北九州パン?

東京に居ながらの「地パンを巡る旅」が停滞しております。これまでの尋常ならざる興味・関心・探求のせいで、もはやネタが尽きたということもありますが、やはり、世の中的にはコロナ禍とか個人的には腰激痛とかで、フットワークが重くならざるを得ないワケでして・・・

ktp (1).JPG

・・・で、去年買って、保存食としていた北九州地パンを開封。パン? いや、でも、確かに「パン」とありますし・・・「堅」という字が「パン」と矛盾していなくも・・・

ktp (2).JPG

・・・でも、歴史は大正時代から! しかも、官営八幡製鉄所(小学校の社会の教科書だ)由来! 紛れもなく「地」パンではあります。

ktp (3).JPG

・・・しかし、「健康はアゴから」という謳い文句が不気味・・・さらに、この警告文・・・

ktp (4).JPG

・・・でも、袋から取り出すと、既に割れております。どうやら、長期保存中に何度も移動する際に無意識に力を入れて握ってしまっていた模様。

ktp (5).JPG

・・・でも、油断大敵ですよ。「浸す」気満々です。この歳になって歯をやられたら、極大ダメージ、かつ、今後も食べることくらいしか楽しみがないしね。念を入れて、コーヒーだけでなく、コーンスープも用意。用意周到。

ktp (6).JPG

・・・いや、こりゃ、堅い・・・ちょっと浸したくらいでは表面が削り取れるくらい。世の人がイメージできる「コーヒーに浸してブヨブヨに・・・」では絶対にありません。十分に堅いです!

ktp (7).JPG

・・・もはや、「浸す」というよりは「漬ける」方が安全ですな。

ktp (8).JPG

・・・スープに漬け込んで食べると、クルトン代わりに・・・あ、肝心の味ですが、小麦の美味しさが十分に感じられる優しい味わいに、ほんのり練乳の甘みも・・・普通に柔らかければ、かない美味しく常食できるのでは?これは、是非牛乳と合わせて、よりシンプルに・・・

ktr (1).JPG

・・・早速やってみました。普段牛乳なんて全く飲まないのに、このためだけに買ってきました。北九州からの刺客だけに、丁重におもてなししたい次第です。

ktr (2).JPG

・・・とは言え、急に冷たい牛乳を1人前も飲んだら、確実に腹がユルユルになるので、半分は温めてコーヒー牛乳化。

ktr (3).JPG

・・・冷たい牛乳では高いブヨブヨ指数も望めません=堅いままですが、おおっ、美味い! やはり、小麦のお菓子には冷たいミルク(牛乳とは言わない)が合いますな。

ktr (2).JPG

・・・さらに美味しい「ビスケットとコーヒー牛乳(カフェオレなんて言わない)」の組み合わせ。堅さに慣れてくると、この『堅パン』自体の美味しさがよく分かります。さすがロングセラー。ただ堅いだけじゃないのね。

tr.JPG

・・・コチラも福岡県の銘菓。同じ福岡でも博多のヤツね。

tr (1).JPG

・・・鶴の「子」ということは、卵か? であれば、「鶴」に意味は・・・

tr (2).JPG


・・・この感じは、どう考えても「鶴」の形状とは・・・

tr (3).JPG

・・・あ、やっぱり卵だ。和菓子ですが、どうやらマシュマロを使用・ということは、コレは卵の殻ではなく、白身・・・

tr (4).JPG

・・・そして、黄身! なるほど。上手い構成ですな。絶対的に美味いよ、そりゃ。大阪在住の幼少期に、誰だかの何処だかのお土産で「ふわふわのマシュマロの中に餡が入った不思議な饅頭」を食べた記憶があったのですが、コレで間違いない。全ての記憶が一気に甦りました。東京・有楽町の交通会館内にある博多物産ショップにて購入。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント