テーマ:千葉

2019年夏・千葉市無意味紀行の顛末

千葉市のド真ん中で『長州ラーメン』を堪能後、仕切り直しで≪千葉ポートタワー≫へ向かう・・・はずが、結局、気力・体力の限界により、再びモノレールで千葉駅⇔県庁前駅⇒千葉みなと駅⇒千城台駅⇒千葉駅と、各路線をもう一往復ずつ。≪千葉ポートタワー≫から見られなかった夜景をモノレールの車窓から・・・610円で楽しみ過ぎでしょ、アンタ。で、せめても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉市の菜の花畑で豚

2019年夏・千葉市無意味紀行のメイン目的の2番目はコチラ。毎度ご愛用のJR千葉駅の老舗駅弁調製元≪万葉軒≫さんの渾身の新作・・・ ・・・いや、単なる既存駅弁2つのコラボでした。菜の花と豚・・・菜の花を捧げながらプロポーズをしているコック姿の豚よ、キミはこの後食われるんだけど・・・850円。 ・・・単純と言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉市で夜景よりも終の棲み家探し

いよいよ2019年夏・千葉市無意味紀行の最終目的地=京葉工業地域&千葉港の夜景を高い所から・・・ということは≪千葉ポートタワー≫へ・・・ということはモノレールの駅で言うと≪千葉みなと≫へ・・・ ・・・のようで、何ですか、この駅は? みつわ台? 「台」って、全然「海」感が・・・ ・・・昼から夕方にかけて千葉都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県未知市掃討漏れの旅(5月6日)

今年のGWの唯一の「お出掛け」として、5月6日に千葉県大網市というところに行ってきました。一体全体何でまた、そんな街に? 詳細は下記をご参照下さい。どうせ、無意味な彷徨以外の何モノでもありませんが。。。 ① 千葉県未知市掃討漏れの旅 ② ちゃんと100マイナス1の里の浜 ③ 房総一期一会ラーメン ④ 千葉県未知市掃討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県未知市掃討漏れの旅

「関東未知市掃討の旅」のマイルールとしては、いわゆる「平成の大合併」によって生まれたナンチャッテ市は除く・・・ということなのですが、では、その平成の大合併後に、それとは無関係に「町」から「市」へ昇格した市は一体・・・いかん。ルールの陥穽でした。結論:行きますよ、そりゃ。というワケで、貴重なGW4連休の最後の日に、やり残していて気になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちゃんと100マイナス1の里の浜

せっかくのGWなのに、千葉県未知市掃討漏れを塞ぎに行くだけ・・・の旅ではあまりに虚しいので(そもそも未知市掃討自体が虚しい・・・という論理は受け容れない)、旅の目的を無理やりもう1つ追加。 ・・・コチラです。この雄大な砂浜。見るからに、いきなり雄大です。雄大としか言い様がない。 ・・・ご存知、九十九(里)=百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

房総一期一会ラーメン

バスの便が一時間半に1本しかないので、九十九里浜=白里海岸にはわずか20分の滞在のみ。これじゃ、そもそも人生について考える時間もないやね。再び≪小湊バス≫でJR大網駅に戻る。冷たい海風にしこたま当たったせいか、何だか温かいモノを食べたい・・・ ・・・しかも、大網なんていう街には、もう二度と来ないと思われます。最近はラーメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県未知市掃討念入れの旅

さて、千葉県未知市掃討漏れの再掃討の旅も無事に終わったので、帰りに千葉駅で途中下車して、久しぶりに千葉中心部を散策⇒前回異常に美味しかった『長州ラーメン』を大盛りで・・・あれ? 何か違う場所に・・・ ・・・やって来たのは千葉県茂原市。いや、ここは既に掃討済みですが・・・ ・・・前回訪れた時は、電車の待ち合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉旅酒三昧

今回の無意味旅の最後は、JR茂原駅から外房線⇒総武線・横須賀線直通の快速電車のグリーン車に乗り込み、この宴(うたげ)。 ・・・これ以上歩く気、例えば、千葉で途中下車して久しぶりに千葉の街並探索⇒前回かなり美味しかった『長州ラーメン』で〆・・・みたいな追加オプションは考える間もなく却下。明日から業務再開だしね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市川のゲソ

千葉・市川にまでやって来て、しかも、身も心も凍る雪の夜に(酔狂で)やって来て、コチラを素通りすることなどできましょうか。しかも、晩メシは未だビールとランチパックを摂取しただけですし・・・ ・・・立ち食いそば愛好家の間では有名、でも、そうでない人で市川の住民以外には全く知られざる市川至宝立ち食いそば屋≪鈴家≫さんは、こんな時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜と雪とビールとサンドイッチ

雪の夜景を楽しみつつ、ビールとサンドイッチ。オシャレな大人のシティ・ライフ(自分で言ってて恥ずかしい)ですな。 ・・・でも、何だかパッとしない、しかも、雪のせいで幾分くすんだ夜景・・・ ・・・場所も赤坂とか六本木とか新宿でも渋谷でもない、そもそも東京でもない、千葉県市川市の・・・ ・・・無料で入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常磐線直流区間全踏破の旅

その≪湖北台団地≫から路線バスでJR常磐線の天王台駅へ。バスでの最寄駅はコチラになるようです。そう言えば、いつも通過するばかりで、この駅で下車したことはなかったような・・・ ・・・急遽、夕暮れ時に「オレはこんな所で何を・・・」的な落魄チャンス。そして、この後、もうひとつ或る駅で下車すれば、上野~取手のJR常磐線直流区間の全…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我孫子の怪鳥の成長

我孫子駅に来て、アレを食べないで素通りするなどということは、あってはならないと思います。 ・・・アレです。今や、駅そばマニアや鉄道マニアのみならず、「インスタ映え」系のなんだかんだで、すっかり一般の方々の間でも有名になっているようです。 ・・・おおっ、何だか店舗も小綺麗にリニューアル。JRの関東近郊の我孫子な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湖北という街

今年度の忙殺業務は既に終わったのですが、相変わらずオールフリーな休日は日曜日のみです。が、これまでの「翌週の業務に備えて十分に体力・気力を回復・温存する」日曜日から、「ちょこっと出掛けるくらいは・・・」な日曜日に変わったワケです。で、湖北。 ・・・と言っても、滋賀県の琵琶湖の北部でもないし、浜名湖の北部ということでもありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の関東近郊駅弁

今週も1週間の無事を祝うべく駅弁擬似紀行など。本日はJR東京駅の駅弁屋にて、ワリと関東近場のJR木更津駅の名品を・・・ ・・・その名も『漁(あさ)り弁当』1150円。あ、コレは千葉駅でも買えますな。そして、1150円となかなかに結構なお値段ですが・・・ ・・・この陣容を見れば納得です。晩酌最適なオカズ軍団に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸川パン

昨日の流山電鉄紀行の際、途中下車した≪鰭ヶ崎≫という駅の駅前にとんでもなく風格のあるパン屋が佇んでいました。 ・・・ね、とんでもないでしょ? 自分の「町のパン屋」原体験=ハムカツパンみたいなヤツを始めて買い食いした≪福居パン≫(栃木県足利市・東武伊勢崎線福居駅前)を思い出しました。そこだけ時間が止まっているような、いや、も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鉄路交錯袋小路その他スナップ

昨日の流山電鉄紀行のメイン散策地は終着駅のある流山だったのですが、もう一つ狙っていたスポットがコチラ・・・ ・・・新松戸駅から徒歩10分弱。ん? なんだコレ? 鉄道の高架線と普通の線路が交錯している・・・景色は確かに珍しいとは言え、別に何か変わった点があるワケでも・・・コレに何か意味があるの? ありません。ただ、地図上で線…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

流山半端紀行

何度来ても飽きない個人的には大好きな街・流山で本日の最終プチ観光を。ホントにもう何度も訪れているのですが、未だ見ていない風景がありまして・・・ ・・・コチラです。詳しくは後ほど。その前に、軽く各所をスナップ。 ・・・まずは「流山」の地名の由来とも言われる≪赤城神社≫へ。我が上毛・群馬の至宝名山・赤城山といかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流山電鉄三昧

月曜日から土曜日までフルボリュームで業務が入っていた繁忙期は「日曜日=翌週の業務に備えて家で休養する日」でしたが、業務量が当社比3分の1という閑散期に入った今、日曜日は健康的に出掛けるでしょ、やっぱり。と言っても、やっぱり明日から土曜日まで業務はあるので、ごくごくお手軽に半日紀行程度ね。 ・・・特に何も考えず、大好きな≪流…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

館山でロシア

≪中村屋≫と言えば、当然「新宿」が付く・・・と思うのは実に一元的な見方。千葉・館山の人にとっては、当たり前のように≪館山中村屋≫・・・と以前観た『アド街』の館山特集で知りました。両店のルーツは同一ですって。恐るべき歴史。 ・・・コチラのお店に寄るのも今回の館山行の主たる目的でした。が、さすが人気店。土曜日の夕方遅い時間にも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

市川にて〆立ち

千葉県未知市掃討を見事完遂し、旅の最後の祝賀メシなのに・・・立ち食いそば屋ですか?しかも、ココは千葉県市川市・・・我が葛飾区とは江戸川を挟んだほぼ隣街・・・自転車で何度も行った街ですがな。 ・・・いやいや、コチラの≪鈴家≫さん、立ち食いそば本でもよく取り上げられる名店。そもそも、東京都外の近郊の街に立ち食いそば屋があること…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旅の終わりも駅弁

せっかく房総の最奥部とも言える館山まで来て、魚を食わずに帰って良いものか? とも思い、帰りの電車に乗り込む直前にコチラへ。 ・・・あ、クジラって、正確には哺乳類だっけ・・・まあ、イイじゃん。クジラを主役にした弁当は当地に来なければ絶対に購入できないでしょ。 ・・・館山市内の何気ない普通の地元御用達居酒屋のメニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

房総の海と夕日と富士と・・・

房総・館山を堪能し尽くした時点で午後4時過ぎ。随分と日も長くなっておりまして、まだまだ空は明るい。かつ、次の千葉行きの列車の時刻は午後5時20分・・・あと1時間半近くもあるのか! そして、もうじき日の入りの時刻・・・ ・・・というワケで、一旦駅前に戻り、少々の買い物の後、再び海岸へ・・・ビンゴ!! ちょうど大絶景の瞬間でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県未知市掃討最終旅2・館山市

いよいよ千葉市未知市掃討の最終市へ。ラストに相応しい市です。何しろ、千葉県最南端の市ですから。 ・・・こんなメジャーな街、一度くらい来たこと・・・ありそうでない。地図で見たら、ホントに千葉の南の端だもの。勿論、房総一周鉄道の旅で外房線への乗り換えのために当地で下車することはありましたが、街をゆっくり探索したことはないワケで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の始まりは駅弁

千葉・房総の旅の始まりは千葉駅≪万葉軒≫の駅弁にキマリでしょ。今回の旅の友は・・・ ・・・コチラの豚肉系駅弁。千葉県の「海のある方」ではなく「内陸の方」の街・佐倉をクローズ・アップした渋い、渋過ぎるチョイス。あくまでも「千葉の地のもの」を大切にする≪万葉軒≫らしい一品です。900円。 ・・・これが「元気豚」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県未知市掃討最終旅1・袖ヶ浦市

無意味紀行の権化・千葉未知市掃討の旅も、ついにラスト・ステージとなりました。あと2つ残っていて、その1つ目がコチラ。 ・・・そりゃ、ラスト・ステージに残りますよね、この街は。内房です。「用事でもなければ絶対に来ない街」の全要件を満たします。隣町の木更津には何度か来たことがあるのですが、当然スルーし続けてきたワケ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の終わりの長州ラーメン

千葉・匝瑳地域未知市掃討の無意味紀行の〆は、千葉市に戻ってきて、久々のちゃんとしたラーメン探索など。事前のネット検索では、千葉市の通の間で評判の高い老舗の名店とのことですが・・・ ・・・「長州」って・・・山口の長州? 千葉なのに? ・・・でも、確かに言葉遣いは山口県だ。。。 ・・・見たところ、豚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

千葉・匝瑳地域ご当地指標&雑感

「無意味紀行」で最初に旅情を搔き立ててくれる物件と言えば、コチラ、ご当地金融機関です。千葉・匝瑳地域では、こんな感じです。 ・・・他にも「ご当地」を感じさせてくれるモノはたくさんあります。一見どうでもよいと思える街なかの看板や表示なんかに、いちいち感応していれば、別に有名な観光地に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県未知市掃討ラス前3・東金市

今回の掃討の旅の最後はコチラ。千葉県東金市。人生最初にして多分最後の・・・でしょうな。ココだけに限らないけど。 ・・・ワタシが住んでいるのが葛飾区東金町(ひがしかなまち)なので、前々からヤケに親近感を・・・なんて。でも、全然未知の街です。 ・・・いきなりイイ感じの駅前風景。どこかの温泉地に来たような雰囲気です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

千葉県未知市掃討ラス前2・八日市場市

続いての掃討市はコチラの千葉県八日市場市。平成の大合併で「匝瑳市」なんていう味気ない名前に変わってしまいましたが。 ・・・やっぱ、コッチの名前の方が歴史由緒ありそう・・・スイマセン、部外者の勝手な意見ですかね。旭市よりもさらに一層「用が無ければ絶対に来ない」感がアップ。 ・・・味わいのない駅前風景が逆に味わい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more