上州で非上州な岡山とりめし

北関東至宝スーパーの1つである≪フレッセイ≫というスーパーの『鶏めし』が美味しい!との情報をどこかしらから得たので、ま、スーパーに買い物に行って、とっとと帰ってくるくらいなら・・・と要請を軽く無視、我が群馬県邑楽郡の盟友である隣町の大泉町店へ・・・

jos (1).JPG

・・・向かったはずなのに、なぜか車をコチラの弁当屋の駐車場に止める。

jos (2).JPG

・・・しかも、≪ほっともっと≫ではありませんぜ。北関東では≪ほっかほっか亭≫が生きて・・・あ、別に日本全国で生きているか。仲間割れね。

jos (3).JPG

・・・で、もともと次善の策だった、コチラの名物の『とりめし』などを。

jos (4).JPG

・・・結構なボリュームですな。これで430円。十二分に庶民価格。やはり「とりめし」は庶民の食い物でありたい。で、何がどう「名物」なのでしょうか? 別段変わったところは・・・

jos (5).JPG

・・・薄くスライスした鶏肉がご飯の上にぎっしり・・・どう見ても上州スタイルなのですが・・・

jos (6).JPG

・・・あ、よく見ると、鶏が「唐揚げ」なんですね。上州式は「照焼」が基本なので、この「唐揚げ」というスタイルは珍しい。そんな鶏肉の唐揚げをわざわざ薄切りにしてめしの上にドカン! このスタイル、インターネット情報によれば、「岡山県方式」とのこと。

jot (6).JPG

・・・ま、そりゃ、缶ビールと合わせますわな。群馬・邑楽の日曜日の昼下がり。静かです。

jot (7).JPG

・・・あ、さらによく見ると、使用部位も「むね肉」じゃなくて「もも肉」みたいです。これも非上州的メルクマール。

jot (8).JPG

・・・ぎっしりスライス鶏唐揚げだけで十分ご飯を消化できると思うのですが、念を入れて肉団子まで・・・≪ほっかほっか≫の方のイイところですかね。

jot (10).JPG

・・・さらに、この「追いダレ」でご飯の消化をさらに・・・あ、唐揚げの方は十分旨味が滲み込んでおりますので、わざわざ追いだれない方が良いと思います。

jot (11).JPG

・・・うひゃひゃ。これぞ「上に何かのっけご飯」の醍醐味。しかも、海苔も!ご飯大盛でもOKですな。実に良い昼メシでした。それにしても、日本は広い。ホントに広過ぎる。いろいろな事が終わらない。。。

jot (12).JPG

・・・今回はコチラで本命弁当が売っていなかったので、思いがけない僥倖となりましたが、次回は是非コチラで本懐を。

jot (13).JPG

・・・その北関東・上州では、小麦畑が黄金に輝く季節となっておりました。。。

"上州で非上州な岡山とりめし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント