浮かれラーメン幻影

文京区の夜景を堪能した後、そのまま徒歩で≪春日通り≫を北上、同じ文京区の本郷方面へ。≪本郷通り≫との交差点の直ぐ近くに今夜の目当てのメシ屋が・・・

画像


・・・あ、なんだ、ラーメン屋ね。しかも、新進気鋭のこだわりラーメンでもなければ、老舗のレジェンド名店でも何でもない。どちらかと言うと、ラーメンブーム初期の頃によくあったオーソドックスな店ね。かつ、都内に数店舗あるので、むしろチェーン店か?

画像


・・・今から、はあ、もう20年以上前になりましょうか。30歳のごく一時期、諸事情により、毎週必ずコチラのお店お千駄木店でこの『末廣ラーメン』を食らっていました。人生で一番浮かれていた時期ですな。その反動で、その年(歳)の冬は寒い寒い寒いモノとなってしまいましたが(笑)。

画像


・・・何だか急にそんなことを思い出して、コイツを食ってみたくなったワケです。寒い冬だしね。見るからにザ・普通の東京トンコツ醤油ラーメン『末廣ラーメン』は「こってり」で頼んでも700円。

画像


・・・おおっ、ディス・イズ・背脂醬油。まろやかで濃厚で、いやあ、久々に食うと、結構美味いな、コレ。マイ美味いラーメン原体験でもありますしね。一年に一回くらいは食べてもイイかもしれません。

画像


・・・麺もちゃんと美味しい。≪浅草開花楼≫謹製麺を使用しているようですから、間違いないね。どこまでも超フツー東京トンコツ醬油です。

画像


・・・半チャーハンをセットで頼むとプラス200円。頼むでしょ、そりゃ。

画像


・・・200円で食えるチャーハンではありませんぜ、この完成度。美味い。「半」でも満腹必至。

画像


・・・パラパラのメシと背脂のスープが実に合うのよ、マジで。美味い。この時点で、今夜の胃もたれとか胸焼けのことなんて考えられなくなっております。

画像


・・・ネギ・玉子・チャーシュー・・・やっぱチャーハンの具はシンプルにこの3種の神器でキマリですね。

画像


・・・あれ? でも、あの頃妙にハマッた「生玉ねぎのスライス」が載っていなかったな・・・やはり千駄木店に行くしかないのか・・・胸を抉られて泣いてしまふかも・・・。

"浮かれラーメン幻影" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント