テーマ:千葉

西船が正式名称という謎

JR以外の私鉄にも「船橋」という地名を含む駅があります。それがコチラ・・・ ・・・かつてのマイ主要路線、現在も補助路線として利用している≪京成電鉄≫の≪京成西船駅≫・・・あれ? ・・・「西船橋」じゃなく「西船」って・・・ ・・・略称がそのまま駅名に・・・ ・・・ではなくて、ちゃんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船橋コンプリート界隈

という次第で、船橋コンプリート街並散策。順不動でご紹介します。 ・・・まずは今回一番謎めいていた東船橋を・・・ ・・・駅から見る限り、これは・・・ ・・・無難かつ何もない街かと・・・ ・・・ないよ。真っ当な人々が真っ当に生きているちゃんとした街ですから。用がなければ行っちゃダメな街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一缶一酒(3/18)

美味い地魚に美味い地酒・・・最高の組み合わせです。 ・・・それがたとえ缶詰のさんま蒲焼と日常晩酌酒クラスのお値段の酒であっても。 ・・・千葉県銚子市の缶詰メーカー通称≪ちょうした≫さんの堂々たる元祖『さんま蒲焼』はお値段180円前後。昔は100円で買えたのですが、秋刀魚不漁の影響でしょうか。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無機質な駅を求めるだけの旅

金曜日の夕方4時過ぎ、自分とは最も縁もゆかりもなさそうな駅のホームに佇む。 ・・・もちろん何の用事もありません。東武野田線・新船橋駅は終点の船橋駅の一つ手前。 ・・・そんな駅のホームに降り立つと、瞬時にして落魄感に襲われ、甘美な悦楽が・・・病気です。治療不能の業病というヤツです。 ・・・いや、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船橋残影

無機質な新船橋駅を求める・・・だけの旅ではあまりにも意味がなさ過ぎるので、その前に曾遊の地・船橋へ。もう何度も(何度も)訪れている街なのですが、是非定点観測したいと思わせる味わい深い街の一つです。 ・・・ね、いきなり味わい深いでしょ。船橋随一の末枯れ飲食街。 ・・・渋い。全てが渋い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おまけ鎌ヶ谷

無機質駅舎の新船橋&何度も訪れた船橋だけでは物足りないので、もう一つ無意味な街へ。 ・・・ココも縁もゆかりも・・・いや、昔、もっと無意味に日本ハムファイターズの二軍の試合を見に来たことがあります。 ・・・街歩きはしたことがなかったはずなので・・・あ、いきなり味わい深い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年一我孫子の怪鳥

年に一度(時に二度)必ず我孫子の怪鳥に会えるのが当たり前・・・そんな至福を噛み締めよう。 ・・・JR我孫子駅ホーム上に出現する怪鳥の棲み家≪弥生軒≫です。あっちのヤヨイにはすっかり行かなくなったので、オレのヤヨイと言えば断然コッチ。 ・・・怪鳥です。 ・・・前回食べたのは昨年8月なので、半年ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初老220円切符の旅(JR成田線)

JR我孫子駅まで来たのは「我孫子の怪鳥」に会うためだけ・・・でもイイのですが、もう一つ。これも年に一回必ず・・・ ・・・乗りたくなる路線=我孫子駅からJR成田線です。 ・・・早速車窓酒。 ・・・東我孫子駅。基幹路線である常磐線から離れた瞬間、いきなりローカル線の駅に変貌。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年に一度は流山の昼⇒夜

何の縁も所縁もない千葉県流山市などという街(至って普通の街)にワタシはこれまで一体何度来たのだろうか。よく考えたら、不可思議極まりない。いや、自分の行動がね。 ・・・もう、目を閉じると簡単にこの情景が浮かんでくるほど何度も歩いた流山本町通り。オレの流山の筆頭格です。 ・・・いつもは新撰組・近藤勇関連の史跡&寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年に一度は流山電鉄

では、本日のメイン目的=年に一度は流山電鉄へ。 ・・・今回はコチラ幸谷駅から。JR新松戸駅との連絡駅。よく見たら「幸せの谷」って、おめでたい駅名ですな。 ・・・これぞ流電。一発で路線の特徴が・・・ ・・・駅の上にマンション。というか、マンションと駅が直結。最終的には是非こういうマンションで朽ち果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通勤電車の車窓からの旅②(新松戸)

雨の日曜日に家でじっとしていても何ともないのですが、快晴で、しかも、春を感じさせるような暖かい日曜日に家にいると、少し病的な気分になりますな。こういう日は、特に劇的な経験と出会うことなど期待せず、とりあえずふらりと出掛けてみる。 ・・・新松戸なんて、どうでしょうか。もう何度も訪れている街ですが、通勤電車の車窓から始まる旅的…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年に一度は流山の江戸川土手

流山に来たら、まずはコチラへ。必ず行きます。 ・・・別に普通の単なる江戸川土手です。我が葛飾・金町亭から歩いてでも行けますが、上流に近いせいもあって、川幅も狭く、かつ、川が近く、親しみ易い感じがします。 ・・・そして、缶ハイボール・・・ ・・・肴が「川」でも一時間は燻っていられます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

通勤電車からの風景に溶け込む旅

金町⇒(常磐線)⇒上野⇒(上野・東京ライン&東海道本線)⇒茅ヶ崎⇒(相模線)⇒橋本⇒(横浜線)⇒八王子⇒(中央線)⇒立川⇒(南武線)⇒府中本町⇒(武蔵野線)⇒新松戸⇒(常磐線)・・・と回り回っての本日の最終目的地はコチラ。 ・・・もう何度も、かつては自転車でも訪れたことがあり、かつ、今は通勤電車の中からぼんやり眺める街です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

怪鳥現る2020年夏

夏の終わり(猛暑継続中ですが)に身の毛もよだつ恐ろしい怪鳥現る! ・・・現れたのはJR常磐線・我孫子駅。そのホームの中ほど・・・ ・・・もうお分かりですね。 ・・・JR常磐線でコッチ方面に来たら、そりゃ、食うに決まっているでしょ。昨日の半日プチ無意味彷徨のMAXグルメイベントでした。そう言えば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松戸のその他の残影

^我が葛飾・金町の江戸川を挟んだ隣町なので、もう何度も何度も訪れている松戸ですが、こうしてゆっくり歩くのも久しぶり。 ・・・コチラも何度も歩いた商店街ですが・・・ ・・・この先再び来る日はいつか分からないし・・・ ・・・もう、いつ何が起きてもおかしくないかもしれない世界なので・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お食事」としてのラーメン

千葉県松戸市は千葉県屈指、否、首都圏屈指のラーメン激戦区だったりします。ココに来て、美味しいラーメンを食わない手はありませんな。久々にラーメン名店探索を・・・ ・・・松戸のラーメンと言えば≪とみ田≫・・・は水曜日定休日なので、同じグループ店で、今やラーメン屋なのに予約が要るという「高嶺の花」になってしまった本店よりはカジュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松戸の大河ドラマ関連旅

本日も自粛日にして自由日です。快晴で温暖。こういう日に家に閉じ篭っていると、精神的健康が著しく損なわれます。いっそ毎日大雨とかだと、いろいろ諦めもつくのですがね。ま、江戸川を挟んだ隣町・千葉県松戸くらいに出掛けてもイイでしょう。 ・・・しかも、今まで訪れようと思いつつ、なかなか機会がなかった場所に行くべきかと・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏だって定点観測してもイイ

昨日の無意味彷徨の最後は、運河駅から東武野田線でJR常磐線との連絡駅である柏に。もう長い間≪東武伊勢崎線≫&≪ふるさと特急りょうもう号≫を利用しているモノとしては、千葉県の柏市なんていうところに白に青線の東武電車が走っていること自体が不可思議千万です。 ・・・でも、紛れも無く東武電車の駅。 ・・・しかも、ここ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

流山街道忽然団地

前回(があること自体がオカシイ)の流山駅前⇒江戸川台バス移動の際、≪流山街道≫を走るバスの車窓から、ちょっと高台になった場所に忽然と団地群が出現して、震えるほど興奮した記憶があります。団地マニアにしか分からない心模様だと思います。若しくは、高熱で寒気を覚えたのかもしれません。 ・・・その衝撃の忽然団地の最寄バス停がコチラ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観測運河

関東地方の内陸部に運河なんてあるはず・・・でも、駅名そのものが「運河」なんだから、仕方がないでしょ。あるんですよ、ちゃんと。 ・・・小学生の頃、東武鉄道の路線図の中にこの名を見付け、何だ、この「運河」というのは・・・鉄道の駅なのに運河って・・・そもそも運河なんかあるのか・・・などと限りなく妄想を膨らませておりました。当時か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旅の始まりは意地でも立ち食いそば

たとえ旅の起点が千葉県松戸市の馬橋などという街であっても、たとえ行き先が流山・江戸川台・運河なんていうしがない街であっても、無意味な旅の始まりは立ち食いそばでありたい。しかし、馬橋なんかに立ち食いそば屋が・・・ ・・・ありました。しかも、駅構内・駅付近ではなく、駅前の商店街の中の路麺店ですぜ。こういう店がこういう場所にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観測商店街+終の棲家(江戸川台)

流山駅前から、1時間に1本しかない≪京成バス≫に乗り込み、次の目的地・江戸川台へ・・・という行程は2回目となります。つまり、以前も江戸川台などという「そこにあるだけ」の街に来たことがあるのです。1回目は、東武野田線の車窓から見えた駅前風景に何か切ない風情が漂っていたからなのですが、今回2回目となるのは・・・ ・・・この味わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観測の街(流山)

千葉県流山市・・・この街も一年に一回は訪れたい街です。去年は来なかったみたいですが、一昨年は来ております。それ以前も、何度か来ております。でも、もちろん何がどうアレというワケでもない・・・ ・・・ただ、そこにある・・・というだけの街です。 ・・・街のメイン通り≪流山街道≫は当然、何の変哲もない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観測鉄道

ご時勢のご多分に盛れず、業界的には当然の臨時休業となっております。とりあえず、今週1週間は全業務休止、来週も未定・・・というワケで、晴天の霹靂ヒマ。もっといろいろ深刻に考えるべきかもしれませんが、今のところ「ヒマになった」としか実感できない。かつ、ずっと家に閉じ篭っているのも精神的健康には良くないので、感染に十分注意しつつ、こんな時にし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

肉駅弁に追い肉

午後より新年最初の四谷業務へ。でも、朝イチからではない。無念。今年度は一度狂った歯車を最後まで修正することができないまま終わっていきます。せめては行きがけにJR東京駅構内の駅弁屋へ立ち寄り・・・ ・・・おおっ、久々に何だかジャンクなヤツを食らいたくなりました。千葉駅≪万葉軒≫の伝統廉価駅弁。いかにも「昔の駅弁」的なサイケな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉MAXのコンビネーション

先日の『万葉弁当』でスイッチが入り、「千葉ネタ」を連続で。正確なところは思い出せませんが、恐らくJR秋葉原駅構内のご当地グルメショップ≪のもの≫で購入したと思われます。知る人ぞ知る、否、知らない人しか知らない意外な千葉ご当地モノ。 ・・・『MAXコーヒー』です。今ではほぼ関東全県でも買えますが、元々は千葉県限定?少なくとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週は千葉復活駅弁〆

今週1週間を美味しい駅弁で締め括るべく、いつものJR東京駅の駅弁屋へ・・・おおっ、今日は最近になく在庫豊富な≪駅弁・味の陣2019≫じゃないか! 各種名駅弁が並んでいて、いろいろ目移りしますが・・・ ・・・ここは敢えてオーソドックスな、あまりにもオーソドックスなJR千葉駅の定番幕の内駅弁『万葉弁当』を購入。台風や大雨の被害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉ナイト総仕上げ

土曜日の夜はJR東京駅の駅弁屋へダッシュ・・・思い通りの在庫がなく、一縷の望みを抱きつつJR上野駅の方へも回ってみましたが・・・同上。潔く今週は駅弁を諦めよう。そういう夜もあります。でも、問題ありません。こんな時に備えて、葛飾・金町亭には夜の食卓をわずかに彩る酒・肴が備蓄されております。今宵は、以前≪千葉モノレール≫を乗り倒すために千葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬邑楽亭飲酒延長戦

土曜日の四谷業務が午後8時過ぎに終了、さ、今週も駅弁〆のため、JR東京駅の駅弁屋へ・・・ほぼ完売状態。残された駅弁はあまり魅力を感じない鶏肉系&牛肉系オンリーで・・・諦める。諦めることも大事だ。家に備蓄してある素材で十分土曜日の夜を堪能できますし。 ・・・で、今回は「千葉・八街&群馬・邑楽ナイト」など。すなわち、前回の「千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉市の菜の花畑で豚

2019年夏・千葉市無意味紀行のメイン目的の2番目はコチラ。毎度ご愛用のJR千葉駅の老舗駅弁調製元≪万葉軒≫さんの渾身の新作・・・ ・・・いや、単なる既存駅弁2つのコラボでした。菜の花と豚・・・菜の花を捧げながらプロポーズをしているコック姿の豚よ、キミはこの後食われるんだけど・・・850円。 ・・・単純と言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more