ご当地グルメ原風景鍋

最近でこそ、スーパーの食品売り場でお馴染みの定番品(特に冬)に、しかも、各種派生商品がフル・ラインナップされるようになりましたが、ほんの10年くらい前は、東京各地のスーパーでコイツを探しても、なかなか見付からなかったものです。ワタシのご当地(B級)グルメ駆け出し時代にご当地愛・情熱を一気に高めてくれた、実に全く何とも思い出深い一品です。

tri (1).JPG

・・・その加賀・石川の純正・完全たるご当地グルメ『とり野菜みそ』は葛飾・金町亭から一番近い≪AEONスーパー≫でも買えます。300円弱で4人前の鍋の素です。「鶏野菜」ではなく「とり野菜=野菜を摂る」という謎のネーミング+この何とも言えないレトロで下手うま(下手下手?)なイラストのパッケージが、まさに「日本の特定の地域でだけ、人知れずひっそりと愛されていた」感を色濃く・・・

tri (2).JPG

・・・本当に何とも言えない・・・大丈夫なのか、このイラストは?

tri (3).JPG

・・・で、こんな感じに。参加者は鶏肉団子+豆腐+エノキダケ+根菜(大根・人参・ごぼう・こんにゃく)水煮+白菜もやしシメジMIX+うどん・・・をただただぶち込んだだけ。調理の手間は1リットルの水を沸かし、エノキダケと豆腐を包丁で切り、根菜水煮を水洗いし、適当にブチ込んだだけです。5分で戦闘準備完了、あとは酒でもチビリチビリやりながら、ただただガスコンロで煮込む、この鍋がグツグツと煮込まれていく間こそ、かけがえのない至福の時間なのです。

tri (4).JPG

・・・最近は「充実した鍋には、熱燗よりビール(系飲料)をグビグビ」の法則が確立しつつあります。熱燗は湯豆腐限定だな。

tri (5).JPG

・・・うひゃひゃ。美味い。味噌だしを吸い込んだ鶏肉団子が死ぬほど美味い。北陸の冬の味は最高だ。

trj (1).JPG

・・・何しろ1リットルの味噌だしなので、翌日もそりゃ、とり野菜味噌鍋ですよ。

trj (2).JPG

trj (3).JPG

・・今日は缶チューハイで昇天。

trk (1).JPG

・・・そして、最終日の3日目。もはやカオスですな。

trk (2).JPG
・・・グロテスクでスマン。でも、どうしても、今回の鍋の陰のMVP・うどんを紹介したくて・・・3玉108円の何気ないうどんが、北陸エキスを吸い込んで、もう、どうかなりそうなくらい美味かったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント