テーマ:東京23区

絵葉書的浅草夜景

昨年の今頃、業務年度末によくある若干の感傷を埋めるべく、無料で行ける夜景スポット巡りにハマッたのですが、その際に一つだけ行きそびれたのがコチラ・・・ ・・・東京屈指の観光地・浅草の夜景です。今では、浅草の夜景と言えば、≪東京空塔≫ですな。 ・・・コッチの旧・主役≪浅草寺≫界隈も勿論健在です。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観測商店街@駒込

池袋業務前に通勤ルート上にあるJR駒込駅で途中下車。で、「ホイホイ」的に吸い込まれる魅力的な、あまりに魅力的な商店街・・・ ・・・≪霜降(しもふり)銀座商店街≫です。年に一度は定点観測的に実見しておきたいザ・昭和な賑わい商店街です。 ・・・素晴らしい。いつ来ても「毎日が縁日」みたいな・・・ ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラバから再会のアゲインの福

さらば池袋の≪福しん≫から、即座に再会の北千住の≪福しん≫へ、早くもアゲイン。北千住の裏通りの暗闇に浮かぶ、あのお馴染の青い灯・・・ ・・・翼よ、あれが北千住の灯だ。で、なんでこんなに早くアゲINしたかと言いますと・・・ ・・・前回モノすごく気になったコチラのメニューを・・・ ・・・ドドーンと登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋西口幻影

よくよく考えたら、今年度はついに一度も池袋駅西口方面に行かなかったような・・・それほど余裕がなかったのでしょうか、池袋での日々。今年度完全終了3日前に最後に一度くらい行っておきますか。 ・・・かつて、特に埼玉・熊谷在住時代は、毎週必ず飲み・食いにコチラ方面まで歩いておりました。特にこの≪池袋平和通り商店街≫には美味しい九州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有楽町全国紀行

その「失敗大阪そば」のあるビルの地下から地上に出ると、そこはいつの間にか有楽町。おっ、久々の≪交通会館≫です。 ・・・ココまで来て、日本全国紀行をしない手はありませんな。 ・・・ここまでは地下1階地方。 ・・・あ、1階にも結構あるのね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重洲⇒丸の内・東京駅夜景

CGで合成した画面でありません。すっかり定着した「土曜日の夜は夜景を・・・」です。実際に目の前にこういう光景が広がるスポットがあるのです。しかも、無料です。 ・・・場所は東京駅・丸の内口直ぐのところにある≪JPタワー KITTE≫という一般商業施設の・・・ ・・・屋上展望テラスです。大都会東京のド真ん中の真ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚夜景確認

その東池袋から池袋まで戻るか、それとも、このまま大塚まで突き進むか・・・迷ったら、進め。老いているからこそ。で、15分ほど歩いて、夜の大塚に到着。おおっ、コレは・・・ ・・・例の「いつも業務帰りに大塚駅のホーム上に停まった電車の中から、提灯が異常に連なってビカビカ光り、夜なのに不自然に明るくなっている一角が見えて気になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東十条から出勤幻影

先々週の土曜日に王子夜景から東十条へ足を伸ばし、懐古し放題のノスタル汁分泌し放題・・・の影響か、その東十条駅からJR京浜東北線で東京駅まで通勤していた頃を偲ぶべく・・・ ・・・八重洲・日本橋へ。しのつく雨の中なのにね。もう、時間があれば、どこかに出掛けなければいけない脅迫観念よ。つか、去年の今頃もこんなことを・・・しかも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代々木の前に年に一度は昼酒同窓

日曜日の夕刻、なぜワタシはJR代々木駅なんかに居るのでしょうか? ・・・答え:しばらく前にJR大崎駅に用も無いのに行って、JR山手線は全駅下車&周辺を歩いたことがある・・・と思い込んでいたら、代々木駅の記憶があまりにも薄過ぎて自信を持てなくなったから。 ・・・あ、その前に、新宿≪高島屋タイムズスクェア≫内にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東十条残滓

東十条・十条まで来たからには、そりゃ、歩くでしょ、思い出の地の残滓どもを。後の日の回想のためだけに、心のアルバムとして。 ・・・東十条駅側の商店街。もう、何も説明はありません。 ・・・ただただ懐かしいだけです。 ・・・東十条駅から当時の十条亭へ向かう途中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王子の夜景

プリンスではりません。北区の王子です。その夜景です。「土曜日の夜に夜景を」シリーズ(いつの間にかシリーズ化)の第三弾は北区・王子にやって来ました。 ・・・コチラも東京メトロ南北線を使えば、四谷業務現場からワリと近くです。北区が四谷と直結・・・東京の地理は不思議です。 ・・・勿論今回も無料で入れる公共施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京無念坂

≪言問通り≫が≪本郷通り≫に交差する手前にある坂の正式名称は≪弥生坂≫というらしいのですが、コレを勝手に≪無念坂≫と呼び変えさせて頂きます。 ・・・つまり、この坂を、ため息をつきながら、嘆きながら何度も上ったということです。 ・・・いや、本来自分の生活拠点の一部となるはずだったのに、そもそもあまり通っていなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文京区の夜

土曜日の業務が午後7時には終わるようになりました。このまま家に帰って、「やることない」などと呻くと、気分がひじょうに優れないので、無理やり寄り道を・・・あ、だから先週雪の中、千葉・市川なんかに行って夜景を見たりしたのですね、このオッサン。「酔狂」というより「切実」だったのか・・・で、今週も状況は同じなので・・・ ・・・今度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通勤ルートCを繋ぐ旅の完結

午後7時から四谷代理業務・・・という実に中途半端な一日でして・・・普通ならこういう場合、業務前にどこか未知の街をぶらぶら歩き回ったりするのですが、世の中は大雨洪水警報・・・のようで、恒常的水不足天国・関東地方は小雨すらパラつかず、出掛けられるさ・・・とは言え、明らかに大曇天なので、いつでも業務に迎える方面に・・・ ・・・で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環七北上バスの終着点

昨日の練馬区(実は)初(じゃなかった)ディープ探査は≪環七≫の中野区との区界で終了、その後≪環七≫をひたすら北上するバスで向かった、というより、辿り着いた先は・・・ ・・・「通」の方なら、このワンショットで直ぐにお分かりになるかと思います。 ・・・このワンショットでも・・・ ・・・ま、つまり、赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練馬区ディープ大堪能

大学時代のほんの一時期だけ下北沢近辺(のボロアパート)に住んだものの、東京暮らしでの主な棲息地は赤羽・十条など北区=城北地域&最長の葛飾区=城東地域であるワタシにとって、港区や品川区や大田区(蒲田は除く)なんていう城南地域なんて高嶺の花、そして、杉並区や中野区といった城西地域は未知の領域です。その未知なる城西地域の中でも、とりわけ謎めい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年に一度の肉そば一日2回

市ヶ谷にも「立ち食い肉そば」の名店があります。せっかく市ヶ谷にまで来たのだから、店を見るだけ・・・ ・・・東京都心部屈指の名店≪瓢箪≫さん。あくまでも見るだけ・・・ ・・・で済むワケないよね。結局、当店自慢の一品『肉そば(ポーク)』を。まさに「名品」の立たずまいです。これで460円は安い! つか、肉そばの「ハ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

通勤ルートCを繋ぐ旅ラスト前

さて、せっかく飯田橋まで来たのだから、神楽坂でも逍遥・・・ ・・・しますよね、普通は。でも、一度歩いたこともありますし、そもそも、そんな意味のあることはしません、ダラケた日々の最終日ですから。 ・・・今日の無意味紀行は通勤ルートC(秋葉原・神田~四谷)を繋ぐ旅の飯田橋~市ヶ谷間編。いつも通勤電車の中から見えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外にイイもんじゃ

日曜日はできるだけダラケた一日を・・・が基本なので、観光客でごった返すことが確定しているような名所には絶対に行かないのですが・・・ ・・・ま、こういう日もあります。大学の同級生にして元上司兼お得意様兼悩める子煩悩S氏と年に一度の会合のため。珍しくこんな場所で開催。 ・・・午後4時と時間も早いので、未だそれほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年に一度は歩きたい商店街2

≪田端銀座≫に並ぶ通勤ルートA(西日暮里~池袋)上の「年に一度は歩きたい商店街」その2がコチラ。 ・・・JR駒込駅から徒歩5分ほど歩くと、まさに「忽然と」出現する≪霜降銀座≫です。 ・・・どうして、駅から離れたこんなところに・・・「忽然商店街」の見本のようなアレです。 ・・・素晴らしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重洲・日本橋遥か遠く

今からちょうど20年前、ひょんなきっかけ&ご縁で、八重洲・日本橋で勤め人を始めることになりました。当時逼塞していた東十条からJR京浜東北線に乗り込み、東京駅で下車、この黄色い表示に従って・・・ ・・・東京駅・八重洲北口を出て、新たな職場へ・・・ ・・・って、これが、あの八重洲北口? 全く面影がなく、懐かしくも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

通勤ルートA上のソウル商店街

JR山手線・西日暮里~池袋間の通勤ルートA上には、しみじみ味わい深いソウル商店街が幾つか点在します。その中でも大好きな≪田端銀座≫でも覗いてから出勤しますか。まだまだヒマだし、何だかヤケに暖かい午後ですし。 ・・・田端駅から徒歩15分くらいで到着。お隣の駒込駅からも10分強。この駅からの微妙な距離が独特の商店街テイストを作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通勤ルートCを徒歩で繋ぐ旅の残

通勤ルートA(西日暮里~池袋)と通勤ルートB(西日暮里~神田)を徒歩で繋ぐ旅は完了しております(完了する必要は全くない)が、通勤ルートC(神田・秋葉原~四谷)は未だ繋がっておりません(繋ぐ必要もない)。今年度の閑散期の一大イベントはコレだ! ・・・というワケで、その天ぷら名店・立食いそば屋≪とんがらし≫のある水道橋からお隣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紛れもなく田端プチ紀行

せっかくの業務通勤前寄り道の本年度第一弾なので、JR山手線屈指のザ・何もない街とも言える田端(筆頭は大崎あたりか・・・)を漫ろ歩くことにしますか。 ・・・「田端のランドマークタワー」とも言える屋上看板付きのビル。これがランドマークって・・・屈指だ。 ・・・でも、駅前再開発がし難い地形なのか、古い街並が随所に残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の王子

王子の「かまぼこ屋」での飲酒を堪能後、腹ごなしも兼ねて夜の王子を少々逍遥。かつて赤羽と十条で暮らしたことがるので、この辺りも「ノスタル懐古彷徨」の管轄内です。 ・・・こんな何気ない駅前の大通りの風景だって「思い出」のスパイスが加わると、妙に切ない。 ・・・路地や裏道に入ると、ますます切ない。ま、当時は、こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れていても散歩

月曜日から土曜日までの朝~夜ほぼイッツウ業務を終え、ようやく日曜日。終日家でダラリとし、明日からの1週間に備える・・・のが基本姿勢なのですが、一日中家でゴロゴロしていると、腰とか肩とかがかえって凝って、精神的にも休んだことにならず・・・とかいろいろ理由を付ける必要なんかないよね、近所に散歩に出るのに。 ・・・特に目的もなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山手線を繋ぐBが完成する最後の旅路

本日で2016年度の通常業務が完全終結となります。よって、業務前散歩も2016年度はコレが最後となりますので、気合を入れて・・・ ・・・秋葉原~神田~御茶ノ水と2路線・2区間を踏破。ま、秋葉原~神田なんて「同じ駅でちょっと長い乗り継ぎホームまでの間」程度ですので。でも、これにて、JR山手線・通勤ルートB(西日暮里~日暮里~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下鉄の踏み切り

さて、本日の「通勤ルートを歩いて繋ぐ旅」の真の目的はコイツ。なんだ、何の変哲もない踏み切り・・・ ・・・いやいや、変哲あり過ぎでしょ。だって、高圧通電中で危険・・・ということではありません。 ・・・よくよく考えたら、≪銀座線≫って、地下鉄でしょ。 ・・・でも、ごくごく普通の踏み切りですぜ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野枢軸飲食店スナップ

鶯谷~上野~稲荷町~御徒町というルートの途上、幾つも、ホントに幾つも「沁みる」飲食店に遭遇したので、ちょっとスナップでも。 ・・・ほらね。もう、いきなり沁みるでしょ。あまりにも沁みて、気絶しそうでしょ。屋号もロゴの字体も佇まいも何もかも最高。鶯谷・入谷付近にて。 ・・・他にもこの辺りには侮り難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山手線通勤ルートを繋ぐ旅B続行

年度末の「半休・半業務」の夢のような日々(全休だと、それはそれで心がしんどい)もあとわずかとなって参りました。来週前半が全休となり、来週末から春の臨時業務(朝~夜の一通業務もあり)が開始、それが終われば、また一年・・・その前に、歩けるだけ歩いておきますかね、無意味に。 ・・・本日はJR鶯谷駅~JR上野駅まで。前回の続きです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more