らないかもしれませんぜ。
ワタシは群馬・邑楽に帰省する度に近所の≪とりせん≫で存在を確認していますが、近所のスーパーではほぼ見掛けません。

今度東海・関西地方に行く機会がありましたら、スーパーの菓子パンコーナーに行くと面白いと思います。
様々なカルチャーショックがあるかも・・・です。

この記事へのトラックバック