定点リハビリ向き箴言集(2020年8月9日)

さらに続く読書リハビリ。もう何十年も前に「こういう世界」に憧れて買って、ワケも分からずとにかく一読、そのまま書棚の肥やしに・・・を取り出して、じっくり読むことにしてみました。よくよく考えたら、こうした「箴言集」のような書物こそ、リハビリにうってつけですな。何しろ、「箴言」なので、1つのワールドが短く完結、かつ、先哲の乾坤一擲の至言なので、そこから自分で幾らでもワールドを広げられるというワケです。

saikon.jpg

・・・面倒なので、漢文の白文はもちろん、書き下し分もオミット、口語訳だけを読み、よほど興味の湧いた名言以外は、注釈もスルー。随分楽な読書でした。が、「活字を目にして、言葉を噛み締め、物事をよく考える」ことに専念でき、これこそ読書の原点・・・大げさね。要するに、①汚れ過ぎてもイカンし、高潔過ぎてもイカン、全ては中庸の道を行くべし、②得意の時こそ災厄に備え、失意の時こそ奮起せよ、③人生至る所が深山幽谷、全ては心の在り様次第・・・みたいなことでしょうか、まとめると。処世術・人生訓が好きな昭和の経営者・サラリーマンにいかにも愛好されそうな書物ですな。ドップリ昭和人ですが、経営者でもサラリーマンでもないワタシ的には、大好きな中国の詩人・陶淵明の影響も垣間見え、「後集」の自然回帰的、されど人境に悠然・・・的な感じをワリと興味深く読めました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント