テーマ:商店街ラブ

末枯れ商店街を求める旅

日曜日は翌週の業務に備えてゆっくり家で静養・・・ではなく、気分転換に大いに出掛ける日だ第二弾。前々から(もう5年くらい)気になっていた神奈川県の某所にある末枯れ系商店街の現認に・・・ ・・・あ、いきなりハイレベルで末枯れている。いや、まあ、今日は日曜日でお休みのお店が多いから・・・いや、シャッター系商店街の匂いも若干・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環七北上バスの終着点

昨日の練馬区(実は)初(じゃなかった)ディープ探査は≪環七≫の中野区との区界で終了、その後≪環七≫をひたすら北上するバスで向かった、というより、辿り着いた先は・・・ ・・・「通」の方なら、このワンショットで直ぐにお分かりになるかと思います。 ・・・このワンショットでも・・・ ・・・ま、つまり、赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練馬区ディープ大堪能

大学時代のほんの一時期だけ下北沢近辺(のボロアパート)に住んだものの、東京暮らしでの主な棲息地は赤羽・十条など北区=城北地域&最長の葛飾区=城東地域であるワタシにとって、港区や品川区や大田区(蒲田は除く)なんていう城南地域なんて高嶺の花、そして、杉並区や中野区といった城西地域は未知の領域です。その未知なる城西地域の中でも、とりわけ謎めい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉南部の小さな町②越谷市蒲生

さて、越谷・蒲生に来て、この商店街を素通りするという選択肢はありませんな。 ・・・蒲生駅から歩いて5分ほど・・・つまり、駅からはある程度離れた場所に忽然と姿を現す謎めいた商店街。しかも、ちょっと末枯れている。我が葛飾区の≪千代田モール≫に並ぶマイ・ベスト「忽然末枯れ商店街」です。 ・・・もう3回目か4回目にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉南部の小さな町①草加市新田

土曜日で今年度の予備業務が終わり、日曜日から休暇に入っております。来週木曜日から今年度本業務が始まるまで、至福の4連休・・・の内、昨日はプチプチ突貫業務&今年度特別子煩悩系業務等がありましたので、真の休暇は本日より。で、早速群馬・邑楽へ帰省・・・ ・・・だけでは、あまりにも芸が無いので、まだまだあるある「東武伊勢崎線沿線の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年に一度は歩きたい商店街2

≪田端銀座≫に並ぶ通勤ルートA(西日暮里~池袋)上の「年に一度は歩きたい商店街」その2がコチラ。 ・・・JR駒込駅から徒歩5分ほど歩くと、まさに「忽然と」出現する≪霜降銀座≫です。 ・・・どうして、駅から離れたこんなところに・・・「忽然商店街」の見本のようなアレです。 ・・・素晴らしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通勤ルートA上のソウル商店街

JR山手線・西日暮里~池袋間の通勤ルートA上には、しみじみ味わい深いソウル商店街が幾つか点在します。その中でも大好きな≪田端銀座≫でも覗いてから出勤しますか。まだまだヒマだし、何だかヤケに暖かい午後ですし。 ・・・田端駅から徒歩15分くらいで到着。お隣の駒込駅からも10分強。この駅からの微妙な距離が独特の商店街テイストを作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県未知市掃討最終旅2・館山市

いよいよ千葉市未知市掃討の最終市へ。ラストに相応しい市です。何しろ、千葉県最南端の市ですから。 ・・・こんなメジャーな街、一度くらい来たこと・・・ありそうでない。地図で見たら、ホントに千葉の南の端だもの。勿論、房総一周鉄道の旅で外房線への乗り換えのために当地で下車することはありましたが、街をゆっくり探索したことはないワケで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県未知市掃討ラス前3・東金市

今回の掃討の旅の最後はコチラ。千葉県東金市。人生最初にして多分最後の・・・でしょうな。ココだけに限らないけど。 ・・・ワタシが住んでいるのが葛飾区東金町(ひがしかなまち)なので、前々からヤケに親近感を・・・なんて。でも、全然未知の街です。 ・・・いきなりイイ感じの駅前風景。どこかの温泉地に来たような雰囲気です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

千葉県未知市掃討ラス前2・八日市場市

続いての掃討市はコチラの千葉県八日市場市。平成の大合併で「匝瑳市」なんていう味気ない名前に変わってしまいましたが。 ・・・やっぱ、コッチの名前の方が歴史由緒ありそう・・・スイマセン、部外者の勝手な意見ですかね。旭市よりもさらに一層「用が無ければ絶対に来ない」感がアップ。 ・・・味わいのない駅前風景が逆に味わい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県未知市掃討ラス前1・旭市

夏の大連休も残すところあと2日となってしまいました。群馬・邑楽に帰省するか、葛飾・金町亭でダラダラ過ごすのみ。コレはマズいでしょ、人生エンジョイ的に。1日くらいはどこかに無意味に出掛けないとね。よって、久しぶりに「関東未知市掃討の旅」でも。で、今回の目的地は、台風の近づく千葉外房最東部の≪海匝地域≫と呼ばれる方面へ。 ・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

草加という街など

いや、まあ、さすがに≪ぎょうざの満州≫だけのために埼玉・草加に立ち寄った・・・ではモッタイない(だけのためでもイイけど、全然)ので、少々街歩きを。腹ごなしも兼ねて。 ・・・東武伊勢崎線・草加駅前の銅像。そうだ。草加と言えば、『草加せんべい』で有名でしたな。≪おせんさん≫の銅像。勿論「手焼き」です。 ・・・その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の王子

王子の「かまぼこ屋」での飲酒を堪能後、腹ごなしも兼ねて夜の王子を少々逍遥。かつて赤羽と十条で暮らしたことがるので、この辺りも「ノスタル懐古彷徨」の管轄内です。 ・・・こんな何気ない駅前の大通りの風景だって「思い出」のスパイスが加わると、妙に切ない。 ・・・路地や裏道に入ると、ますます切ない。ま、当時は、こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の大宮・定点観測

埼玉・熊谷から葛飾・金町に移住してから5年以上が経過し、もはや埼玉・大宮に何の所縁も用事もないのですが、≪いづみや≫があるおかげで、最低でも年に一度はこの街を訪れているようです。 ・・・そして、『梅割り』と『名代煮込み』を堪能した後は、必ずこの街をうろつくので、もはや本当の意味で「定点観測」になっておりますな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘆きの坂のない宿場町・太田

せっかくなので、車を止めて、群馬・太田の街並み散策でも。前回帰省時の群馬・館林も初めての試みでしたが、コチラも初・・・って、紛れもなくこの街で、ワタシは1年間、社会人1年生~2年生という人生でも忘れがたき日々を過ごしたのですがね。 ・・・≪日光例幣使街道≫の宿場町という由緒正しき街。そんなことにも全然頭が回らなかった若かり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越谷幻商店街

桃源郷餃子堪能後、腹ごなしも兼ねて埼玉・越谷の街を少々逍遥。いや、この商店街を歩いてみることも、本来のムダ目的の一つでした。 ・・・いや、別に何の変哲もない、しかも、大して栄えてもいない末枯れ地方商店街なのですが・・・ ・・・≪ふるさと特急りょうもう号≫で遅い時間帯に群馬・邑楽に帰省する際、いつも車窓から見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武里駅前の謎

東武伊勢崎線・武里駅を降りると、こういう景色が広がっています。 ・・・いや、別に、取り立てて・・・ ・・・不思議でも何でもないのですが・・・ ・・・東武伊勢崎線の駅前の感じとしては、やや違和感があります。 ・・・これが、JRを適当に乗り継いで辿り着いた長野とか新潟とか山梨とかの地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山手線を繋ぐ旅B進行

まだまだ気温は低いのですが、風が全然ない日は、歩かなきゃ損ですよね。慢性的な運動不足でもありますし。よって、業務前散策として「JR山手線通勤ルートを繋ぐ旅B」でも。本日はJR日暮里駅~鶯谷駅までのディープ区間を。 ・・・で、始点の日暮里駅近くに、早速非日常の空間が出現。 ・・・そう言えば、日暮里って、有名な「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山手線をつなぐ旅さらに

夕方からの四谷業務へ向かう途中、JR山手線の御徒町駅で下車。ここから秋葉原まで歩いて一駅分を繋ごうという目論見です。いや、別に交通費を浮かせるためではありません。同じ路線で途中下車した分、むしろ損ですし。つまり、こうしてトボトボと駅間を歩き、いつかは「山手線一周を歩き倒したことになる」・・・という無駄な企画です。ヒマツブシ三昧。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の街

亡き父の病気発覚をきっかけに埼玉・熊谷に移住した際、群馬・高崎と埼玉・大宮を第二の生活・業務圏にしようと目論んでいたのですが、あえなく高崎遭難。やはりサービス業は人口密度が全てでして・・・。でも、その後の一時期、半端な形ながらも大宮を堪能する機会に恵まれました。 ・・・でも、結局は人口密度の壁は高く、池袋・四谷を主戦場とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県再確認の未知市

神奈川未知市掃討の旅は終わったはずなのに、なぜか厚木へ・・・ ・・・おそらく大学1年生の終わり頃に・・・という遠い遠い遠い泣けるほど遠い昔に一度だけ訪れたことがあるはずなのですが、あまり記憶も定かではないので、再確認のため。どうせ隣町だしね。 ・・・駅ホームに止まる『ロマンスカー』を見ると、いかにも小田急沿線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県未知市掃討最終章

残すところあと2市になっていた「神奈川未知市掃討の(無駄)旅」の最終章に出掛けてみました。大連休中だしね。雨が降りそうな曇り空も、熱中症の心配をする必要がないので、むしろ好都合です。何だったら、ちょっと肌寒いしね。 ・・・で、最初の街は神奈川県平塚市。一度くらいは来ていそうですが・・・意外と遠いのです。東京駅からJR東海道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻商店街原風景

夢かつ奇跡の大連休も3日目に。そろそろ、昼から飲んだくれて終日家でゴロゴロにも飽きたし・・・かと言って、改まってどこかに出掛けるには外は暑過ぎる・・・いや、まあ、別に気合を入れる必要などないのです(休日なんだから)。金融機関への用事&参議院の期日前投票(久々に国民の権利を行使)のために外で出たついでに、少々チャリンコを流して・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついで神田歩き

時間つぶしに立ち寄った神田の立食いそば屋≪天亀そば≫でも時間はつぶし切らず・・・ ・・・よって、神田駅周辺などを自由無意味散策。 ・・・そりゃ、楽しい街ですよ、活気があるのだもの。 ・・・いつも四谷へ向かう中央線の駅ホームから眺める商店街。いつかゆっくり歩いてみたいと思っていました。宿願成就。社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大宮駅東口定点観測

再開発により発展著しい大宮駅周辺ですが、東口方面は全然変わっておりませんな。 ・・・つか、この駅舎の佇まい、どう見ても地方の中心都市の「国鉄の駅」ぢゃないですか。 ・・・駅前のざっくりとした感じも、ザ・昭和。でも、この写真の左側辺りでは、既に再開発が始まっております。 ・・・お洒落なショッピング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋まで30分歩く

では、≪ぎょうざの満州≫で満腹を完了しましたので、予定通り千川~池袋間を歩くとしますか。春の陽気も絶好調です。 ・・・この≪要町通り≫を直進すれば、ゆっくり歩いても30分ほどですが・・・ ・・・こんな風に興味をそそられる何気ない末枯れた路地に足を踏み入れてしまうと、1時間ほども歩きましょうかね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京未知掃討打ち止め(3)

そして、ついに「東京の未知市区町村を掃討する旅」の「最終章」の「最終章」、つまり、「東京の未知市区町村を掃討する旅」の最後の目的地へ。 ・・・意外にも、こんな普通の市でした。でも、だからこそ、最後の最後になるのですね。 ・・・ココにも駅前バベルの塔。でも、その足下には・・・ ・・・あっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素通りするワケない銀座

順番が逆になりましたが、本日も「プチ彷徨⇒立ち食いそば」の規定のコースは完了。しかし、日暮里まで来て、ココを無視することはありえねいしょん。 ・・・≪夕焼けだんだん≫を降りて・・・ ・・・≪谷中銀座≫へ。今では、東京屈指の観光スポットですな。よくよく考えると、やや賑やか目な商店街ということだけなのですが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灯台下の痺れる散策

「未だイイや」は「永遠にイイや」に繋がるので、「+α」も池袋周辺にて。至宝≪君塚≫を出たその足で、池袋駅西口・池袋二丁目付近などを散策。もう6年も当地に通っているので、さすがに界隈は歩き尽くした・・・ ・・・と思いきや、この辺りは未知のゾーンでした。いやあ、池袋は広いぞ。そして、この清掃局の煙突が見えると、ザ・池袋を実感。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒込駅ホーム上から見える沁みる

その味わい深い≪田端銀座≫が終わって、しばらく辺りを歩いていると、どこかで見たことがあるような商店街の入り口に遭遇。 ・・・ううむ。ほぼ毎日のように見慣れている名前とゲイトの感じなのですが・・・ ・・・ま、とりあえず歩いてみますか。イイ感じに賑わってきましたし。 ・・・周辺には味わい深い「物件」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more