鬼平五鉄風軍鶏鍋

東京一極集中を是正・・・するために政府が何かをやればやるほど東京一極集中が進む・・・おかげで、来年度も今年度の業務量とほぼ同じ、むしろ、もう体力的にしんどいので、若干緩く勤務シフト希望を出したら、その分だけフルボリュームで入れて頂けました。まあ、ありがたい、ありがた過ぎるということで・・・

画像


・・・四谷業務現場の現場仲間と2人で「今年度の反省」&「来年度の展望」を兼ねて鍋飲酒。前々から気になっていた四谷の飲み屋通りにある軍鶏鍋屋へ。これが宿願の軍鶏鍋だ!!! 鬼平も竜馬も愛した・・・とか。。。

画像


・・・コレが煮る前の軍鶏肉。もう既にして高級感が・・・埼玉県の軍鶏『玉シャモ』だそうです。あ、お店の名前は≪軍鶏一≫でした。まあ、「軍鶏鍋」というより「鶏すき」でしょうか。

画像


・・・そうなると、生玉子の貢献度が侮れませんな。つか、この生玉子が超絶美味い。おかわりしてしまいました。

画像


・・・鍋の前の『ポテトサラダ』もそれなりに美味い。

画像


・・・あ、コレは絶品でしたね。『軍鶏むね肉のたたき』ですって。

画像


・・・濃い目の鍋汁があまりに美味しかったので、『鍋野菜』のみ追加。何だったら、豆腐だけでもイイね。

画像


・・・そして、最後は当然の雑炊・・・ではなく、玉子丼〆。ご飯を煮るには出汁が濃過ぎるからね。ホントはここに追加の軍鶏肉を入れて、親子丼式にするのが王道らしいのですが、もう初老なので、そんなに肉は食えない。これで十分。なかなか良いお値段でしたが、まあ、「祝杯」でもあるのでね。つか、四谷で業務現場仲間とちゃんと飲んだのは初めてかもしれん。一体何年間四谷に通っているのだっ!という話ですよね。

"鬼平五鉄風軍鶏鍋" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント