テーマ:両毛エレジー

一部サラバの原風景駅

前回帰省時、東武小泉線の終着駅・西小泉駅の駅舎大部分を撤去・・・とのニュースを目にしたので、在りし日の姿を目に焼き付けておくとしましょう。 ・・・この左側の△屋根の部分がなくなってしまうなんて・・・ ・・・いかにも「ローカル盲腸線の終着駅」という佇まいが素晴らしい。素晴らし過ぎる。 ・・・駅構内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉の城址の桜

このように『群馬太田焼きそば』採取のために一度出掛けてしまえば、急にフットワークが軽くなり、両毛紀行を楽しもうという気が漲ってきます。せっかく桜が満開の時期ですので・・・ ・・・桜名所にちょろりと。こんな所に城なんてあったの? ・・・我が邑楽町のお隣・群馬県大泉町にある城址公園です。密かに桜名所。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老父の散歩道の桜

晩飯のオカズを買いに外に出て、邑楽亭近くの川沿いの遊歩道に差し掛かったところ・・・ ・・・目的地とは反対方向の一角に満開の桜を発見。そりゃ、逆行するでしょ、普通。 ・・・思い返せば、この道は老父が健康な時代も闘病中もよく散歩していたルートでした。 ・・・年年歳歳・・・的な感慨ですな。。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お別れ間近の北関東至宝コンビニ

今年の夏以降、この北関東でしか見掛けない貴重なコンビニエンス・ストアはこの世から消失していきます。 ・・・無念。2018年末までには閉鎖もしくは≪ローソン≫に転換・・・無念。両毛在住時代は別に何とも思わなかったのですが、たまに帰省するだけの似非両毛人になると、実に味わい深い得難きコンビニなんですよなぁ。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬・太田歴史紀行(室町~戦国時代末)

一昨日の≪新田荘歴史資料館≫で群馬・太田の古墳~南北朝動乱時代までを俄か学習したので、本日は室町時代~戦国末までを学習。 ・・・となると、コチラ。群馬・太田にも城があったのです!全然「城下町」のイメージがないけど。しかも、関東平野なのに、山城。謎。 ・・・城址登攀の前に、麓にある≪史跡金山城址ガイダンス施設≫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬・太田歴史紀行(古墳~南北朝動乱時代)

あまり知られていないことですが、我が群馬・太田(の旧新田町)は鎌倉幕府を滅ぼした人物の出身地・所縁の地です。 ・・・滅ぼしたのはこの人です。新田義貞公。『太平記』の一方の主役ですな。なお、この人を滅ぼした人はお隣・栃木県足利市所縁のあの人(足利尊氏公)です。 ・・・そんな歴史豊かな群馬・太田(東日本最大の前方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親父の古墳

群馬・太田は東日本屈指の「古墳大国」で、車の往来が激しい国道沿いや住宅街のド真ん中に、こういう感じの小高い丘というか、土の塊が忽然と姿を現します。しかも、結構デカい。市内東部にある≪天神山古墳≫などは、なんと東日本最大! ・・・で、市内中南部にあるコチラの土の塊、もとい、古墳は・・・ ・・・という名です。で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下野一社から縁切り空間

その恐るべきイモの店≪大安≫を地図上で確認すると、どうやら周辺は足利の山辺(やまべ)という地区に該当する模様。ということは、「下野国一社」の八幡様が・・・ ・・・あ、鎮座まします。さすがの風格。 ・・・由緒正しい。正し過ぎる歴史の重み。義家公! ・・・自分の周りの方々の健康を謝し、世界平和を祈願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more