上州もりうどん完成形

コチラの乾麺うどん&つゆの素で「上州もりうどん」が、いや、正確には「両毛もりうどん」がついにようやく完成形になりました。

ju (1).JPG

・・・群馬・大間々の製麺メーカーと群馬・館林の醬油醸造元のコラボです。

ju (2).JPG

・・・群馬・大間々≪星野物産≫の代表的名品。これまで随分お世話になってきました。コイツは東京のスーパーでも普通に買えますから。なぜなら・・・

ju (3).JPG

・・・とにかく売れています。ベスト・セラーです。かつ、ロング・セラーでもあります。つか、「No.1」って単純にスゴくないですか? 小麦王国・群馬の底力を見せ付けられた気がします。

ju (4).JPG

・・・で、「ついにようやく」の原因はコイツ。もう何年も前から捜し求めておりました。地元・館林のスーパーでもなかなか見掛けず、今年の春先にようやく館林の≪とりせん≫で発見。でも、地元日常アイテムなので、300円前後ですねん。

ju (5).JPG

・・・さすが、群馬。「追いがつお」とか「あごだし」とかを喧伝するのではありません。山国・上州ならではの「まいたけ」推しです。

ju (6).JPG

・・・もちろん、我が群馬・邑楽の隣町、かつ、文化圏も同じ群馬・館林の正統老舗醸造元の逸品です。やんごとなき高貴なお方にも所縁あり。

ju (7).JPG

・・・で、こんな感じにウワッハッハ! 美味い!! 夏、サイコー!

sb (1).JPG

・・・勿論、冷たい蕎麦・そうめんにも適用可能です。いくら「うどん王国」の群馬の人だって、夏は冷たいうどんだけを食っているワケではありません。しかし、我が家の冷たい蕎麦・そうめん事情に劇的な変化、むしろ旋風と言ってもよい動きが・・・

sb (2).JPG

・・・その旋風を巻き起こしているのがコイツら。行きつけの≪AEONコンビニ≫で手軽に買える≪AEONグループ≫のPB商品です。

sb (3).JPG

・・・勿論、お値段もPB価格=CP別格の185円(税抜き)で4食分!

sb (4).JPG

・・・安いだけじゃない。ただ単純に美味い! のどごしバツグンのツルツル、でも、そば特有のザラザラな食感、かつ、蕎麦の美味さも十分に感じられ・・・

sb (5).JPG

・・・上州つゆの素に合う! 美味い! 長い間我が家の冷たい蕎麦界の4番バッターとして君臨してきた千葉・鎌ヶ谷の雄≪茂野製麺≫の『味川柳』にとって代わりつつあります。

sb (6).JPG

・・・しかし、もうじき日付も変わろうかという時間に冷たい蕎麦をワシワシ・・・

sb (7).JPG

・・・さらに、ココからの味変・・・呑気でイイやね。

su (1).JPG

・・・そして、長い間我が家の冷たいそうめん界のエースとして君臨してきた播州・龍野のキング・オブ・そうめん『揖保乃糸』にとって代わりつつあるのがコチラ。お値段勿論PB価格の198円(税抜き)で3食分。絶対的エースの『糸』より100円お安い感じですが、十分にシコシコの強いコシを堪能できます。

su (2).JPG

・・・こんな感じです。ね、十分に「糸」でしょ?

"上州もりうどん完成形" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント