旅の始まりのホーム立ち食いそば

午後11時47分にJR水戸駅到着。トイレその他の所用(みやげ物屋&駅弁物色)を済ませると、早くも正午に。常陸太田へ向かうJR水郡線は午後12時15分だから、あと15分しか・・・いや、15分もあれば・・・

m (1).JPG

・・・そりゃ、行くでしょ、ホーム立ち食いそば。地方の駅のホームに立ち食いそば屋が残っていること自体が素晴らしい食文化遺産なのです。しかも、NRE系列とは別モノの独立店というところが嬉しいね。さすが、蕎麦の国・茨城県の県庁所在地駅。

m (2).JPG

・・・でも、コレは千葉県我孫子市の影響か・・・美味そうではありますが・・・

mm (1).JPG

・・・やはり、納豆の都・水戸に来たのであれば・・・

mm (2).JPG

・・・コイツですよね。紛うことなき『納豆そば』390円。要するに、普通の立ち食いそばの「かけそば」の上に・・・

mm (3).JPG

・・・スーパーで買えるパックの納豆を載せただけです。あ、でも、刻み海苔のトッピングもイイね。さすが独立系。ちょっとした心遣いが嬉しい。

mm (4).JPG

・・・しかし、このネギもスゴいね。もはや準主役級の存在感。実際、シャキシャキで実に美味しかったです。おそらく「蕎麦の薬味としてのネギ」ではなく、「納豆の薬味としてのネギ」の意味合いの方が強いのかも。。。

mm (5).JPG

・・・食べる前に混ぜてしまうと、早くもカオス。ま、立ち食いそばに納豆を載せた・・・以上でも以下でもない、そのまんまのお味でした。自分の家でも簡単に出来そうですが、このメニューを食せる立ち食いそば屋は日本広しと言えども、ココ水戸駅のみ。そうです。立ち食いそばの重要な理念である「ご当地ロマン」溢れる逸品なのです。

mm (6).JPG

・・・あ、そばの方は結構特徴的ですな。何だか「田舎そば」真正面な無骨な立ち食い仕様。JR小山駅のソレを想起させます。こりゃ、普通に「かき揚げそば」の方が味わい深かったか・・・いやいや、ロマン最優先ね。

nato.JPG

・・・納豆なんてスーパーでもどこでも買える・・・と思い、今まで「わざわざ水戸で買うことはないか・・・」と敬遠していたのですが、今回は買っちゃいました。しかも、この後、旅の途上でコレを・・・(つづく)。

"旅の始まりのホーム立ち食いそば" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント