定点2匹目のドジョウまで(2021年4月4日)

名作『舟を編む』にドはまりにはまる⇒直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』にもドはまりにはまる⇒その続編の『まほろ駅前番外地』を読む⇒その後3匹目のドジョウを狙っていろいろ渉猟するも、自分に合ったドジョウはなかなか見付からず・・・

mahoro.jpg

・・・結局2匹目のドジョウ『多田便利軒シリーズ』の完結編を読むことに。メルカリにて購入。相変わらず脂の乗った良いドジョウでした。主人公その他のキャラがいよいよ立ち、語り口もますます好調。ひたむきで、でも、滑稽で、だからこそ切なく、それでも前を向いて生きていくしかない人の世の悲しみと喜びとおかしさをこれでもかと味合わせて頂きました。登場人物の心理描写やセリフの端々に筆者の人生観・人間観が明瞭に現れ、こういう小説、自分は好きです。やっぱ、感動したいんだよな、活字を追う以上は。状況描写や場面設定の部分も『舟を編む』とこのシリーズは自分にとても合う・・・のはなぜかと考えてみれば、けっして情緒に流れず、「透明な文体」なんかに目もくれず、淡々と分かり易く具体的に語る感じが大好きな海老沢泰久大先生にちょっと似ているからか。その分、登場人物のセリフを借りて筆者が語りかける人生観が沁みるワケ。気に入ったセリフやフレーズがあるページには折れ目=ドッグイアを入れるクセがあるのですが、この本、犬の耳だらけに・・・良い一冊でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント