テーマ:松屋

冷やしマイスター

なかなか梅雨が明けません(ということは、今年の夏は水不足の懸念はないか・・・)が、気温は突然無関係に上がる日もありますな。南浦和駅前の≪山田うどん≫でもソウルフルなアレではなく、どうしても冷たいヤツを・・・ ・・・おっ、ビンゴ! 前回食らった時はぬるぬるのヌクヌクの中途半端なヤツでしたが、今日はキンキンのツルツルのシコシコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼き&揚げマイスター共演

先週業務帰りに食らった我が葛飾・金町の≪松屋≫の『牛焼肉定食』の焼き加減が「マイスター級」で衝撃的に美味しかったので・・・ ・・・再びマイスターの腕を期待して『豚ロース焼肉定食』600円を所望。あれ? 以前は550円だったはずですが・・・ ・・・あ、肉のランクが「ロース」にレベルアップしたのね。思いがけず、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単なる金松牛

鶏の翌日は牛さ。何だか急に牛肉を食いたくなりましてな。午後9時半過ぎ、葛飾・金町へ帰投後、駅前の≪松屋≫さんへ。牛肉が食べたくて≪松屋≫さんへ入るということは・・・ ・・・あ、コッチね。『牛焼肉定食』600円。よくよく考えたら、コレもガッツCPね。 ・・・おっ、コチラも焼き焼きマスターの制作か? 随分とイイ感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午後7時過ぎからの唾液

朝イチから始まった業務が無事に終盤近くに差し掛かった午後7時過ぎあたり・・・この段階で、頭の中に浮かぶのは・・・ ・・・いや、まあ、そりゃ、第一に業務終了後の慰労一献のコイツです。いつもの南浦和駅前≪松屋≫の『生ビール小ジョッキ』190円。でも、午後7時過ぎの唾液は・・・ ・・・完全にコイツでした。『うまトマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松鶏変幻自在

南浦和業務合間の昼下がり。久々に≪松屋≫で『プレミアム牛めし』でも・・・店内で食べるかテイクアウトにするかだけ悩みつつ店に入ると・・・ ・・・さらに、悩みの種が発生。「店舗限定」の魔力に抗う術もなく・・・ ・・・こういうことですよ。『ごろごろチキン丼にんにくバター』は500円でこの壮観。 ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜のグラビア

今年度はなるべく自宅でゆっくり晩酌メシを堪能したいと思い、できるだけ夜最終出勤シフトを回避したのですが、それでも、前日夜最終出勤からの翌日朝一出勤という重いシフトの日が2日ほどありまして、そりゃ、外食するしかないやね。葛飾亭帰投後、直ちに就寝態勢に入りたいのでね。あ、「寝酒で最低30分は寛ぐ」は遵守です。で、そんな外食日の一日目が・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松屋の夏の赤いバーグ

ご時世的なアレでアルコール類の提供時間が物凄く早く終了し、かつ、テイクアウト弁当の良さを知ったせいもあって、「お店で晩メシ」の機会が減っておりますが、どうやら午後10時まで延長されたようでして、しかも、やはり新メニューはお店で「出来たて」を食べたい。 ・・・それが、≪松屋≫の夏の定番メニューであれば、そして、ハンバーグであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁断の松屋はしご

ご時世的に「テイクアウト弁当」のお世話になる頻度が格段に増え、それに伴い、「松屋依存度」が異常に高くなっております。 ・・・土曜日の南浦和の昼めしはコチラ。やはり、コイツを300円で食える幸福度は計り知れないモノがあります。 ・・・ううむ・・・何度見ても美しい。さすが「プレミアム」の名に恥じない高貴な佇まい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり店で食べたい鶏

テイクアウトで既に賞味済みの≪松屋≫の新作鶏ですが、やはり、ちゃんとお店で食べたい。なぜなら・・・ ・・・こんなに賑々しく、かつ、陽気に見えますが、テイクアウトの実態は・・・ ・・・こんなに地味だからです。或いは「プロの写真家の腕のスゴ味」というヤツでしょうか。幾らなんでも・・・と思い、南浦和業務終了後、夜で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お持ち帰りを楽しむ夜

いよいよ今週のメインイベントの内の1つ(否、唯一かもしれん)、≪松屋≫の新作鶏を堪能する夜です。 ・・・あ、そうか。我が葛飾・金町駅前店は夜はテイクアウト専門店になってしまふのね。でも、イイや。それでも大盛無料だし、なんと50円引きで600円に! ・・・この賑わいで・・・賑わい? やはり店舗で食うヤツと比べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼もテイクアウトな松

東京・埼玉は未だ緊急事態宣言真っ只中かと思いますが、完全STAY HOMEなGWが終わったせいか、お仕事風景的には、いつもとほとんど変わらない南浦和の昼下がりです。昼メシは≪松屋≫の例の『創業ビーフカレー』をどうしても・・・と思ったのですが、駅前のお店は既に満員御礼。あ、「密」を避けるために、カウンター席は1つ置きにしか座れない仕様にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テイクアウト光明

業務終了後の夜メシが飲食店でのアルコール類提供時間内に間に合わず、かつ、対面式のテーブルのある飲食店での臨席感染リスク(今のところ、自分の生活パターンでは、これがほぼ唯一のリスクかと)も考慮して、夜遅くの家めし・家晩酌となっております。 ・・・強い、実に心強い庶民の味方。300円!!! いや、値段よりも、ココんちのイイ肉的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼野菜の賜物の荒んだ晩酌

昼メシ時に≪丸八≫の『タンメン』で「野菜貯金」が完了しているので(生物学的には無根拠)、夜メシは晩酌メインの荒んだ感じに・・・ ・・・例えば、こんな風に。南浦和の≪松屋≫にて『ソーセージ目玉焼き』130円を肴に『ハイボール小ジョッキ』150円をチビチビと・・・荒んでるね。 ・・・いやいや、立派な晩メシでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家で食うメシも松

毎朝我が葛飾・JR金町駅へ向かう&毎晩業務から帰って金町亭へ戻る道すがら、この写真を何気なく目に入てつつ通過しておりましたが・・・ ・・・よくよく見たら、ものスゴイことになっておりますがな。ワンコイン! 何よりも嬉しいこの響き。ああ、ワンコイン!しかも、明日までの期間限定ということで、そりゃ、買って帰るでしょ、普通。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通の昼の情景の一応回復(3/18)

本日(3月18日の記録です)より、業務完全復旧。もちろん、十分な感染予防対策を施した上で・・・ということです。で、今年から完全に主戦場となった南浦和での今年度初の業務は、いきなりの朝イチ⇒夜最終までのイッツウ業務。ありがたい限りです。 ・・・で、昼メシ始めは勿論お馴染のコチラの光景。 ・・・もう、これしかあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松屋これでも新メニュー

あくまでも個人的見解ですが、最近の≪松屋≫の新メニューは分厚い肉がガッツリ系(安チェーン店の肉は薄ければ薄いほどイイ)とかワンランク上の値段設定(700円以上になるとマイ松屋許容ラインを超えてしまう)のモノとか、あまり興味をそそられず・・・ ・・・この新メニューも「ついに定番化!」とか喜んじゃっていますが、元々のカレーの値…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松屋緊急事態定食そして久々

≪松屋≫の豆腐が大変なことになっているとか・・・自社製造に切り替えたところ、糖質OFFのためのライス⇒豆腐変更の人気過熱により、製造が追いつかず・・・ ・・・肝心の≪松屋≫冬の定番、否、冬将軍メニューのコイツも販売中止になる店舗が続出する始末。責任者はさぞかし辛い冬を迎えていることでしょう。で、我が葛飾・金町ではいち早く復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

≪のや≫⇒≪屋≫の南浦和

南浦和で吹き荒れる「無料クーポンの無限ループ」が≪山田うどん≫から≪松のや≫へ。ついに昼メシ時にもクーポン発動となりました。 ・・・≪松のや≫『スープカレー』500円+『コロッケ』80円⇒無料クーポンで0円に。業務合間の昼めしなのに、この充実度。 ・・・あくまでも「カレー」ではなく、「スープカレー」です。妙に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南浦和・リアル新メニュー

午後9時半に南浦和激務終了⇒駅前の≪松屋≫に直行。コチラは正真正銘の新メニューですので。朝の時点で、夜はコレに決めていました。 ・・・往年の≪松屋≫の『チキン定食』の味わいを求めて・・・ ・・・その前に一日の激務を慰労。『生ビール小ジョッキ』180円⇒150円が嬉しい。 ・・・そしてハズレ知らず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通の日の普通の昼夜メシ(池袋・金町)

週に一度だけの池袋出勤。同じく朝イチ⇒夜最終のイッツウ業務です。当然に昼メシしかイベント的なモノが・・・ま、全く思いがけず楽しくなっている池袋業務なので、それだけで・・・だとしても、この昼メシはチャレンジングな・・・ ・・・一部の地域(=南浦和)では(勝手にコッチだけで)断絶状態の≪日高屋≫のブレブレ危険メニューの『汁なし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松屋の夏のトマト

本日も南浦和業務。晩メシは絶対にコレを・・・朝の通勤時点で確定しておりました。夏はやっぱりトマトのアレですな。 ・・・『うまトマ』ですな。コレのカレーは一向に復活しませんが・・・ ・・・そして、午後8時半、本日も充実の南浦和業務が終了。早速・・・まぁまぁ、まずはコイツ=『生ビール小ジョッキ』180円⇒150円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南浦和で夜めし⇒群馬邑楽帰省可能

南浦和業務終了後、群馬・邑楽へ帰省。ただちに移動を開始・・・のようで、四谷や池袋から出発するのに比べて30分以上も余裕があるので・・・ ・・・前々から気になっていたコイツを片付けることにしましょう。久々の≪松屋≫の新メニュー賞味ね。 ・・・しかも、『生ビール小ジョッキ』180円⇒150円で好都合。『生野菜』だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松屋の新しいヤツその2

先週に引き続き、≪松屋≫の新メニューの賞味を・・・ライス大盛り無料サービス期間はとっくに終わっておりますが、心配ご無用。ここ南浦和の駅前では、常に(毎日・24時間)定食のライスは大盛り無料サービスでして。 ・・・おっ、半熟玉子はもちろん、生野菜までついているのですね。こりゃ、もっと早くトライすべきでした。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に松新

南浦和業務後に≪のや≫の方の「松」で「カツ」を食べる楽しみを知って以来、≪屋≫の方の「松」の新作に全く興味を失っておりましたが・・・ ・・・ま、たまにはイイでしょう。今週は既に水曜日にカツっておりますので。 ・・・勿論コイツと共に。でも、カツ屋と違って小ジョッキのハイボールです。150円。 ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南浦和で「屋」から「のや」に翔ぶ

南浦和業務の夜めしチョイスが≪松≫の≪屋≫⇔≪のや≫で確定してしまいました。なぜなら・・・ ・・・充実の業務終了後に一刻も早くコイツを飲りたいから。今日は≪屋≫の方で『ハイボール小ジョッキ』150円を堪能。うむ。今日も良い現場であった・・・などと自己満足に浸りつつ≪松≫で待つのは・・・ ・・・新メニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の南浦和フルコース

多少の諸々のアレはありますが、基本的には楽しく南浦和に通わせて頂いております。今のところ、南浦和業務に限って、新天地を求めて大正解でした。 ・・・毎週この「だうどん」を楽しめるのも大正解の一因ですが。いつもの「マイ山田スペシャルセット」=『たぬきうどん』250円(どう考えても安い)+『明太子おにぎり』120円(注文が入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のメシ状況(普通の日々)

本日より、前期の通常業務が完全再開。ということは、原則的に朝イチ⇒夜のイッツウ業務が月曜日⇒土曜日の日々です。ということは、起きて働いて食って風呂入って寝て⇒起きて働いて食って風呂入って寝て⇒起きて働いて・・・が繰り返されるのみ。ということは、今後の当ブログも大体今日のような感じになります。健康と平和に感謝です。 ・・・と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南浦和の松の牛を待つ

南浦和にて晩メシ。久しぶりにディープ≪丸八≫に・・・まさかの満員大混雑。夜の9時半過ぎですぜ。埼玉の勤め人はどんだけ健康なの・・・ ・・・あっさりあきらめ、駅前の≪松屋≫で待つことに。『ハイボール小ジョッキ』150円を飲りながら、口の中から≪丸八≫の半ラーメン想定唾液を除去しなければ・・・ ・・・と思う間もな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごろごろ転倒

水曜日は午後イチから南浦和業務。この、昨年から導入した「週に一度だけの午後出勤」のおかげで、どうにか体力が持ち堪えております。今年はどうなるか知らんけどね。もう50代だし(+2だ)。 ・・・ま、それでも、夜はこういったこってりなメシを・・・ ・・・待ちます。いつものスタイルね。『ハイボール小ジョッキ』150円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタートの松待つ鶏

いよいよ新年度の通常業務がスタートしました。と言っても、本日のみ試運転シフトにつき、夕方から南浦和へ・・・ ・・・そして、夜は早速≪松≫で待つワケです。『ハイボール小ジョッキ』150円ということは、≪屋≫の方ね。 ・・・コチラの新メニューが未食でして。南浦和の≪松屋≫は新メニューのライス大盛りサービス期間が過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more