ご当地ポテチという新ジャンル

普段袋入りのポテトチップなど全く買わなくなった(歳だからな。胸ヤケと胃もたれが怖い)のですが、こういう気の利いたヤツを見ると・・・ ・・・つい買ってしまいます。これは何ともワタシ向けに作られたとしか・・・108円だし。 ・・・「神奈川名物」が横浜中華街でもなく、湘南のしらすでもなく、川崎の『ニュータンタンメン…
コメント:0

続きを読むread more

アフターでもビフォーな箱根の新

今日も安心、アフターでウィズ仕様の四谷≪箱根そば≫です。四谷界隈ではNo.1の感染症予防対策レベルと言えましょう。座席を間引きし、売上げより安全・安心・・・好感度がグッとアップします。そのための長い長い休業だったのですね。許す。 ・・・というワケで、今週も安全・安心のコチラから・・・というのは半分本当・半分ウソで、先週来、…
コメント:0

続きを読むread more

定点缶詰派生スパイ本(2020年6月28日)

敬愛する缶詰聖人・黒川勇人氏の名著『おつまみ缶詰酒場』の中で、「缶詰名人スパイ」小説として絶賛していた作品。今回の自粛巣篭もり対策用に≪AMAZON≫の中古本で購入。直ぐに読み始め・・・ ・・・それを今読み終えているということは、つまり、それほどページを捲りたい、捲らずにはいられない・・・という気持ちになれなかたワケです、…
コメント:0

続きを読むread more

午後7時過ぎからの唾液

朝イチから始まった業務が無事に終盤近くに差し掛かった午後7時過ぎあたり・・・この段階で、頭の中に浮かぶのは・・・ ・・・いや、まあ、そりゃ、第一に業務終了後の慰労一献のコイツです。いつもの南浦和駅前≪松屋≫の『生ビール小ジョッキ』190円。でも、午後7時過ぎの唾液は・・・ ・・・完全にコイツでした。『うまトマ…
コメント:0

続きを読むread more

仄かなスナックサンド

2020年、まだ時折、思い出したように『スナックサンド』採取の旅が続いております。 ・・・ありそうで、なさそうで、実は既にある「タクワンのサンド」です。おそらく、滋賀県長浜市のご当地B級パン『サラダパン』の系譜でしょうな。108円。 ・・・しかし、「いぶりがっこ」とクリームチーズの組み合わせって・・・本来なら…
コメント:0

続きを読むread more

北関東との細い糸ですらない

相変わらず意欲的・冒険的な怪しい新味を世に問い続けている北関東至宝即席麺メーカー≪ペヤング≫ですが、お陰様で業務繁忙につき、なかなか「カップ焼きそば」を楽しむ機会がなく、冒険心が過ぎるこういうヤツなら・・・ ・・・業務合間のオヤツとして、トライできるというものです。しかし、意欲が強過ぎて、消費者はついていけるのか・・・12…
コメント:0

続きを読むread more

無限ループ突入鶏

今週も漏れなく我が葛飾・金町の≪から好し≫に立ち寄る。なぜなら・・・ ・・・コイツのせいです。100円引き!の誘因力には勝てないでしょ、普通。しかも、割引券を使ってお会計しても、また割引券を貰える・・・という悪魔の無限ループ・システム。来週も絶対行くね、こりゃ。 ・・・本日のチョイスは『合盛り定食4個』=モモ…
コメント:0

続きを読むread more

一瞬の気の弛みの定点観測缶詰酒(2020年6月23日)

昨年度から、水曜日だけ午前の業務をスキップさせて頂き、午後一⇒夜最終というシフトに・・・つまり、水曜日の午前中にラクできるだけでなく、火曜日の夜に「明日も朝一か・・・」というプレッシャーから解放されるという効果もあるワケです。そして・・・ ・・・その「解放」の効果がコチラの展開。本と缶詰と酒と。 ・・・ラーメ…
コメント:0

続きを読むread more

アフターの箱根

四谷業務合間の昼下がり。ようやく≪箱根そば≫が復活しました。このまま閉店か・・・と心配しましたが、四谷マイ社食No.2・・・の座は、居ない間に≪小諸そば≫に奪われましたが、No.3としても十二分に頼りになります。 ・・・そして、「アフターうんたら」のカウンター。この陽気な笑顔で、隣席とは断固完全遮断。相変わらず、隣の2人連…
コメント:0

続きを読むread more

定点アメリカから北上シリーズ(2020年6月21日)

「アメリカの地に足の着いたガイド本」があるのなら、その「カナダ版」だってあるはずでは・・・そりゃ、ありますわな。どんな本でも基本的には見付かる≪AMAZON≫の中古本で購入。 ・・・カナダにも若い頃(二十歳前後)に一度行った切りですが、何しろ3か月もの間、(大学をサボって)広大な国土をほぼ隈なく東奔西走南北縦断、しかも、素…
コメント:0

続きを読むread more

いつでもそこにある安心の昼

JR南浦和駅前≪山田うどん≫にて、そこはかとなく品格漂う見事な「カツそば」を前に思わず直立不動。 ・・・いつも食べている何気ないヤツですが、改めて、その美しさに瞠目した次第です。でも、南浦和の昼下がりはこれだけではありません。 ・・・ミニハンバーグが載ったミニカレー。ミニミニコンビです。 ・・・…
コメント:2

続きを読むread more

松鶏変幻自在

南浦和業務合間の昼下がり。久々に≪松屋≫で『プレミアム牛めし』でも・・・店内で食べるかテイクアウトにするかだけ悩みつつ店に入ると・・・ ・・・さらに、悩みの種が発生。「店舗限定」の魔力に抗う術もなく・・・ ・・・こういうことですよ。『ごろごろチキン丼にんにくバター』は500円でこの壮観。 ・・・…
コメント:0

続きを読むread more

悔い改めるカニ

南浦和業務現場に向かう道すがら、マイ南浦和晩メシ社食≪松のや≫の前で、ものスゴく人目を惹く看板に遭遇。 ・・・巨大な「改」の文字が衝撃的。まるで、「オマエの人生を改めよ!」と言われているような気分になります(後ろ暗いところがあるからだ)。でも、改めるべきはカニでした。 ・・・そりゃ、食うでしょ。ギリギリ「洋食…
コメント:0

続きを読むread more

ナイススティック細々

ベースとなる定番品の人気が安定していると、ちょっとした期間限定変容版を市場に出し易くなる・・・経営学か何かで、こういうビジネスモデルのちゃんとした呼び名があるかと思われます(完全な推測)。 ・・・そんなモデルの代表例=≪ヤマザキ≫の金字塔的定番品『ナイススティック』の変バージョン。ベース定番品がシンプルであればあるほど、冒…
コメント:0

続きを読むread more

跡地鶏の胸

今週も我が葛飾・金町≪Sガスト≫の跡地に鳥撃ちに赴きました。 ・・・前回の獲物として会計時に「100円割引券」を頂きまして、そりゃ、行くでしょ、普通。 ・・・今回はモモ肉⇒ムネ肉という健康シフトの『鶏むね肉の香味ダレ定食』・・・の前に、なぜか「レモネード」」などという健康的な飲み物が提供される。店員さん、オレ…
コメント:0

続きを読むread more

海老フライ>ハンバーグ>カレーの残滓

月曜日の四谷の昼下がり。何の脈絡もなく、唐突に≪小諸そば≫のオーソドックスな・・・ ・・・『かき揚げそば』400円+そばW盛りで60円に、贅沢にも『海老天』を追加! ・・・けっして贅沢などではありません。合計金額はあくまでも460円。つまり、先週利用時に無料クーポン券を貰っていたワケです。無料クーポンの対象が…
コメント:0

続きを読むread more

定点古本競馬探偵ボヤケ(2020年6月14日)

大好きな元警官⇒古本屋探偵の古本ミステリーの待ちに待った最新作・・・と言っても、≪Book Off≫の108円均一棚での最新入手版です。本作は、筆者のもう一つの関心テーマである競馬界と古書の世界が融合・・・大いに期待が高まり・・・ ・・・過ぎたのか、う~ん、何だかイマイチ。筆者の競馬への愛は分かり過ぎるくらい分かるのだが、…
コメント:0

続きを読むread more

東日本限定の711岡山とりめし

以前群馬・大泉の≪ほっかほっか亭≫で『岡山式とりめし』の弁当を買った際にインターネットで調べたところ、その「鶏唐揚げを使った不思議なとりめし」を、なぜかコンビニ最大手・天下の≪セブンイレブン≫さんも弁当として販売している・・・という記事を読み、そう言えば、そんなような「とりめし」を一時よく食らっていたなぁ・・・と思い、当然生活圏内の≪7…
コメント:0

続きを読むread more

南浦和の非山田な非カツうどん

四谷業務昼メシは(立ち食い)そば、南浦和業務昼メシはうどんがメインとなっております。埼玉県は知られざる「うどん王国」であることと何か関係が・・・別にありません。で、今日も昼メシはうどんを・・・ ・・・いつもの≪山田≫の方ではなく、≪松≫の方でも大々的にアピール。やはり、うどん王国だから・・・関係ないっすね。いずれにせよ、「…
コメント:0

続きを読むread more

夜のグラビア

今年度はなるべく自宅でゆっくり晩酌メシを堪能したいと思い、できるだけ夜最終出勤シフトを回避したのですが、それでも、前日夜最終出勤からの翌日朝一出勤という重いシフトの日が2日ほどありまして、そりゃ、外食するしかないやね。葛飾亭帰投後、直ちに就寝態勢に入りたいのでね。あ、「寝酒で最低30分は寛ぐ」は遵守です。で、そんな外食日の一日目が・・・…
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界大会の菓子パン

東京2020オリンピックは延期となってしまいましたが、今年もまた人知れず密やかに「ワールドカップ」が開催されております。菓子パンの世界ですがね。でも、なんと早くも第3回大会。第1回はこんな感じで、第2回はあんな感じでした。あ、今年も参加費は各自108円です。 ・・・今年のテーマはやや軽めに「スイーツ」ですと。普段、スイーツ…
コメント:0

続きを読むread more

金町Sガスト跡地に降り立つ鶏

何だかヤケにハンバーグがフワフワで美味しくて、業務帰投後の葛飾・金町のマイ社食となりつつあった金町駅前≪Sガスト≫が消失して、早・・・どれくらいかは分かりませんが、その跡地には・・・ ・・・最近よく街で見掛けるタイプの「唐揚げ専門店」みたいな店が出現しておりました。ホントにありがちな店だったので、どうも行く気になれず・・・…
コメント:0

続きを読むread more

ガッツリ欲が豚カレーに勝つ日

四谷業務現場に向かう朝の通勤電車内では、昼メシは四谷マイ社食≪政吉≫の『豚カレーつけそば』でキマリだな・・・と思っていたのですが・・・ ・・・結局「ガッツリ欲」に勝てず、≪政吉≫の前を素通り、≪小諸そば≫のガッツリ丼セット=『かき揚げ丼+もりそば』550円にスライディング・ダッシュ。いやあ、壮観だ。 ・・・先…
コメント:0

続きを読むread more

定点アメリカ・シリーズ3・食の2(2020年6月7日)

さらに派生していくアメリカ食本シリーズ第二弾。コチラは、前回の『おいしい・・・』とは真逆で、随分大真面目なタイトルとは裏腹に、ユーモアたっぷり、あ、でも、記載事実の全てにエビデンスがあり、ちゃんと学術的な裏付けがなされている・・・のに、どこか全体的に「フザけて」いる感じが漂い・・・結論:超面白い。 ・・・内容的には、スーパ…
コメント:0

続きを読むread more

南浦和で昼に食う米の量じゃない

よくよく考えたら、最近あまり行っていない南浦和≪松のや≫の最安メニュー『ささみかつ定食』550円は、南浦和の昼の確定お馴染メニューである≪日高屋≫の『和風つけ麺』570円より安いじゃないかっ! ・・・というワケで、昼から行ってみました。朝一から働いているのでね。そこそこ空腹でしてね。あ、今回はいつものガラケーを忘れてしまい…
コメント:0

続きを読むread more

正規なのに怪しいマルちゃん

不可思議な≪マルちゃん≫&≪COOP≫コラボを食べてから数日後、今度は正式な≪マルちゃん≫なのに、どこか変なモノを発見。どこがどう変か言いますと・・・ ・・・「赤い」のに「たぬき」で、しかも、「もっと」とは・・・あ、コレはどこかで見たことがあります。しかも、二度見したことが・・・ ・・・やはりな。また負けたの…
コメント:0

続きを読むread more

松屋の夏の赤いバーグ

ご時世的なアレでアルコール類の提供時間が物凄く早く終了し、かつ、テイクアウト弁当の良さを知ったせいもあって、「お店で晩メシ」の機会が減っておりますが、どうやら午後10時まで延長されたようでして、しかも、やはり新メニューはお店で「出来たて」を食べたい。 ・・・それが、≪松屋≫の夏の定番メニューであれば、そして、ハンバーグであ…
コメント:0

続きを読むread more

関東のレモンは続くよ

確かに、これまでも定期的にスーパーの菓子パンコーナーに栃木中南部のソウルドリンク『関東・栃木レモン』のコラボ品が並ぶことがあったのですが・・・ ・・・この賑わいは尋常ではない。今年の春は「瀬戸内レモン」VS『関東・栃木レモン』のガチンコのタイマンなのか? ・・・というワケで、先日食らったコイツに・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

オーソドックスがっつり欲丼麺

本来的に胃腸消化器系が虚弱な悲しい体質なので、朝起きて空腹・・・は当然あり得ないとして、昼めし時に至っても「今日はガッツリしかないぜ!」ということもごく稀な現象です。その「ごく稀」が今日訪れまして・・・ ・・・どうしても≪小諸そば≫の『かき揚げ丼+かけそばセット』550円を食らいたくなりました。四谷の昼下がり。 …
コメント:0

続きを読むread more

定点ようやく下天で天下統一(2020年6月1日)

多分大体20年以上もの時をかけた『乾坤の夢』上中下・三巻との戦いも、ようやく終結。ついに三巻全て読了となりました。まさに戦い。特に「上の戦い」が異常に辛かった・・・が、これにて、信長=『下天は夢か』&秀吉=『夢のまた夢』&家康=『乾坤の夢』と「夢シリーズ」全てが完了、それなりに充実感。何事もやり遂げると何かしらがありますな。 …
コメント:0

続きを読むread more