定点下天は夢だったのか(2020年4月26日)

同じ筆者の織田信長の生涯を描いた『下天の夢』は歴史小説として大ベストセラーになり、ワタシ自身、初めてちゃんと「戦国モノ」として意識して読んだ長編歴史小説もソレで、それなりに夢中になって読んだはずなのですが・・・ ・・・その「夢シリーズ」の最終作で、しかも、人間的にも一番陰影深い天下人・徳川家康を主人公とするのに、読み始めて…
コメント:0

続きを読むread more