テーマ:両毛グルメ

北関東との細い糸ですらない

相変わらず意欲的・冒険的な怪しい新味を世に問い続けている北関東至宝即席麺メーカー≪ペヤング≫ですが、お陰様で業務繁忙につき、なかなか「カップ焼きそば」を楽しむ機会がなく、冒険心が過ぎるこういうヤツなら・・・ ・・・業務合間のオヤツとして、トライできるというものです。しかし、意欲が強過ぎて、消費者はついていけるのか・・・12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州⇒下野ラインの仕事机

上州昼メシで午後の業務を乗り切り、夕方の休憩時に下野オヤツで夜の業務に備える。完璧な北関東ラインです。 ・・・コレが下野オヤツだ! 栃木県中央部=我が両毛・足利とは文化圏が違うので、ワタシ的には全然ソウルフルではないけど、この脱力的な佇まいにザ・栃木を感じざるを得ません。 ・・・古くて逆に新しい昭和デザイン。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しきグンマーの結末

先週から続く駅コンビニの「悲しきグンマー」フェアも、いよいよ最終章へ。ついに、満を持して、キング・オブ・上州グルメの登場です。 ・・・コレのどこが「上州」なのかと言いますと・・・ ・・・「鳥めし」こそ、否、「とりめし」と書こうが、「鶏めし」と書こうが、コレが知られざる上州の誉れなのです。いやいや、「とりめし」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しきグンマーは続く

南浦和業務からの帰りは、必ず南浦和駅構内の駅コンビニに立ち寄り、どこで飲むかは極秘の缶入りウィスキー水割りとか1合PETカップの焼酎などを買っております。今宵は若干空腹でもあるので、何かしらの肴的なモノを・・・と物色していたところ・・・ ・・・こんなモノを発見。あ、まだあったのですね、悲しき群馬コラボ品。充実度十分な肴です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しきグンマー2020

我が(表面的に)愛する上州・群馬県は、今年の4月1日から6月30日まで『群馬デスティネーションキャンペーン』を実施、大々的に観光促進を・・・ ・・・の予定だったのですがねぇ。。。残念です。ツキがないというか、星が弱いというか・・・でも、オレはそういう群馬の「持ってない」感が大好きだ。住んでいる人たちが暮らしやすいだけでイイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉・加須周辺&群馬・両毛&宮城・白石連合

群馬・邑楽への帰省時にちょいちょい立ち寄る東武伊勢崎線・久喜駅前のスーパーはなかなかの品揃えで、東京のスーパーでは見掛けないレアな商品や食材を発見するのが楽しくて楽しくて・・・ ・・・ある時、こんな一品を発見。正田醬油『冷や汁うどんつゆ』170円(税込み)・・・コレはアレだな。うどんが美味しい隣町・埼玉県加須市のうどん作法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しみじみ伊藤くんとの日々

葛飾・金町亭の近くに庶民の救世主≪AEONスーパー≫があるお陰で、伊藤くん=北関東至宝土着製パンメーカー≪伊藤パン≫との付き合いもダラダラと続いています。当たり前のようなことですが、とても貴重なモノなのです。例えば、急に名古屋で暮らすことになったら、この付き合いは終わってしまいます。当たり前のことにも、いつかは終わりがやって来る。それも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州ホルモン・マイナー進化

『深谷ネギがんも』や『上州もつ煮込み』などに目移りしておりますが、やはり群馬・邑楽亭帰省土産のキング・オブ・定番はコレですな。 ・・・群馬県のスーパーでしか買えない、まさに「群馬ご当地日常食的グルメ」の代表格です。邑楽亭のスーパーで250円前後で買えてしまふ。。。 ・・・この謳い文句は昨年までありませんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水郷めし〆

群馬・館林市&板倉町といった水郷地帯から≪渡良瀬遊水地≫を抜けて茨城・古河へ・・・の旅の締め括りは、やはり「水郷めし」ですな。で、コチラ。 ・・・うなぎ・ナマズ・鯉・鮒・川エビ・・・つまり、川魚をフルコースで味わえる群馬・板倉の名店です。 ・・・ね、もう見るからにフルコースでしょ。『いたくら三の膳』というヤツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤パンの休日

一年に一回、とりわけこの時期(業務閑散期)になると、コレをやりたくなります。勝手に北関東至宝地パン≪伊藤パン≫で炭水化物三昧! ・・・パン・焼きそば・コロッケ・・・むしろジャンク三昧だ。もちろん、ビール風飲料を合わせる休日の昼メシだ。 ・・・いずれも108円。ザ・北関東な無骨かつ無愛想なパッケージ。まさに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わざわざの自販機メシ

長距離ドライブの途中、たまらなく空腹になり、でも、近くにメシを食えるような店もなく・・・そんな時にこの看板が目に入ったら、救われたような気持ちになったのでしょうな、昭和。 ・・・それが本来のマーケティング方針だったはずです。昭和のロードサイドの原風景の一つとも言える自販機コーナー。 ・・・今では、貴重な「昭和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州もつ煮・気合の一品

前回群馬・邑楽帰省時に購入⇒東京へ密輸。知られざる「もつ煮王国」」群馬なので、コンビニの≪ローソン≫でもこんな一品が売っております。ま、もともと北関東至宝コンビ二≪セーブオン≫だった店舗ですけど。 ・・・堂々たる、かつ完全なる「上州もつ煮」は税込みで432円。なかなか結構なお値段ですな。 ・・・でも、「生芋こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の上毛酒2020初め

今回は3泊4日の群馬・邑楽滞在だったので、久々に上毛酒を大堪能。まずは、当然のアイテムはコチラ。 ・・・『桂川』特選本醸造は4合瓶で1151円(税込み)。ちょっと贅沢に晩酌を楽しみたい夜に最高の伴、否、むしろ友。 ・・「酒は甘口」を堂々と宣言する空っ風魂だ! ・・・見るからに濃厚な液体に「甘口」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・ペヤング幻術

その≪ペヤング≫と『ばかうけ』&魚肉ソーセージのコラボ・ナイトの〆麺は、やっぱり≪ペヤング≫で・・・ ・・・ん? 何か変。いつものパッケージですが、どこか違和感が・・・≪ペヤング≫のソース暖簾の文字が「やきそば」ではなく「ラーメン」・・・ ・・・つか、よくよく見たら、「四角い顔」ではなく「丸い顔」ですがな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペヤング幻術

我が北関東の至宝なる≪ペヤング≫のソース焼きそば。これまで「ふりかけ」や「冷凍そばめし」とのコラボを実食してきましたが、よくよく考えたら、ソース味だけに、各種いろいろもっとコラボれましょうな。 ・・・コチラは同じく北関東至宝スーパー≪とりせん≫で最近発見したヤツらです。いずれも100円~150円の価格帯。そんなところも北関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老母姉弟関東チェーン麺健啖

群馬・桐生半日観光の昼メシは、せっかく老姉に千葉・八街からわざわざ来てもらったのだから、気合を入れて桐生グルメ=『桐生うどん(ひもかわうどん)』+『ソースかつ丼』を・・・あれれ? 昼時ど真ん中のせいか、目当ての店には猛烈な行列が・・・ココで行列に並ぶようなこだわり家族ではありません。ふと隣を見ると、いかにも空いていそうな・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペヤング猛ラッシュ

『MAXシリーズ』や『超シリーズ』など続々と新製品を投入、≪ペヤング≫さんの勢いが止まりません。「両毛との細い糸」も何本も束ねれば「太い糸」に・・・全部を楽しむほどの愛もないので、あくまでも地味なコチラを・・・ ・・・『和風やきそば』シリーズというか、「トホホ路線」というか、要するに何かと何かを組み合わせた「そのまんま」や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶏めし駅弁原点回帰

夏期業務などを経て、若干安定・・・と思っていた四谷業務ですが、ここに来て、イマイチ低空飛行。やはり、今年の当地とのご縁は「大吉」とはいかないようです。そもそも「いつでも強運」という器でもありませんやね。皆さん、どうなんでしょう。心の中では、既に「カウント・ダウン」が始まっています。でも、このお仕事を頂いた当初はどうだったのか?に常に思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街のパン屋の惣菜パン初体験風

行きつけの≪AEONスーパー≫の既製パン売場の陳列棚には、なぜか必ず北関東のご当地製パンメーカー≪伊藤パン≫の新製品が1品か2品ほど置いてあります。関西・大阪から関東・栃木に引っ越して来た小学生の頃、街中のパン屋・駄菓子屋の店先で見たこともない≪伊藤パン≫という看板を目にして、「こんなパンがあったのか。なんで『ヤマザキ』とか『フジ』とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の密輸上毛酒

今回群馬・邑楽に帰省から帰京時に、密かにかばんの底に忍ばせてきたヤツは・・・ ・・・コイツです。群馬県前橋市・旧粕川町の名地酒蔵≪柳澤酒造≫さんの銘酒≪桂川≫は、すなわち、両毛銘酒≪群馬泉≫と並ぶマイ上毛酒の双璧です。 ・・・こだわりの「もち米仕込み」ということは・・・ ・・・頑なに伝統と信条を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

両毛との細き糸は微かに

相変わらず新機軸を好き放題に発表し続ける≪ペヤング≫さんの精力に、全然ついていけていません。でも、たまには意地を・・・ ・・・もう、このパッケージの色使いからして、新機軸過ぎるでしょ。しかも、「ソース焼きそば」なのに「たらこ」をイチオシって・・・ ・・・あ、でも、ソースはソースでちゃんと・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛地酒原体験

今では≪群馬泉≫や≪桂川≫のような、その土地に住んでいない人でも日本酒の愛好家なら知っているという両毛銘酒&上毛銘酒を堪能しておりますが、最初に「両毛地酒」というものを意識して、かつ、美味しい!と感じたヤツはこれです。 ・・・群馬県邑楽郡千代田町という純然たる両毛地域かつ我が邑楽郡邑楽町とは同じ郡にしてお隣さんの地酒です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の上州・下野パン

コチラも地味に「今回の両毛グルメ」採取です。北関東のスーパーのパン売場は実に面白い。もはや「娯楽の殿堂」です。 ・・・上州・群馬の一大名物&栃木県央部のソウルドリンクとのコラボ。意外と定期的に出ていると思います。 ・・・その名も『焼きまんじゅうぱん』94円(税別)。全くそのままですがな。いや、そもそも、「焼き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無名の名やきそば屋

せっかく2泊3日で麺天国両毛・邑楽に帰省したのだから、GW=どこへ行っても混んでいるとは思われるものの、両毛麺採取を全くしないのは勿体無い・・・ ・・・というワケで、せめては群馬・邑楽の≪国道122号線≫沿いにある無名の焼きそば屋へ・・・って、洗車+ゲーム+焼きそば? どういうビジネス業態なのか・・・ ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北関東釜焼きピザ哀愁

帰省2日目。真冬並の寒さ&みぞれ混じりの雨ですが、せっかくなので、買い物ドライブにでも・・・ついでに、前々から気になっていた北関東のピザでも・・・ ・・・いや、まあ、この見慣れた「B」のマークでお分かりですよね。北関東スーパーの王者≪ベイシア≫のフードコート併設のピザ屋です。 ・・・でも、ちゃんと石釜焼きの本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の両毛酒

ま、無難に銘酒『赤城山』で邑楽亭晩飯を堪能するとしましょう。自分では忘れていたけど、前回帰省時に買っておいたヤツが冷蔵庫で冷えている・・・ ・・・実に全く最高に嬉しいシチュエーションです。 ・・・季節のモノ「菜の花の胡麻和え」とちゃんとした刺身に合わせる。 ・・・珍しい『キュウリのキューちゃん』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の両毛酒

今回の年末年始を彩ってくれた両毛地酒はコチラ。久々の王道です。 ・・・「酒は甘口」を標榜する群馬・前橋(元粕川町地域)の蔵元≪柳澤酒造≫の名品『桂川』の雄姿。美味しいお酒を楽しむには、肴は「大根なます」くらいで十分、むしろ好都合です。 ・・・今回はお燗でも楽しんでみました。コレはコレで燗上がり。上州・両毛の酒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元日の夜の光景の定番

夜陰に紛れるこの方々の背中を撮るのも、元日の夜のお馴染みの光景、むしろ「年中行事」ですな。我が青春の地・栃木県足利市のT木県立A利高校インチキ英語部同窓正月飲酒を今年も恙無く開催できたワケです。 ・・・今年はGK員KBTが子供関係で参加できず、残念至極。でも、ロンドンから一時帰国のGK官IID・BR士OKM・SBK者OTK…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

駅弁〆は上州鶏で

今年最後の四谷業務も無事に・・・かつ、真に楽しい残業で終わり、午後9時に現場離脱。さ、今年最後の「今週の駅弁」へ・・・残業が楽しかったのは良いとして、年末事情&出遅れにより、いつもの東京駅構内の駅弁屋の在庫は残念な状況に。さすがに無理に買って帰っても・・・いや、諦め切れない。やはり、締め括りはちゃんと・・・で、まさかとは思ったものの、上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬・邑楽で武蔵野うどん

風邪が完全に抜け切らないのか、心身共に力が漲りません(それは普段通りか)。せっかく群馬・邑楽に帰省したのに、2日間ずっとコタツに潜り込んでゴロゴロ&缶ビールOR缶チューハイ&駄本・駄テレビ・駄ラジオ・・・別の意味で病気になります。ので、最終日くらいは、両毛グルメ採取に。 ・・・前々々々から気になっていた群馬・邑楽亭からそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more