さいたまそば

来年度から、どうやら埼玉・南浦和が主戦場の一つになりそうです。今の業務現場(四谷・池袋)に通うより若干通勤時間が長く掛かるのは当然の前提、それでも、何だか心機一転・新しい現場で心新たに頑張ってみたい・・・などと思い、自ら強く希望したワケです。とは言え、一体どれくらい時間が・・・で、試しに計測に行ってみました。金町の自宅⇒(JR常磐線&東京メトロ千代田線)⇒西日暮里⇒(JR京浜東北線)⇒南浦和を50分。快速運転の京浜東北線の待ち合わせに5分掛かったので、業務現場までの徒歩時間を考えれば、ドア・トゥー・ドアでも50分。こんなの普通です。マイホームの皆さんが当たり前に通っていらっしゃる時間です。文句なし。

画像


・・・で、ここまで来たら、大宮駅まで足を伸ばし、駅そばを食うしかないでしょ。しかも、こんなのがあった日には・・・埼玉への決意も新たに。コレを食えるのは・・・

画像


・・・JR大宮駅・京浜東北線のホーム上に佇む・・・

画像


・・・名店です。マジで名店です。前回来た時、大感動したお店です。

画像


・・・コレが『さいたまそば』460円の全貌だっ!!!

画像


・・・主役は埼玉名産のサツマイモ(川越的)と長ネギ(深谷的)ですね。ヘルシーで結構。

画像


・・・そして、珍しいデフォルトでの生卵トッピング。普段絶対に立ち食いそばに生卵なんか合わせないから、コレはコレで嬉しい機会。

画像


・・・コレがザ・さいたま!! サツマイモの厚みが半端ナイ。これが4枚、いや、5枚・・・「そば」というより「サツマイモの天ぷら」ですがな。あ、長ネギの柔らかい食感・甘い味わいもタマリマセン。

画像


・・・勿論そばも普通に美味しい。いずれ普通に『天ぷらそば』か何かを楽しんでみたい。

画像


・・・理想的な状況になって参りました。ただでさえ味わい深いマジメな仕事のそばつゆに天ぷらの衣の油が・・・生卵は未だアンタッチャブルです。

画像


・・・ぐへへへ。本日のメインイベント。ああ、たまに食うと美味いな、生卵。そして、この味は・・・紛れもなく若い頃によくやった≪日清≫の『どん兵衛』の天ぷらそばに生卵を載せて食った時の味だ(どんな原風景だ)。しかし、分厚い、分厚過ぎるサツマイモ天の威力というかボリュームは凄まじく、やはり最後は「サツマイモの天ぷらを天つゆに漬けて食っている」状態になりました。それでも文句なし。

画像


・・・我が葛飾・金町⇒南浦和のルートには、もう1本、新松戸経由JR武蔵野線利用という別ルートがあります。ので、来週はそちらを計測予定。そして、次回はやはりコイツか・・・。

画像


・・・いやあ、それにしても、京浜東北線みたいな近郊路線のホームなんかになぜ駅そばが?

"さいたまそば" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント