テーマ:原風景風

真の休日の始まりのご近所弁当

敬愛する街・旅エッセイストの川本三郎大先生によれば、良い古本屋と豆腐屋と銭湯があることが良い街の条件だとか・・・その川本理論を借用&変更して、良い古本屋と弁当屋とコロッケやハムカツの美味い肉屋があることが良い街のマイ条件です。 ・・・いつも「休日の始まり」などに美味しい玉子サンドを買いに行くご近所手作り系かつヤマザキ系のパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点大阪子供懐古(2018年10月14日)

去年だか一昨年に我が葛飾・金町の≪Book-Off≫が閉店になり、今年に入って、群馬・太田マイ青春街道・国道354号線沿いの≪Book-Off≫も閉店になってしまいました。そういう人生なんです。そんな哀しい群馬・太田国道354号線沿い店で最後に買ったのがコチラ。なぜ、大阪の私鉄の沿線ガイドブックなんかが・・・ ・・・こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食卓の功労カップ麺

初老(否、立派な老境か)の男にしては、自宅でテキトーかつ雑な晩飯を食う機会が多い(真っ当な初老(誤差)は忙し過ぎて外食ばかりOR家でちゃんとした晩飯のいずれか)ので、カップ麺を汁モノ代わりに・・・なんていうことも多々あります。最近はメーカー各社の新作を試味OR108円コンビニで珍しい一品を購入・・・というパターンが確定しているのですが・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点昭和子供まだまだ懐古(2018年9月27日)

昭和の子供は実によくテレビを見ました。つか、夜家いる時の楽しみと言えば、テレビくらいしかなかったからね。当時午後7時~8時の時間帯は、1週間毎日どこかしらの局で「テレビまんが」(「アニメ」なんていう言葉はもちろんなかった)を放映していたものです。勿論ワタシもテレビに夢中になりましたよ。 ・・・そんな昭和テレビ子供にとって垂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンとコーンとマヨとワタシ

機会ある毎にどうにか細々続いている『スナックサンド』を巡る旅です。直近の採取はコチラ。 ・・・今更真新しい感じもしませんな、パンにマヨネーズとコーンという組み合わせは。ま、そんなトホホなチョイスが、『ランチパック』=メジャーに対する『スナックサンド』=マイナーなイイところですが。 ・・・確かに信頼できるメーカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点昭和残影ド真ん中(2018年9月6日)

実に久しぶりに新刊の駄本を購入。子供時代、一度でも「仮面ライダーカード」を手にしたOR「仮面ライダースナック」を食べたOR「プロ野球カード」を手にしたOR駄菓子屋でカードくじを買った・・・つまり、昭和40年代に子供時代を送った人なら、コレはマストアイテムでしょ。 ・・・でも、アレだな。あの頃はみんな貧乏だったから、多分「コ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

駄菓子ノスタル汁バット

「懐かしの定番パン」なんかを食べ続けているせいか、ノスタル汁分泌腺が敏感になっております。懐かしい駄菓子にも反応してしまい・・・ ・・・こんなヤツを見掛けると、ついつい買ってしまいます。関東の子供にとっては、屈指のソウル駄菓子です。確か関西にはなかったような・・・。お値段あくまでも駄菓子価格の108円ね。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポンジパンへの愛その2

スポンジケーキ風菓子パンへの愛を語る第二弾。昭和のスポンジケーキ原体験と言えば、やはりコチラでしょうか・・・ ・・・『アーモンドカステラ』63円!! 相変わらず、ちょっと安い!!! 当時の子供の小遣いで帰るギリギリの贅沢品でした。コレならオレにも買えた! ・・・池袋業務現場でのオヤツに。今じゃ、オトナだから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポンジケーキ風パン憧憬

別に好んで甘い菓子パンを食べたくなる・・・というワケでもないのですが、たまたま店先でこういうヤツを見掛けて、日曜日の昼メシ用に何気なく買ってしまうことがあります。 ・・・≪ヤマザキ≫のワリと定番菓子パンね。108円コンビニにて購入。あ、合わせる飲料もジャンクにザ・昭和な感じのヤツね。 ・・・何でこういう行動に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早過ぎるだけじゃない擬似帰郷

さて、その懐かしの埼玉・熊谷。葛飾・金町に引っ越して以来初めてなので、ざっと6年ぶり・・・ ・・・そろそろ擬似帰郷逍遥を楽しむことも可能ではないかと思いまして、わざわざ群馬・邑楽への帰省を回り道したワケです。 ・・・おっ、既に懐かしい。この改札を何度も通り抜けて・・・ ・・・この電車で池袋に向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンクにダラケる休暇の終わり

群馬・邑楽滞在最終日・・・そして、今日で新年度業務前のダラケた日々&休暇が終了となります。そんな大事な日の昼メシの食卓に・・・「焼きそば」と「コロッケ」が並ぶだけで、既にだいぶジャンクな感じが漂いますが・・・ ・・・「焼きそばパン」と「コロッケパン」が並ぶと、より一層ジャンク感が増大します。昨日訪れた≪三県境≫の近くにあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重洲・日本橋遥か遠く

今からちょうど20年前、ひょんなきっかけ&ご縁で、八重洲・日本橋で勤め人を始めることになりました。当時逼塞していた東十条からJR京浜東北線に乗り込み、東京駅で下車、この黄色い表示に従って・・・ ・・・東京駅・八重洲北口を出て、新たな職場へ・・・ ・・・って、これが、あの八重洲北口? 全く面影がなく、懐かしくも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

惣菜も定パン

純粋な菓子パンのみならず、惣菜系パンにもロングセラー商品というヤツはあるようで・・・ ・・・コイツです。こういうパンを一番食らっていたのは北関東での高校生時代だったと思うのですが、コイツの記憶はあまり・・・どちらかと言うと、同じ形状でマヨネーズとコーンが載ったヤツを頻繁に食らっておりました。そっちは絶版ね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バナナクリームを求める愚かな旅

普段行かない街(新松戸)の普段入らないスーパー(AEONストア)には未知の菓子パンが数多眠っている・・・ ・・・で、購入したのがコチラ。一見どこにでもありそうなごく普通のシンプルな菓子パンに見えますが、ここ数年(十数年か二十年かも)で初めて目にしました。 ・・・いや、もう、ホントに普通です。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点昔日の友に稀に邂逅(2018年2月18日)

かつて夢中になって貪り読んだにもかかわらず、最近では≪Book-Off≫の108円均一棚で偶然発見した時にだけ・・・という風に疎遠になってしまったシリーズものほど哀しいものはない。でも、やっぱり見つけると買って読んでしまいます。 ・・・大学時代最終盤⇒社会人一年目⇒謎の浪人時代という最も多感(準中二病)かつ(無意味に)鬱屈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コチラは馴染み超定番パン

自宅で昼メシに菓子パン・・・な呑気な日々が続いております。大慶でイイじゃん。で、今回は定番中の定番のコチラ。「昭和の子供」でコレを食ったことがない人はあまりいないのでは・・・ ・・・そもそもフルサイズで、いや、逆にむしろデカ過ぎるのに、謎の「ミニ」・・・昭和ミステリーです。108円。 ・・・ただの「ロングセラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北関東三大怪奇パン

さらに北関東続きのお話。小学校3年生の時に大阪・豊中から栃木・足利へ引っ越してきた際、それはそれはたくさんのカルチャーショックがあったワケですが、中でも鮮明に憶えているのは、①立食いそば屋のそばつゆが真っ黒けだ・・・②焼きそばに当たり前のようにじゃがいもが入っていて、しかも、それを平然と「ポテト焼きそば」などと呼んでいる(↑今ではカップ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年に一度は東銀座系

いつものように午後9時15分に池袋業務終了・・・と同時に池袋駅に猛ダッシュ、いつものJR山手線の改札を・・・素通りして、東京メトロ丸の内線も有楽町線も通過、ようやくにして副都心線に辿り着く(マジで東口からだと遠いっすね、あのライン)。そして、午後10時過ぎに東急東横線直通で自由が丘へ(あ、意外と近いのね、池袋と)。こんな深い時間に、東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憧憬チョコパン

あんぱん・クリームパン・ジャムパン・・・数ある菓子パンの中でも、コチラの一品はどこか気品というか、高級感が漂う「別格」ですな。小遣いの少ない、いや、どこの家庭も貧しかった昭和の子供の頃、この商品にはなかなか手が出せませんでした。上記のような庶民菓子パンの1.5倍から2倍程度の価格だったような・・・ ・・・あ、近所の普通のパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もオレはこんなもん・・・

いずれ近い内に始まると思っておりましたよ、コレ。 ・・・世の中では、ワタシも属する「最初のガンダム世代」が各種業界で企画の中心となり、かつ、決裁権も行使できるような年代になっておりますので。ワタシには何の企画も決裁権もありませんが、それはそれとして、早速採取開始。まずは我が金町駅・・・ ・・・いきなり渋いとこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

元日の夜のいつもの光景フル

同じく元日の夜のいつもの光景です。もう、この一枚の写真で全てが語りつくされておりますな。 ・・・どちらかと言うと「イケてない」高校時代を共に過ごした(だからこその強い絆風)T木県立A利高校インチキ英語部の盟友:GK官IID&妻SGIG員・GK員KBT・BR士OKM・SBK者OTK・ワタシの総勢6名が我らの(イケてない)青春…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

両毛―池袋ライン寿司

池袋業務の合間の昼メシ・・・の光景ですが、普段とは全然違う高級な感じなのは一体なぜ? ・・・いつも(トイレを借りるためだけに)お世話になっている≪ヤマダ電機≫の7階レストラン・フロア内にある≪雛鮨≫なるそこそこ高級寿司屋にて『ランチ握り』980円(税抜き)など。T木県立A利高校の両毛朋友・GK員KBTが業務で近くまで出張っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

定点昭和プロ野球ど真ん中(2017年9月12日)

昭和プロ野球マニアにとって、まさに「ど真ん中」な一冊ですな。「昭和の球場 今昔物語」とか「昭和の変則フォーム」(哀悼・元西武の永射)や「昭和の名バイプレーヤー」などの記事は勿論ですが、スペシャル・インタビューの対象が愛甲猛・元巨人の角・元V9戦士の黒江など、渋い、渋過ぎる人選。そりゃ、買うでしょ。 ・・・昼から酒の肴として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点熊谷懐古早いか(2017年7月9日)

今回の帰省で若干懐かしい埼玉・熊谷市妻沼地域をプチ堪能したので、群馬・太田の本屋で、こんなモノを買ってありました。 ・・・まあ、今となっては、埼玉・熊谷は完全に生活圏外で、実際に使う「ガイドブック」としての機能は果たさない・・・と思ったものの、立ち読みで中身をざっと確認したところ、マイ熊谷社食≪李家≫や新入社員時代(一体い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘆きのバス停のあった駅前

その(ワタシ以外の誰にとってもどうでもイイ)マイ新入社員時代、なぜか(多分何かに無意味に反抗して)埼玉・熊谷にアパートを借り(第一次熊谷暮らし)、そこからバスで群馬・太田の職場まで通勤しておりました。大いに嘆きながら。そんな「嘆きのバス停」があった東武伊勢崎線・太田駅・・・ ・・・って、なんだ、この発展ぶりは!!! 当時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘆きの坂のない宿場町・太田

せっかくなので、車を止めて、群馬・太田の街並み散策でも。前回帰省時の群馬・館林も初めての試みでしたが、コチラも初・・・って、紛れもなくこの街で、ワタシは1年間、社会人1年生~2年生という人生でも忘れがたき日々を過ごしたのですがね。 ・・・≪日光例幣使街道≫の宿場町という由緒正しき街。そんなことにも全然頭が回らなかった若かり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この街にもある嘆きの坂

前記の通り、HDG壮行会の地である十条、そして、東十条はワタシにとっても思い出深い、深過ぎる我がさらば青春の地でもあります。 ・・・懐かしい。何もかも懐かしい。 ・・・このホームから、希望を胸に、或いは失意のどん底で、まさしく北関東のT木A利に向かったことも、また、新天地である八重洲・日本橋に緊張して出陣した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HDG名古屋行きレッドゲイト壮行

各自若かりし頃、東京を遠く離れた北関東はT木県A利市のバイト先で知り合っただけで、以来軽く四半世紀にもなろうかというのに、未だ定期的に集う謎の「レッドゲイト総会」・・・のコア・メンバーである元センター長兼メキシカンHDGが来月から名古屋に移住となったので・・・ ・・・そりゃ、やるでしょ、壮行会を。で、HDGの仮寓のある北区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017GW北関東BG3

老母と千葉・八街に住む姉が二人で栃木・足利の観光大名所(何かの世界トップ10入り)の『大藤』を観に行ったので、昼過ぎに車でJR足利駅へお迎えに向かう。が、予定時間よりだいぶ早く着いてしまったので・・・ ・・・少し足を伸ばして、懐かしの足利市総合運動場へ。ここにある野球場で中学の時によく試合をしたなぁ・・・よく負けたなぁ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一部サラバの原風景駅

前回帰省時、東武小泉線の終着駅・西小泉駅の駅舎大部分を撤去・・・とのニュースを目にしたので、在りし日の姿を目に焼き付けておくとしましょう。 ・・・この左側の△屋根の部分がなくなってしまうなんて・・・ ・・・いかにも「ローカル盲腸線の終着駅」という佇まいが素晴らしい。素晴らし過ぎる。 ・・・駅構内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more