テーマ:家飲酒

本日の一缶一酒(2/11)

ちょっと贅沢な缶詰や自分の好きな定番の缶詰一品に好きな酒を合わせて「本日の一缶一酒」を誂える。それで晩酌(夜酌)をやりつつ、今日一日を振り返る(のは直ぐ終わるので、あとはテレビの録画(例のドラマとかね)をぼんやり見たり、無意味に昔訪れた地の地図を眺めたりなど)。 ・・・で、本日のテーマは「肉とワイン(赤)」でしみじみ。なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の両毛酒訓示

今回帰省時の両毛酒です。説明不要の『赤城山』は「あかぎさん」と読みます。 ・・・群馬県みどり市(旧大間々町)の名地酒蔵元≪近藤酒造≫のザ・両毛銘酒。 ・・・すっきり飲みやすく、どんな料理にも合う、まさに地元の日常晩酌酒。昔は何だかはっきりしないなぁ・・・ぼんやりした味だなぁ・・・と思っていましたが(その自分を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くじら豆腐という料理

今はもう行くこともなくなった懐かしの最終上京原風景の地・池袋の宮城県産品ショップで購入したまま、我が家の缶詰庫(やや高級品専用)で眠っていたとっておきの一品を開缶することにしました。 ・・・ザ・鯨肉缶。確か600円~700円あたり。まだまだ2流缶者である自分のマイ缶詰価格としては、結構イイ値段です。気温も気分もグッと下がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日の昼間の上州ホルモン

相変わらずそこそこノンビリして平和な日々⇒ネタがないから、この機会に2021年現在の自分の好きなモノを採取・記録。 ・・・いつも群馬・邑楽亭に帰省する度に老母がお土産に持たせてくれる上州ホルモン。つまり、ワタシは毎月1回はコイツを食らっているワケです。 ・・・今回はニラもやしMIX&霜降り平茸と合流炒め。なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに冬将軍の本格到来

1月に入って、もう不可逆的に寒さが厳しくなりましたな。よって、ようやく金町亭にも冬将軍が本格到来。 ・・・四谷の冬将軍=≪政吉≫の『豚カレー南蛮そば』に対して、我が葛飾・金町亭の冬将軍はコイツしかいません。最初の本格冬将軍なので、国産大豆使用のワリとちゃんとした木綿豆腐をチョイス。でも、出汁はただの昆布茶の素(100円ショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬将軍支度完了

葛飾・金町亭では「冬将軍」を迎える準備は万端整っております。業務繁忙期も先週で完全終結して、諸々万事ゆっくりできるようになりましたし。 ・・・あ、冬将軍が誰か分かってしまいますね、コレじゃ。 ・・・冬将軍専属の副官です。 ・・・シンプルな冬将軍ではなく、最近おき入りの「さば水煮缶湯豆腐」用にポン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・葛飾で上州もつ煮と上州地酒

東京・葛飾・金町に居ながらにして、上州名物・もつ煮と上州の地酒を堪能できる。どういうことかと言いますと・・・ ・・・こういうことです。前回群馬・邑楽帰省時に北関東再発見至宝スーパー≪フレッセイ≫で購入して、こっそり東京・葛飾へ持ち帰っておりました。 ・・・コレが上州もつ煮の正体だ! なぜか群馬県のスーパーには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉とワインとチーズ

本日の「一缶一酒」の至福です。オシャレに「肉料理にはやっぱり赤ワイン」ですな。そして、ワインには、もちろんチーズもね。 ・・・ま、コンビニ(711)で買った200円(+税)の赤ワインとディスカウントストアで買った98円の缶詰の焼肉、しかも、よく見たら馬肉か!と4P108円のプロセスチーズです。オレにはこんなモンが相応しいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬・邑楽から埼玉堪能晩酌へ

昨年一時的にモノすごくハマり、群馬・邑楽帰省のお土産に必ず貰って帰った埼玉、否、北埼玉・群馬文化混合圏内の深谷市の名産品を使ったアレをしばらく食らっていない・・・と思い、今回帰省時に老母にリクエスト。 ・・・コレです。当然の『深谷ねぎ』を織り込んだお手頃絶品北関東グルメです。お値段1個128円前後。コレをオーブントースター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の上州酒

至福の絶景。まさに絶景としか言い様がない。地酒が2本仲良く並ぶ・・・もはや眩暈すら覚えそうな、あまりにも贅沢過ぎる光景です。 ・・・高崎市旧倉渕町の地酒蔵≪牧野酒造≫の銘酒『大盃』純米酒4合瓶は1000円+税&毎度お馴染みの『桂川』の珍しい本醸造(いつも飲んでいるヤツは特選本醸造)の同じく4合瓶は980円+税。昨日「スーパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日の始まりのような

昨日から夢の7連休、すなわち、丸々1週間の無給休暇に入っているのですが、初日の昨日は部屋の掃除&洗濯&録りだめしてあったクダラないテレビ番組を消化で、ほぼ一日が終了。で、本日より群馬・邑楽亭に帰省するので、今日が本格的な休日の始まり・・・という感じですな。そして、「休日の始まり」と言えば、帰省途上の東武伊勢崎線沿線のどこかの駅で途中下車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一缶一酒

本日を以って、南浦和&四谷業務の通常業務後半戦が一段落し、明日から1週間ほど業務調整期間=無給休暇となります。いやあ、今年も何とか乗り切れました。健康と平和に感謝。軽く慰労の一献でも・・ ・・・あくまでも、軽くね。南浦和業務から葛飾・金町亭に帰投すると、もう午後10時過ぎですから。 ・・・本日の主役はコイツ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一缶一酒

午後5時半には業務現場を後に出来る金曜日の夜。帰投後、まずは何より、缶詰1つと酒(何でもよい)1本で、しみじみぼんやり寛ぎたいモノです。 ・・・そのために色々買い置きしておくワケですが、酒の肴系缶詰・肉部門の紛れもなく横綱のコイツらはほぼ常備です。どういう経緯か忘れましたが、確か、群馬・邑楽亭近くの北関東至宝スーパー≪とり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yaokoで武州酒

JR南浦和駅前の埼玉至宝地デパート≪丸広百貨店≫の食品売り場(渋い品揃え&こだわりの埼玉産品が素晴らしかった)が閉鎖されてから、だいぶ経ちますが、その跡地にいつの間にか埼玉至宝スーパー≪ヤオコー≫さんが新規開店しておりました。で、午後5時半で南浦和業務を強制終了させて頂いている金曜日の夕方などは、大体毎週コチラに赴いて、いろいろ物色して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州ビニ麺

日本最大、否、世界最大とも言える巨大コンビニ・チェーン≪セブンイレブン≫は言うまでもなく全国的画一サービスを・・・と思いきや、時には地味~にご当地限定品もラインナップしてくれます。 ・・・紛れもなく群馬県限定でしょうなぁ、コレは。たまにはこういうビニ麺ご当地品も採取してみる。 ・・・何しろ「地粉」ですからね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一瞬の気の弛みの定点観測缶詰酒(2020年6月23日)

昨年度から、水曜日だけ午前の業務をスキップさせて頂き、午後一⇒夜最終というシフトに・・・つまり、水曜日の午前中にラクできるだけでなく、火曜日の夜に「明日も朝一か・・・」というプレッシャーから解放されるという効果もあるワケです。そして・・・ ・・・その「解放」の効果がコチラの展開。本と缶詰と酒と。 ・・・ラーメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時には一缶+αで一酒

「一缶一酒」は確かに「粋(いき)」ですが、あまり頑なにそれに固執するのもかえって「野暮」というものでしょう。時には「一缶+α」で。 ・・・しばらく前に訪れた千葉・柏の≪ドンキホーテ≫にて珍しいブツを発見、即購入。「やきとり缶詰」(というジャンルは日本にしかないと思う)の王者≪ホテイ≫のレアなコンビです。 ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一缶一酒(シンプル編)

何でもシンプルが一番イイのです。缶詰で言えば、「鮭缶」みたいにオーソドックスなヤツでイイんです。お値段は298円(+税)・・・108円軍団とは歴史も風格も原材料も違います。 ・・・夜の入り口辺りの時間に、コイツだけを肴にして、チビチビ酒を・・・ ・・・酒も純米大吟醸なんかじゃなくてイイ。缶チューハイで十分。あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一缶一酒

シンプルに1つの缶詰だけを肴に酒を楽しみたい・・・それには、よほど実力のある、かつ、個性の強いヤツでなければ・・・ ・・・紛れも無く「ヤツ」です。意外にもロングセラーな伝統の一品。1年に1回、なぜだか無性に食べたくなります。近所の≪東急ストア≫で318円(+税)。この物流万能のご時世に300円超のソーセージの缶詰なんて需要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛飾・山梨連合おでん

巣篭もり期間中は、なるべく自炊で晩メシを楽しみたいと思います。近々久々に炊飯器でご飯を炊くというシステムも復活予定。で、手始めに、今冬一度も制作しなかった金町亭おでんなど。季節外れにもほどがありますが。 ・・・今回の主役はコイツ。山梨県民の血液の一部となっているソウルめんつゆ『テンヨのビミサン』を使って、ベースのおでんだし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご当地グルメ原風景鍋

最近でこそ、スーパーの食品売り場でお馴染みの定番品(特に冬)に、しかも、各種派生商品がフル・ラインナップされるようになりましたが、ほんの10年くらい前は、東京各地のスーパーでコイツを探しても、なかなか見付からなかったものです。ワタシのご当地(B級)グルメ駆け出し時代にご当地愛・情熱を一気に高めてくれた、実に全く何とも思い出深い一品です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の上毛酒と春の恵

今回の上毛酒・・・は、あくまでも脇役で、主役は春の使者三人衆ですぜ。 ・・・三人衆の内訳は①「タラの芽の天ぷら」171円+税&②「菜の花と筍のおひたし」198円⇒138円+税&③「ほたるいか」180円⇒162円+税という完璧な布陣です。もう、笑っちゃうくらい春三昧。紛れもなく北関東のスーパーマーケット≪カスミストア≫や≪フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金町亭湯豆腐続報

今年の冬の晩酌の食卓はすっかり『鍋にポン』使用の超簡単ナンチャッテ独り鍋に席捲されておりますが、ことさらにダラリとゆっくり飲みたい日曜日(ま、今週は毎日が日曜日でしたが)の午後などには・・・ ・・・やはり湯豆腐ですな。美味しいお酒そのものを主役として楽しみたい時も、肴は湯豆腐ぐらいがちょうどイイ。 ・・・日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大車輪鍋に最強援軍到来

暖冬とはいえ、突然寒さが身に沁みる日も訪れます。北風が吹きまくる日もあります。が、むしろ歓迎。絶好の鍋チャンスです。 ・・・相変わらず大活躍の『お鍋にポン』by≪マルちゃん≫が今日も頼もしい。この夜は「キムチ鍋」なので、缶ビール風飲料を添えて。温かい鍋に冷たいビール(風飲料)って、意外と最強の組み合わせね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点憧れ読書シチュエーション(2020年2月24日)

もう随分長い間この光景に憧れておりました。すなわち、湯豆腐と熱燗をやりながら、食に関する名エッセイをゆったり・・・ ・・・毎年度4月~翌年1月の業務繁忙期には、夜9時半近くに業務が終わった後、一刻も早く就寝すべく「やっつけ晩メシ」がメインとなるので、まさにコレが「憧憬」だったのです。 ・・・今夏≪Book-O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一冬一辛で辛いのは翌朝だけ

ただでさえ辛い人生、これ以上辛いことはもうたくさん・・・あ、辛(つら)いではなく、辛(から)いだけですね。 ・・・冬の最終兵器・≪マルちゃん≫の『お鍋にポン』に食卓を席捲されている今冬ですが、やはり一冬に一回はコイツを使って・・・ ・・・この通り。説明不要のジャンクラーメン鍋です。いろいろ国同士は揉めておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに越後の寒い梅の酒

ついに、というか、今さらながら、コチラ様が我が家にやって参りました。居酒屋で飲む酒と言えば、マーケティング力のあるナショナル・ブランドの定番酒のみという時代に、突如として出現、今日の地酒ブームのきっかけとなった「幻の酒」・・・ ・・・「幻」なのに、池袋の≪ヤマダ電機≫の地下2階酒売場に平積みになっておりました。しかも、4号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地酒を楽しむ夜もある

お燗が美味しい冬なので、日本酒なら基本的には何でもOKです、今日この頃。200円弱のカップ酒のみならず、糖類・酸味料などが添加されていなければ、ナショナル・ブランドの紙パックお酒=『菊正ピン』とか『月桂冠 月』の900ml入りとか1.8l入りでもドンと来いです。でも、たまには地酒的なモノを・・・ ・・・昨年「千葉県未知市掃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州もつ煮・気合の一品

前回群馬・邑楽帰省時に購入⇒東京へ密輸。知られざる「もつ煮王国」」群馬なので、コンビニの≪ローソン≫でもこんな一品が売っております。ま、もともと北関東至宝コンビ二≪セーブオン≫だった店舗ですけど。 ・・・堂々たる、かつ完全なる「上州もつ煮」は税込みで432円。なかなか結構なお値段ですな。 ・・・でも、「生芋こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早速に比企麺そば再プチ埼玉ナイト

早速に比企麺そばに秩父地酒を合わせて、再びプチ埼玉ナイトを演出。そばに酒・・・何だかヤケに「通」な感じがしますな。 ・・・地(じ)のモノには地の酒を。同じ水系の水を(多分)使っているのだから、合わないワケがない。 ・・・見れば見るほど期待が高まるオンリーワンな雰囲気。今までに未経験の味に違いない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more