時には一缶+αで一酒

「一缶一酒」は確かに「粋(いき)」ですが、あまり頑なにそれに固執するのもかえって「野暮」というものでしょう。時には「一缶+α」で。

hot (1).JPG

・・・しばらく前に訪れた千葉・柏の≪ドンキホーテ≫にて珍しいブツを発見、即購入。「やきとり缶詰」(というジャンルは日本にしかないと思う)の王者≪ホテイ≫のレアなコンビです。

hot (2).JPG

・・・意外とスーパーとかで簡単には遭遇できない『とりつくねたれ味』は148円+税。こういうメッケモノがあるから、時々≪ドンQ≫に行きたくなるワケです。

hot (3).JPG

・・・さらに珍しい≪ホテイ≫の非缶詰系おつまみ『味付たまご』158円+税。少し高いか・・・とも思いましたが、「国産」の文字に吸い寄せられました。

hot (4).JPG

・・・完全に安い居酒屋ノリで酒はレモンチューハイをチョイス。この宴が充実することは、疑いなし。

hot (5).JPG

・・・美味い。別皿に盛って電子レンジでチン、の方がお手軽かもしれませんが、缶のままオーブントースターでじっくり焙ると美味さが違う(ような気がする)。何よりも、缶から直接つまむところが荒んでいて素敵。

hot (6).JPG

・・・ここに味付け卵、しかも、うずらの卵が加わったら、もう、何もかもが酣(たけなわ)です。

"時には一缶+αで一酒" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント