群馬・邑楽スーパーバーガー

そこそこ有名かつ力のあるB級麺グルメを擁する太田市(日本三大焼きそば)と館林市(うどん・佐野式ラーメン)に挟まれて、なかなか独自のB級グルメ色を出せない我が群馬・邑楽町ですが、ついに強力なご当地グルメが・・・

obg (1).JPG

・・・その名も『邑楽バーガー』・・・なんていうモノがあるはずもありません。正体は群馬・邑楽の≪アミール≫という地元密着専任土着スーパーのオリジナルのバーガーというかサンドイッチというか・・・

obg (2).JPG

・・・でも、包装の感じが何だかオンリーワンな感じがして、敢えて『邑楽バーガー』と呼びたい。しかも、ものスゴいズッシリ感。これで1個200円(+税)・・・は、そこそこの価格帯ですが、いや、ホントに重いのですよ。そうなると、もう、昼からビールと合わせるしかないでしょ。

obg (3).JPG

・・・まずはチキン。多分チキンカツでしょうな。「辛しマヨネーズ」という時点で既に成功を確信。

obg (4).JPG

・・・美味い。美味いぞ、マジで。コレはアレだな。このマヨネーズは既製品ではなく、自家製に違いない。独特の酸味に、思いの外、サラサラ・・・美味い。鶏胸肉のチキンカツもさっぱり美味しく、何より、大量のキャベツとレタスが・・・全てを辛しマヨネーズが包み込み、何とも言えない渾然一体。ザ・邑楽だ。

obg (5).JPG

・・・続いてフィッシュの方を・・・これはまた、重量感がさらに増してしまいました。

obg (6).JPG

・・・キャベツバーガーかっ! でも、コレがイヤじゃないのです。コチラは、その自家製らしきマヨネーズ使用のタルタルソースで渾然一体。

obg (7).JPG

・・・バンズ・キャベツ・白身魚フライ・タルタルソース・・・ワタシもそこに加わりたい・・・それほどのハーモニー。素晴らしき『邑楽バーガー』でした。コチラのお店、その他のお惣菜やら弁当やらおにぎり(『おにぎらず』という商品名)やら、全てが一ひねりイケている。かつ、地元(群馬、特に館林とか太田)の製麺メーカーの品揃えが素晴らしい。今後の群馬・邑楽帰省の楽しみが1つ増えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント