テーマ:家飲酒

一瞬の気の弛みの定点観測缶詰酒(2020年6月23日)

昨年度から、水曜日だけ午前の業務をスキップさせて頂き、午後一⇒夜最終というシフトに・・・つまり、水曜日の午前中にラクできるだけでなく、火曜日の夜に「明日も朝一か・・・」というプレッシャーから解放されるという効果もあるワケです。そして・・・ ・・・その「解放」の効果がコチラの展開。本と缶詰と酒と。 ・・・ラーメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時には一缶+αで一酒

「一缶一酒」は確かに「粋(いき)」ですが、あまり頑なにそれに固執するのもかえって「野暮」というものでしょう。時には「一缶+α」で。 ・・・しばらく前に訪れた千葉・柏の≪ドンキホーテ≫にて珍しいブツを発見、即購入。「やきとり缶詰」(というジャンルは日本にしかないと思う)の王者≪ホテイ≫のレアなコンビです。 ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一缶一酒(シンプル編)

何でもシンプルが一番イイのです。缶詰で言えば、「鮭缶」みたいにオーソドックスなヤツでイイんです。お値段は298円(+税)・・・108円軍団とは歴史も風格も原材料も違います。 ・・・夜の入り口辺りの時間に、コイツだけを肴にして、チビチビ酒を・・・ ・・・酒も純米大吟醸なんかじゃなくてイイ。缶チューハイで十分。あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一缶一酒

シンプルに1つの缶詰だけを肴に酒を楽しみたい・・・それには、よほど実力のある、かつ、個性の強いヤツでなければ・・・ ・・・紛れも無く「ヤツ」です。意外にもロングセラーな伝統の一品。1年に1回、なぜだか無性に食べたくなります。近所の≪東急ストア≫で318円(+税)。この物流万能のご時世に300円超のソーセージの缶詰なんて需要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛飾・山梨連合おでん

巣篭もり期間中は、なるべく自炊で晩メシを楽しみたいと思います。近々久々に炊飯器でご飯を炊くというシステムも復活予定。で、手始めに、今冬一度も制作しなかった金町亭おでんなど。季節外れにもほどがありますが。 ・・・今回の主役はコイツ。山梨県民の血液の一部となっているソウルめんつゆ『テンヨのビミサン』を使って、ベースのおでんだし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご当地グルメ原風景鍋

最近でこそ、スーパーの食品売り場でお馴染みの定番品(特に冬)に、しかも、各種派生商品がフル・ラインナップされるようになりましたが、ほんの10年くらい前は、東京各地のスーパーでコイツを探しても、なかなか見付からなかったものです。ワタシのご当地(B級)グルメ駆け出し時代にご当地愛・情熱を一気に高めてくれた、実に全く何とも思い出深い一品です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の上毛酒と春の恵

今回の上毛酒・・・は、あくまでも脇役で、主役は春の使者三人衆ですぜ。 ・・・三人衆の内訳は①「タラの芽の天ぷら」171円+税&②「菜の花と筍のおひたし」198円⇒138円+税&③「ほたるいか」180円⇒162円+税という完璧な布陣です。もう、笑っちゃうくらい春三昧。紛れもなく北関東のスーパーマーケット≪カスミストア≫や≪フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金町亭湯豆腐続報

今年の冬の晩酌の食卓はすっかり『鍋にポン』使用の超簡単ナンチャッテ独り鍋に席捲されておりますが、ことさらにダラリとゆっくり飲みたい日曜日(ま、今週は毎日が日曜日でしたが)の午後などには・・・ ・・・やはり湯豆腐ですな。美味しいお酒そのものを主役として楽しみたい時も、肴は湯豆腐ぐらいがちょうどイイ。 ・・・日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大車輪鍋に最強援軍到来

暖冬とはいえ、突然寒さが身に沁みる日も訪れます。北風が吹きまくる日もあります。が、むしろ歓迎。絶好の鍋チャンスです。 ・・・相変わらず大活躍の『お鍋にポン』by≪マルちゃん≫が今日も頼もしい。この夜は「キムチ鍋」なので、缶ビール風飲料を添えて。温かい鍋に冷たいビール(風飲料)って、意外と最強の組み合わせね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点憧れ読書シチュエーション(2020年2月24日)

もう随分長い間この光景に憧れておりました。すなわち、湯豆腐と熱燗をやりながら、食に関する名エッセイをゆったり・・・ ・・・毎年度4月~翌年1月の業務繁忙期には、夜9時半近くに業務が終わった後、一刻も早く就寝すべく「やっつけ晩メシ」がメインとなるので、まさにコレが「憧憬」だったのです。 ・・・今夏≪Book-O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一冬一辛で辛いのは翌朝だけ

ただでさえ辛い人生、これ以上辛いことはもうたくさん・・・あ、辛(つら)いではなく、辛(から)いだけですね。 ・・・冬の最終兵器・≪マルちゃん≫の『お鍋にポン』に食卓を席捲されている今冬ですが、やはり一冬に一回はコイツを使って・・・ ・・・この通り。説明不要のジャンクラーメン鍋です。いろいろ国同士は揉めておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに越後の寒い梅の酒

ついに、というか、今さらながら、コチラ様が我が家にやって参りました。居酒屋で飲む酒と言えば、マーケティング力のあるナショナル・ブランドの定番酒のみという時代に、突如として出現、今日の地酒ブームのきっかけとなった「幻の酒」・・・ ・・・「幻」なのに、池袋の≪ヤマダ電機≫の地下2階酒売場に平積みになっておりました。しかも、4号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地酒を楽しむ夜もある

お燗が美味しい冬なので、日本酒なら基本的には何でもOKです、今日この頃。200円弱のカップ酒のみならず、糖類・酸味料などが添加されていなければ、ナショナル・ブランドの紙パックお酒=『菊正ピン』とか『月桂冠 月』の900ml入りとか1.8l入りでもドンと来いです。でも、たまには地酒的なモノを・・・ ・・・昨年「千葉県未知市掃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州もつ煮・気合の一品

前回群馬・邑楽帰省時に購入⇒東京へ密輸。知られざる「もつ煮王国」」群馬なので、コンビニの≪ローソン≫でもこんな一品が売っております。ま、もともと北関東至宝コンビ二≪セーブオン≫だった店舗ですけど。 ・・・堂々たる、かつ完全なる「上州もつ煮」は税込みで432円。なかなか結構なお値段ですな。 ・・・でも、「生芋こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早速に比企麺そば再プチ埼玉ナイト

早速に比企麺そばに秩父地酒を合わせて、再びプチ埼玉ナイトを演出。そばに酒・・・何だかヤケに「通」な感じがしますな。 ・・・地(じ)のモノには地の酒を。同じ水系の水を(多分)使っているのだから、合わないワケがない。 ・・・見れば見るほど期待が高まるオンリーワンな雰囲気。今までに未経験の味に違いない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡易埼玉ナイト開催

今年度から南浦和業務が開始したのですが、南浦和には埼玉至宝ご当地デパート≪丸広≫さんがありまして、業務合間に時折お邪魔しては、1F食料品売場で、都内スーパーでは目にしない珍しい逸品や地元埼玉の産品を拾い買いしておりました。当然埼玉地酒のカップ酒なども・・・ ・・・あ、早くも埼玉ナイトがセッティングされております。あ、この『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今冬の大車輪ども

もちろん「湯豆腐」も重要な冬面子であることは間違いないのですが、今冬最も活躍している、もはや大車輪の活躍と言っても過言ではない面子です。 ・・・100円ショップ≪ダイソー≫にて常時フル・ラインナップされている固形一人用鍋の素の軍団。まさに「軍団」としか言い様がない陣容です。しかも、泣く子も黙る一流メーカー≪東洋水産≫=≪マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルゴ酒

どこにでも現れ、どんな状況だろうと、きっちり自分の仕事を果たす神出鬼没のスーパー・スナイパーのこの方(無口)。ついにオイル・サーディンと・・・ ・・・お値段据え置きで300円前後。昔はよく、こいつを缶汁(オイル)もろともフライパンにぶちこみ、醤油をひとまわし後にグツグツ油煮して、熱々の白いご飯の上に缶オイルごとドバっ、乾燥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土鍋一つで東海紀行その2

要するに、レトルトの『名古屋味噌おでん』を土鍋で温めて、カップ酒などを頂きながら楽しんだだけのことです。そういうささやかな幸せの時間がイイのよ。しかも、前回の『静岡おでん』に続いて2回目。 ・・・お馴染の近所の≪AEON≫スーパーで298円のディスカウント入手。税込みでも300円強で名古屋の味が・・・食品保存と流通の進歩に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の上毛酒2020初め

今回は3泊4日の群馬・邑楽滞在だったので、久々に上毛酒を大堪能。まずは、当然のアイテムはコチラ。 ・・・『桂川』特選本醸造は4合瓶で1151円(税込み)。ちょっと贅沢に晩酌を楽しみたい夜に最高の伴、否、むしろ友。 ・・「酒は甘口」を堂々と宣言する空っ風魂だ! ・・・見るからに濃厚な液体に「甘口」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元日の昼の常景2020

2020年元日。いつものように昼過ぎにのそのそ起き出し、老母お手製の邑楽亭雑煮を・・・ ・・・今年も無事に味わえる老親子共々の健康と平和に限りなく感謝です。あ、それに至るまでの過程も大事ね。 ・・・まずは、新年を祝う微妙に賑々しい正月の食卓&祝い酒を堪能。 ・・・いつもは「黒豆」と「昆布巻き」だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金町亭冬将軍2019

もう完全に湯豆腐の季節ですな。忙殺業務が昨日で一段落し、ようやくゆっくり昼酒を・・・で、今更ですが、我が葛飾・金町亭にも冬の将軍が到来。つまり、湯豆腐をじっくり楽しめる環境が整ったワケです。で、今年の目玉面子はコチラ。 ・・・上杉謙信公ゆかり、上越・妙高名産のスーパー薬味『かんずり』でございます。お値段贅沢に500円ちょい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親鶏でクリスマス・イブ

≪不二家≫の陰謀、もとい、商売上手により、「クリスマスにはお家でケーキを・・・」が世に広まり始めた頃に子供時代を過ごしましたが、まだまだ昭和40年代、どこの家庭もそんなに豊かではなく、当然我が家でもそんな習慣は・・・別に哀しい思い出でも何でもない。それが普通だったから。でも、スーパーで買って来た骨付きの鶏モモ肉1本丸々と確か「シャンメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご当地B級グルメ原体験式おでん

土曜日の夜に駅弁遭難。もう一通り賞味したので、よほどの在庫がない限り・・・こういう時は無理せず、おとなしく葛飾・金町亭に帰投し、家晩酌をゆっくり・・・がベストなシナリオですな。もう、外で飲むより、家でのんびり・・・な初老後期です。で、今宵のネタはコチラ。 ・・・『静岡おでん』ですな。いつもの近所の≪AEONスーパー≫で見切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汁モノとしての小うどん考

午前はすっかり閑古鳥の唐揚げになってしまった池袋業務ですが、それなりに充実の午後以降に向けてガッツリやりたい池袋昼めし。コチラが最近のお気に入りのパターンです。うどんの店≪はなまる≫にて自由自在のコンビネーション。 ・・・おや? うどんが主役の≪はなまる≫なのに、何だかスカスカな感じが・・・あまりの空腹に耐えかねて、うどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペヤング幻術

我が北関東の至宝なる≪ペヤング≫のソース焼きそば。これまで「ふりかけ」や「冷凍そばめし」とのコラボを実食してきましたが、よくよく考えたら、ソース味だけに、各種いろいろもっとコラボれましょうな。 ・・・コチラは同じく北関東至宝スーパー≪とりせん≫で最近発見したヤツらです。いずれも100円~150円の価格帯。そんなところも北関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテイの焼かない鶏

毎度お馴染の≪ホテイ≫のアレ・・・のようで、何か違和感が・・・ ・・・缶詰全体の色使いとか「国産鶏肉」の文字とかはいつもの感じなのですが、暖簾のイラストに書かれた文字が・・・ ・・・「からあげ」って! 唐揚げの缶詰? そんなモノを本気で・・・ ・・・作ったみたいです、≪ホテイ≫さん。よくよく考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉ナイト総仕上げ

土曜日の夜はJR東京駅の駅弁屋へダッシュ・・・思い通りの在庫がなく、一縷の望みを抱きつつJR上野駅の方へも回ってみましたが・・・同上。潔く今週は駅弁を諦めよう。そういう夜もあります。でも、問題ありません。こんな時に備えて、葛飾・金町亭には夜の食卓をわずかに彩る酒・肴が備蓄されております。今宵は、以前≪千葉モノレール≫を乗り倒すために千葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

≪はなまる≫でもクーポン

ますます(ある程度)充実の池袋業務で、業務合間昼メシもますます充実の≪はなまる≫タガ外れチョイス。マイNo.1の「イカ天」に当店マイイチオシの「鶏の唐揚」も加えて・・・ ・・・『かけ(中)』250円+『いか天』120円+『鶏の唐揚』100円+『辛子明太子おにぎり』110円=580円-天ぷら80円引きクーポン=500円+消費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はなまるタガ外れ

今週も意外に充実の池袋業務・・・の合間の昼メシはいつもの≪日高屋≫ではなく、久々に≪はなまる≫へ。かつてのローテーションのエース投手『ミニ唐揚丼』のセットでも・・・と思いきや、天ぷらコーナーに最近見なかった『いか天』を発見。しかも、実にタマラン匂いを発していて・・・さらに、『コロッケ』のデカさ&「北海道・男爵いも」に目を奪われ・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more