テーマ:即席麺天国

北関東との細い糸ですらない

相変わらず意欲的・冒険的な怪しい新味を世に問い続けている北関東至宝即席麺メーカー≪ペヤング≫ですが、お陰様で業務繁忙につき、なかなか「カップ焼きそば」を楽しむ機会がなく、冒険心が過ぎるこういうヤツなら・・・ ・・・業務合間のオヤツとして、トライできるというものです。しかし、意欲が強過ぎて、消費者はついていけるのか・・・12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正規なのに怪しいマルちゃん

不可思議な≪マルちゃん≫&≪COOP≫コラボを食べてから数日後、今度は正式な≪マルちゃん≫なのに、どこか変なモノを発見。どこがどう変か言いますと・・・ ・・・「赤い」のに「たぬき」で、しかも、「もっと」とは・・・あ、コレはどこかで見たことがあります。しかも、二度見したことが・・・ ・・・やはりな。また負けたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日の日本亭の野望の達成

昼の≪日本亭≫の弁当から、夜になって、いよいよ「野望」の達成へ・・・ ・・・その主役がコチラ。『ニュータッチ』でお馴染・北関東の至宝即席麺ご当地メーカー≪ヤマダイ≫さんのデカ盛りシリーズの『八王子ラーメン』篇。108円! ・・・デカ盛りであることを除けば、何の変哲もない108円ラーメンなりの佇まいですが・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセ改めコラボなマルちゃん

皆様お馴染の≪マルちゃん≫の赤い何某と緑の何某です。まさに何某としか言い様がない。 ・・・だって、どこにも「きつね」・・・とは書いているか。でも、何か違う。「たぬき」とは全く書いていないし・・・でも、明らかに「赤いパッケージのきつねうどん」と「緑のパッケージの天ぷらうどん」ではあります。 ・・・あ、ニセ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶっかけ金ちゃん

何にでも何かをぶっかけて豪快にワシワシと食らう快男児のあだ名のようですが、違います。カップうどんです。≪金ちゃん≫のヤツです。今回は「鍋焼き」式ではなく、「湯切りぶっかけ」式です。 ・・・これはまた斬新なパッケージで・・・さすが徳島。我が≪伊藤パン≫に通じる「冒険」を感じる。 ・・・食欲をそそる・・・とは言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金ちゃん軍団増殖中

最近すっかりハマっている≪金ちゃん≫の鍋。最後のラインナップは・・・ ・・・コチラです。鉄板の組み合わせでしょ。お値段はいつもの108円・・・ではなく、正規の最新作なので、128円+税。でも、もうコレが美味しいことは分かりきっているのでね。 ・・・美味いです。例によって、温玉と天カスでグレードアップ。何しろ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国から金ちゃん軍団

即席ラーメンと言えば、≪日清≫や≪マルちゃん≫や≪明星≫や≪エースコック≫みたいなナショナル・ブランドだけではありません。日本全国には知られざる、でも現地では当たり前に食されている「ご当地即席麺メーカー」が多数あります。関東には≪ペヤング≫や≪ヤマダイ≫(ニュータッチ)、名古屋には≪すがきや≫、関西には≪イトメン≫、九州には≪マルタイ≫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一冬一辛で辛いのは翌朝だけ

ただでさえ辛い人生、これ以上辛いことはもうたくさん・・・あ、辛(つら)いではなく、辛(から)いだけですね。 ・・・冬の最終兵器・≪マルちゃん≫の『お鍋にポン』に食卓を席捲されている今冬ですが、やはり一冬に一回はコイツを使って・・・ ・・・この通り。説明不要のジャンクラーメン鍋です。いろいろ国同士は揉めておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回サッポロ味噌大会

前回の「サッポロ塩大会」はインパクトがイマイチでしたが、昨年の「第一回味噌大会」はなかなか楽しめました。その味噌の「第二回」が・・・ ・・・何気なく立ち寄った葛飾・金町駅前の≪東急ストア≫で密やかに開幕。すかさず面子を集めておきました。 ・・・前回の東海・九州・仙台の味噌どもの自己主張ぶりに勝てるのでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家富士そば

今年度より池袋業務が週に一回のみとなったので、業務合間昼メシに≪富士そば≫に赴く機会が激減・・・というより、ほぼ訪れることはなくなってしまいました。我が葛飾・金町駅前にも店舗があるのに。そんな中、南浦和業務現場近くの≪ファミリーマート≫で驚愕の一品を発見。 ・・・そりゃ、買うでしょ。あんなにお世話になっているのに、今年は6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・ペヤング幻術

その≪ペヤング≫と『ばかうけ』&魚肉ソーセージのコラボ・ナイトの〆麺は、やっぱり≪ペヤング≫で・・・ ・・・ん? 何か変。いつものパッケージですが、どこか違和感が・・・≪ペヤング≫のソース暖簾の文字が「やきそば」ではなく「ラーメン」・・・ ・・・つか、よくよく見たら、「四角い顔」ではなく「丸い顔」ですがな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペヤング猛ラッシュ

『MAXシリーズ』や『超シリーズ』など続々と新製品を投入、≪ペヤング≫さんの勢いが止まりません。「両毛との細い糸」も何本も束ねれば「太い糸」に・・・全部を楽しむほどの愛もないので、あくまでも地味なコチラを・・・ ・・・『和風やきそば』シリーズというか、「トホホ路線」というか、要するに何かと何かを組み合わせた「そのまんま」や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そりゃ二度見しちゃう麺

行きつけの≪AEONスーパー≫のカップ麺陳列棚で、思わず二度見しちゃいました。そりゃ、しちゃうでしょ、コレは。 ・・・「赤い」けど「たぬき」なのです。漫画のワンシーンに出てきそうな・・・一体何でこんなことに・・・ ・・・あ、そういうことですか。個人的には、一時期よく≪千代田鮨≫みたいな持ち帰りの寿司パックに『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッポロ塩大会

しばらく前に、行きつけのスーパーで、いつものように即席麺のコーナーに赴くと、時折目ン玉をひん剥くような光景に遭遇することがあります。 ・・・ね、コレはひん剥くでしょ?いつもの『サッポロ一番塩ラーメン』が大変身・・・ ・・・だけでなく、それが一気に3種類も・・・壮観です。これを壮観と言わずして、何と言いましょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちゃんと料理ラーメンの晩メシ

忙殺業務の日々が続き、自炊など全くできません(もう何年も味噌汁を作っていないし、炊飯器すら使っていない)が、時々、それなりにちゃんとした袋ラーメンを買って来て、野菜とかと一緒に煮込んで、ナンチャッテ自炊。 ・・・今回は名古屋の雄≪寿がきや≫さんなのに、奈良の『天理ラーメン』を・・・ ・・・カット野菜の残りとシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家即席冷凍タンギョウ中華屋

前回群馬・邑楽に帰省中にたまたま入ったコンビニ(最近はほとんどコンビニに行かない)にて、こんなモノを発見。 ・・・岐阜と言えばタンメン? 岐阜にそんな名物があったっけ? 未知のご当地ラーメンか? そりゃ、買うでしょ。わざわざ東京まで持って帰りました。 ・・・その苦労を生かすべく、冷凍餃子を合わせて、タンメン+…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛との細き糸は微かに

相変わらず新機軸を好き放題に発表し続ける≪ペヤング≫さんの精力に、全然ついていけていません。でも、たまには意地を・・・ ・・・もう、このパッケージの色使いからして、新機軸過ぎるでしょ。しかも、「ソース焼きそば」なのに「たらこ」をイチオシって・・・ ・・・あ、でも、ソースはソースでちゃんと・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉百貨店残存

埼玉・熊谷の≪八木橋デパート≫や各地の≪キンカ堂≫など、北関東の「ご当地デパート」に異常に興味を持っていた頃、コチラは実に直球ド真ん中の「埼玉地デパートの雄」とも言える存在でした。 ・・・東松山や川越や上尾や飯能なんかにもありましたな。 ・・・ココ南浦和にもあります。遅まきながら、表敬訪問。今日は午後イチから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッポロ一番味噌決戦

しばらく前に、行きつけのスーパーの即席麺コーナーで『サッポロ一番みそラーメン』を大々的に特集して売り出している現場に遭遇。各商品列を繋ぐ横断通路に面する一角の全てが『みそラーメン』で埋め尽くされていて、何で今さら『サッポロみそ』をこんなに強調するの? と思いきや・・・ ・・・なるほど、こういうことでしたか。よく見るとパッケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役ノスタル化カップ麺

紛れもなく人生で一番頻繁にお世話になっているカップ麺の部類に入るでしょうな、このお二方。 ・・・最近は新作カップ麺渉猟に忙しく、あまり口にする機会もありませんが、この懐かしいパッケージなら買わなきゃね。近所の≪108円ローソン≫にて108円だしね。 ・・・まだまだカップ麺の単価が高く、貧乏大学生はあまり気軽に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のない懐かしカップ麺

腹ペコの若人の胃袋を満たすべくコイツらが登場したのは、西暦1988年・・・ということはワタシが大学3年目(でも2年生)の時だったと思いますが、常に空腹で確かに若かったはずなのに、なぜか全然思い入れがありません。 ・・・多分、この頃から既にオノレの消化器系の脆弱性を自覚していて、とにかく「もたれる」ことを避けていたからではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょい変魅力のメカニズム

もはや食べ慣れて、特段見向きもしない定番商品でも、ほんのチョビっと「変」になると、ヤケに気になりますな。多分そういうマーケティング理論というか商売のコツ・・・またか、この話。 ・・・いや、「チョビっと」どころじゃないでしょ、この「変」は。焼きうどんが稲荷寿司味って、一体・・・ ・・・ああ、要するにຑ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただ懐かしいだけで買うカップ麺

普段カップ麺を買う際は、なるべく各メーカーの新商品を選んで「次なる定番」を探求するようにしているのですが、時には・・・ ・・・ただただ懐かしい・・・ノスタル汁に支配されて買ってしまうこともあります。その代表例ね。紛れもなく北関東のソウルカップ麺の一つ・旧≪アカギ≫=現≪大黒食品≫が買収の名作カップ麺・・・ですが、勿論108…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食卓の功労カップ麺

初老(否、立派な老境か)の男にしては、自宅でテキトーかつ雑な晩飯を食う機会が多い(真っ当な初老(誤差)は忙し過ぎて外食ばかりOR家でちゃんとした晩飯のいずれか)ので、カップ麺を汁モノ代わりに・・・なんていうことも多々あります。最近はメーカー各社の新作を試味OR108円コンビニで珍しい一品を購入・・・というパターンが確定しているのですが・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペヤング地味展開

もはや説明不要、≪ペヤング≫の(やや暴走気味の)快進撃がまだまだ続いております。 ・・・今回は今までよりも地味な展開・・・あくまでもパッケージの色合い的な観点ですが。 ・・・これはいかにもありそうなメニューで、別に冒険でも何でもありませんな。多分「脂そば」を意識したものかと・・・地味の局地の「黒」を基調とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペヤング快走中

まだまだ続く我が北関東至宝≪ペヤング≫の失踪。今度はこんな2品を発見。 ・・・何だか、色使いというか、デザインが完全に垢抜けしましたね。いかにも北関東の土着メーカーっぽいトホホな感じも良かったのですが。。。 ・・・まずは、コチラから。近所のスーパーで150円弱だったか。 ・・・今度はイカですか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成初期の独りの食卓

しばらく前のことですが、日清から、こんな「粋」な商品が出ておりました。さすが即席麺業界のガリバー。余裕があります。 ・・・平成初期の革命的カップ麺『ラ王』の復刻版だそうです。お値段は各198円程度。あの頃は確か200円を超えていたような・・・何しろ「革命」でしたから。 ・・・何が革命かと言いますと、カップ麺で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペヤング疾走止まらず

早くも今年のカップ麺パッケージ大賞が決定致しました。 ・・・ね、こりゃ、もう決定も已む無しでしょ。我らが両毛至宝・群馬県伊勢崎市≪ペヤング≫の冒険・・・暴走スレスレでしょうか。何も「たこ焼き」を「焼きそば」にしなくても・・・「焼き」かぶりじゃないか。 ・・・そんなに衝撃的でもないパーツの数々。麺も至って普通の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城ふるさとナイト

池袋業務現場の直ぐ近くに宮城県の物産アンテナショップ≪宮城ふるさとプラザ≫があります。業務最優先(罪滅ぼし)・・・につき、多少の休みがあったとしても、仙台辺りにプラっと旅行・・・というワケにも行きませんので、せめては・・・ ・・・お気軽・お手軽に宮城・仙台ナイトなど。宮城地酒のカップ酒は226円+宮城名物の笹かまは183円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペヨングも攻勢

≪ペヤング≫が攻めて『ペヨング』が生まれたのに、今度はその『ペヨング』が攻めて・・・ ・・・さらなる冒険モノが登場しました。あくまでも「風」というのが北関東の奥ゆかしさですな、≪まるか食品≫@群馬県伊勢崎市。勿論108円のペ「ヨ」ング価格です。 ・・・ヤケにミニミニサイズのナルトとメンマが確かに「風」ね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more