テーマ:原風景風

西日本パン定期的に襲来

行きつけの必須日常食品調達元にして「娯楽の殿堂」でもある≪AEONスーパー≫が時々謎に「ご当地フェア」を開催します。殿堂たる所以です。その一環で、突然「西日本パン」が出現。 ・・・いや、何となく年に一回くらい見掛けるので、もしかしたら定期開催かも。ご存知、いや、関東の人には馴染みがないか、≪ヤマザキ≫の「クリームサンド」シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ不二家怨嗟パン

日本全国隈なく今よりも随分貧乏だった子供時代の≪不二家≫の敷居の高さを未だに引き摺っている・・・ワケでもないのですが、スーパーとかで≪不二家≫コラボなパンを見掛けると、敵討ち(子供時代の自分のね)のように買ってしまいます。そんなに甘い菓子パンを食べたいワケでもないのに・・・ ・・・ワケでもないのにね。コチラ、ワリと毎年ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春餃子邂逅の小岩

世の中の情勢は何一つ変わりませんが、天気が良く、風もほとんどなく、気温も比較的高いので、餃子でも食べに、我が葛飾・金町の南隣の街・江戸川区小岩へ。しかも、ただの餃子ではありません。我が青春餃子です。 ・・・この店名・看板を見てピンと来る方はある種の餃子の「通」でしょうな。 ・・・この種の餃子です。饅頭ではあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

UCC軍団襲来

よく行く108円ショップ≪Can Do≫に多少の文房具を買いに立ち寄ったところ、偶然こんなモノを発見。 ・・・そりゃ、買っちゃうでしょ、業務現場に向かう途中でも。昭和レトロマニアなら。1本54円=2本で108円だし。しかも、その後、同じビルの1階の≪東急ストア≫我が葛飾・金町駅前店にて・・・ ・・・折も折、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憧憬の不二家パンども

ただでさえ「コラボパン」に弱いのに、それがラインナップ化すると・・・たとえそれほど思い入れがない≪不二家≫の『ミルキー』であっても・・・ ・・・買っちゃうじゃないですか。「子供の頃の憧れの一品をオトナ買い」も兼ねて。昭和の家庭はどこもそれなりに豊かではなく、ウチも≪不二家≫とか『ミルキー』とかとは、あまり縁が・・・以下≪不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後のイトー君たち

3日に1回くらいは必ず立ち寄る≪AEON≫スーパーや毎週1回だけ立ち寄る≪100円ローソン≫や見知らぬ街の馴染みのないスーパーとかで≪伊藤パン≫謹製を見掛けると、何だか「昔の知り合いに出くわした」ような気になり・・・ ・・・ついつい買ってしまいます。常に108円だしね。これは≪108円ローソン≫にて偶々発見。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

缶コーヒーと菓子パンの調和

まだまだ世間全体的に貧しさ(「豊かではない」という意味で)が残っていた昭和40年代、当時の子供にとって、缶ジュースや菓子パンは「贅沢品」でした。だから、缶コーヒーと菓子パンなんていう組み合わせは憧れの・・・あれ? どっちも缶コーヒー・・・? ・・・いや、よく見たら、やっぱり缶コーヒーと菓子パンです。 ・・・コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街のパン屋の惣菜パン初体験風

行きつけの≪AEONスーパー≫の既製パン売場の陳列棚には、なぜか必ず北関東のご当地製パンメーカー≪伊藤パン≫の新製品が1品か2品ほど置いてあります。関西・大阪から関東・栃木に引っ越して来た小学生の頃、街中のパン屋・駄菓子屋の店先で見たこともない≪伊藤パン≫という看板を目にして、「こんなパンがあったのか。なんで『ヤマザキ』とか『フジ』とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ド真ん中で北関東国道ラーメン

歳をとると確実に起こる現象。新しい音楽・漫画・ドラマ・味などに興味がなくなり、むしろ、昔自分が好きだったモノを懐かしむ・・・コレを「老いた」といふのでしょうなぁ。残念ながら、その真っ只中にあります。 ・・・だから、せっかく≪八重洲地下街≫に来ても、新進気鋭のラーメン名店が軒を連ねる≪ラーメンストリート≫なんかには目もくれず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東十条から出勤幻影

先々週の土曜日に王子夜景から東十条へ足を伸ばし、懐古し放題のノスタル汁分泌し放題・・・の影響か、その東十条駅からJR京浜東北線で東京駅まで通勤していた頃を偲ぶべく・・・ ・・・八重洲・日本橋へ。しのつく雨の中なのにね。もう、時間があれば、どこかに出掛けなければいけない脅迫観念よ。つか、去年の今頃もこんなことを・・・しかも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東十条残滓

東十条・十条まで来たからには、そりゃ、歩くでしょ、思い出の地の残滓どもを。後の日の回想のためだけに、心のアルバムとして。 ・・・東十条駅側の商店街。もう、何も説明はありません。 ・・・ただただ懐かしいだけです。 ・・・東十条駅から当時の十条亭へ向かう途中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東十条どうにか思い出の味

北区の夜景堪能後は、王子から徒歩で同じ北区の東十条まで移動。目当てはコチラです。寒風の中とぼとぼ歩き続けて、イイ具合に空腹も・・・ ・・・東十条の老舗ラーメン名店≪東京マリオン≫さん。今から20年ほど前、東十条で暮らしていた頃に訪れて・・・まだある! 今とは違って、まだ「どうにかしよう(できる)」という邪念、もとい、正当な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点原風景酒読書(2019年2月20日)

酒を飲みながら酒の本を読む。まさに酒まみれです。≪Book-Off≫の108円均一文庫本コーナーで発見・即購入。そして、コレに合わせるのは、マイ原風景焼酎『神の河』と書いて「かんのこ」です。思えば、初めて焼酎を美味しいと思ったのは、いつ頃のことでしょう・・・ ・・・学生時代は「焼酎」と言えば、「サワー」や「チューハイ」の原…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後の定期券

来年度は池袋の業務現場に通うのが週に1回だけとなります。自らの選択です。さて、吉と出るか凶と出るか。今のところ、春の臨時業務の繁忙具合を見る限り、このチョイスは成功だったと言えますが。 ・・・ということは、この定期券を買うのもこれで最後となります。思えば、全く想像もしていなかった池袋との業務その他のご縁でしたが・・・あ、全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京無念坂

≪言問通り≫が≪本郷通り≫に交差する手前にある坂の正式名称は≪弥生坂≫というらしいのですが、コレを勝手に≪無念坂≫と呼び変えさせて頂きます。 ・・・つまり、この坂を、ため息をつきながら、嘆きながら何度も上ったということです。 ・・・いや、本来自分の生活拠点の一部となるはずだったのに、そもそもあまり通っていなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮かれラーメン幻影

文京区の夜景を堪能した後、そのまま徒歩で≪春日通り≫を北上、同じ文京区の本郷方面へ。≪本郷通り≫との交差点の直ぐ近くに今夜の目当てのメシ屋が・・・ ・・・あ、なんだ、ラーメン屋ね。しかも、新進気鋭のこだわりラーメンでもなければ、老舗のレジェンド名店でも何でもない。どちらかと言うと、ラーメンブーム初期の頃によくあったオーソド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役ノスタル化カップ麺

紛れもなく人生で一番頻繁にお世話になっているカップ麺の部類に入るでしょうな、このお二方。 ・・・最近は新作カップ麺渉猟に忙しく、あまり口にする機会もありませんが、この懐かしいパッケージなら買わなきゃね。近所の≪108円ローソン≫にて108円だしね。 ・・・まだまだカップ麺の単価が高く、貧乏大学生はあまり気軽に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のない懐かしカップ麺

腹ペコの若人の胃袋を満たすべくコイツらが登場したのは、西暦1988年・・・ということはワタシが大学3年目(でも2年生)の時だったと思いますが、常に空腹で確かに若かったはずなのに、なぜか全然思い入れがありません。 ・・・多分、この頃から既にオノレの消化器系の脆弱性を自覚していて、とにかく「もたれる」ことを避けていたからではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年に一度は六本木・神楽坂でフレンチ

緩やかに、かつ、長らくお世話になっている東銀座の事務所の新年会にお招き頂き、六本木・神楽坂の会員制高級施設的なナントカへ。ここ数年、二次会のみの部分参加しか叶わなかったものの、今回は久しぶりのフル参加。やはり、年に一度くらいは素晴らしい本格高級フランス料理と美味しいワイン、そして、楽しい会話・・・ ・・・いやあ、当然ながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2隻の黒船カレー

「レトルトカレー」と言えば、『ボンカレー』と『ククレカレー』のみ(中京圏では『オリエンタル』も)・・・という時代を知っているとすれば、それはワタシと同年代ということでしょう。そんな昭和子供世代にとって、このレトルトカレーの出現はまさに「黒船の来航」でした。 ・・・コイツが登場するまで、レトルトカレーなんて積極的に食べたいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただ懐かしいだけで買うカップ麺

普段カップ麺を買う際は、なるべく各メーカーの新商品を選んで「次なる定番」を探求するようにしているのですが、時には・・・ ・・・ただただ懐かしい・・・ノスタル汁に支配されて買ってしまうこともあります。その代表例ね。紛れもなく北関東のソウルカップ麺の一つ・旧≪アカギ≫=現≪大黒食品≫が買収の名作カップ麺・・・ですが、勿論108…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元日の夜の光景の定番

夜陰に紛れるこの方々の背中を撮るのも、元日の夜のお馴染みの光景、むしろ「年中行事」ですな。我が青春の地・栃木県足利市のT木県立A利高校インチキ英語部同窓正月飲酒を今年も恙無く開催できたワケです。 ・・・今年はGK員KBTが子供関係で参加できず、残念至極。でも、ロンドンから一時帰国のGK官IID・BR士OKM・SBK者OTK…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

定点団地で始終(2018年11月25日)

団地の庭の砂場で遊んでいて、ふと自分の住む4階の部屋の窓を見上げた・・・というのが、ワタシの記憶に残る最初の光景です。ま、正確にはよく分かりません。後で作られた記憶なのかもしれません。が、それが最初の景色だったと思い込む何かしらの経緯はあったワケでして。ともあれ、ワタシも幼少期は団地暮らしで、今でも団地を見掛けると、何かしらノスタル汁が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真の休日の始まりのご近所弁当

敬愛する街・旅エッセイストの川本三郎大先生によれば、良い古本屋と豆腐屋と銭湯があることが良い街の条件だとか・・・その川本理論を借用&変更して、良い古本屋と弁当屋とコロッケやハムカツの美味い肉屋があることが良い街のマイ条件です。 ・・・いつも「休日の始まり」などに美味しい玉子サンドを買いに行くご近所手作り系かつヤマザキ系のパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点大阪子供懐古(2018年10月14日)

去年だか一昨年に我が葛飾・金町の≪Book-Off≫が閉店になり、今年に入って、群馬・太田マイ青春街道・国道354号線沿いの≪Book-Off≫も閉店になってしまいました。そういう人生なんです。そんな哀しい群馬・太田国道354号線沿い店で最後に買ったのがコチラ。なぜ、大阪の私鉄の沿線ガイドブックなんかが・・・ ・・・こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食卓の功労カップ麺

初老(否、立派な老境か)の男にしては、自宅でテキトーかつ雑な晩飯を食う機会が多い(真っ当な初老(誤差)は忙し過ぎて外食ばかりOR家でちゃんとした晩飯のいずれか)ので、カップ麺を汁モノ代わりに・・・なんていうことも多々あります。最近はメーカー各社の新作を試味OR108円コンビニで珍しい一品を購入・・・というパターンが確定しているのですが・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点昭和子供まだまだ懐古(2018年9月27日)

昭和の子供は実によくテレビを見ました。つか、夜家いる時の楽しみと言えば、テレビくらいしかなかったからね。当時午後7時~8時の時間帯は、1週間毎日どこかしらの局で「テレビまんが」(「アニメ」なんていう言葉はもちろんなかった)を放映していたものです。勿論ワタシもテレビに夢中になりましたよ。 ・・・そんな昭和テレビ子供にとって垂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンとコーンとマヨとワタシ

機会ある毎にどうにか細々続いている『スナックサンド』を巡る旅です。直近の採取はコチラ。 ・・・今更真新しい感じもしませんな、パンにマヨネーズとコーンという組み合わせは。ま、そんなトホホなチョイスが、『ランチパック』=メジャーに対する『スナックサンド』=マイナーなイイところですが。 ・・・確かに信頼できるメーカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点昭和残影ド真ん中(2018年9月6日)

実に久しぶりに新刊の駄本を購入。子供時代、一度でも「仮面ライダーカード」を手にしたOR「仮面ライダースナック」を食べたOR「プロ野球カード」を手にしたOR駄菓子屋でカードくじを買った・・・つまり、昭和40年代に子供時代を送った人なら、コレはマストアイテムでしょ。 ・・・でも、アレだな。あの頃はみんな貧乏だったから、多分「コ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

駄菓子ノスタル汁バット

「懐かしの定番パン」なんかを食べ続けているせいか、ノスタル汁分泌腺が敏感になっております。懐かしい駄菓子にも反応してしまい・・・ ・・・こんなヤツを見掛けると、ついつい買ってしまいます。関東の子供にとっては、屈指のソウル駄菓子です。確か関西にはなかったような・・・。お値段あくまでも駄菓子価格の108円ね。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more