定点アメリカへの誘い(2020年5月17日)

別にアメリカに行きたいと思っているワケではありません。勿論、アメリカに憧れているというのでもありません。ただ、若い時(二十歳前後)に一度だけアメリカに行ったことがあり(西側の一部を縦断したのみ)、その時の印象が意外と良かったのも事実です。そして、ワタシの大好きな缶詰がやたら充実していて、冷凍食品で晩メシを済ましてしまう・・・ようなアメリカンな食生活に実に何とも親近感を感じておりまして・・・

america.jpg

・・・秋葉原の≪Book-Off≫で発見、即購入。お値段210円(税込み)ですしね。「生活文化と大衆文化にスポットを当てた読んで楽しいガイドブック」という謳い文句にも殺されました。期待通り、アメリカンなジャンクな食の記事がワリと厚めに取り上げられていて、さらに、アメリカの田舎の小さな町・・・的な記事もグッときます。もう基本的に海外旅行には興味ないのですが、外国の小さな町の普通の暮らしぶり・・・には、異常なまでに興味があります。良い本でした・・・って、話はそこで終わらなかった!!この本をきっかけに、その後、アメリカの食に関する本を2冊ほど派生購入。今、ワタシの中でちょっとしたアメリカ・ブームが起きています。

"定点アメリカへの誘い(2020年5月17日)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント