小諸の春をますます楽しむ

本日も四谷にてイッツウ業務。そして、昼メシは四谷マイ社食≪政吉≫・・・ではなく、No.2の≪箱根そば≫・・・でもなく、いち早く再びの≪小諸そば≫へ・・・ ・・・なぜなら、先週堪能した「小諸春そば」の写真の下に、さらに気になる「小諸春丼」が・・・ ・・・その名も春らしい『春盛り天丼セット』600円を『もりそば』…
コメント:0

続きを読むread more

家で食うメシも松

毎朝我が葛飾・JR金町駅へ向かう&毎晩業務から帰って金町亭へ戻る道すがら、この写真を何気なく目に入てつつ通過しておりましたが・・・ ・・・よくよく見たら、ものスゴイことになっておりますがな。ワンコイン! 何よりも嬉しいこの響き。ああ、ワンコイン!しかも、明日までの期間限定ということで、そりゃ、買って帰るでしょ、普通。 …
コメント:0

続きを読むread more

雪国の出勤風景

北国の春はまだまだ遠い・・・ではなく、埼玉県越谷市・川口市・浦和市界隈です。 ・・・季節はずれの大雪・・・って、つい一昨日に満開の桜を見たはずなのに・・・地球が何か怒っているのでしょうか。。。 ・・・決して雪国の鉄道路線なんかではありません。あくまでも、我がJR常磐線の東京近郊区間です。 ・・・…
コメント:0

続きを読むread more

定点久々に老後備蓄より(2020年3月29日)

≪Book-Off≫で108円均一文庫本を渉猟する間もないまま、ついに読みたい本のストックが枯渇。已む無く、膨大な老後備蓄文庫の中から、久々に・・・ ・・・アガサ・クリスティの『エルキュール・ポワロもの』をチョイス。各種シリーズを前倒しで取崩しつつあるので、真の意味での「備蓄」はこのシリーズだけだったのですが・・・このシリ…
コメント:0

続きを読むread more

小諸の春2020

やはりなかなかに難しい新年度の四谷業務ですが、人生至る所に青山・六本木、否、小諸あり。毎年楽しみにしている春の≪小諸そば≫です。 ・・・今年の春メニューはコチラ。ほぼ定番化しつつありますが、やっぱり食べたくなります。 ・・・個人的には「鰆の天ぷら」なら狂喜乱舞ですが、「きす天」を食う機会もあまりないのでね。 …
コメント:0

続きを読むread more

上州ホルモン・マイナー進化

『深谷ネギがんも』や『上州もつ煮込み』などに目移りしておりますが、やはり群馬・邑楽亭帰省土産のキング・オブ・定番はコレですな。 ・・・群馬県のスーパーでしか買えない、まさに「群馬ご当地日常食的グルメ」の代表格です。邑楽亭のスーパーで250円前後で買えてしまふ。。。 ・・・この謳い文句は昨年までありませんでした…
コメント:0

続きを読むread more

南浦和の夜桜

昨日の昼に一瞥花見した桜がワリと綺麗だったので、今夜、業務終了後に改めて夜桜見物など。 ・・・しかも、昼メシで「野菜貯金」は完了&ボリューム的にも普段の夜メシ分だったので、夜は晩酌のみ。缶ウィスキーハイボール(勿論「濃い目」の9%ね)にコンビニのサンドイッチとフライドポテトとおにぎりで十分です。 ・・・メイン…
コメント:0

続きを読むread more

南浦和魔境中華に連日吸い寄せられ

本日も南浦和にてイッツウ業務。で、簡単に昼めしダッシュに成功(=ちょっと業務的には好調とは言えない)。2日連続で同じ店=≪丸八≫というのもどうかと思ったのですが・・・ ・・・レバニラ。ああ、レバニラ。昼からガッツリいってみましょうか。 ・・・コレをホントに昼メシからヤッてしまうのか・・・正気なのか、50代よ。…
コメント:0

続きを読むread more

南浦和のいつもの夜の光景にプラス1

いつもの南浦和の夜の光景です。≪松のや≫にて『ロースかつ定食』550円で十分晩餐を楽しめる至福。 ・・・おおっ? 何か一品不可思議な追加ブツが・・・前回貰った無料クーポンで『味噌ソース』を投入。130円相当! ・・・で、こうしてやります。名古屋式。ただでさえ美味い≪松のや≫のロースとんかつが・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

南浦和魔境中華・めん全食への道

≪山田うどん≫と並んで南浦和業務のマイ社食の双璧としたいお店なのですが、そのお値段とボリュームと安定の味わいとお手軽さのため、結構な人気店でして、昼めしタイムにちょっとでも出遅れると、既に満員御礼・・・ ・・・なかなかに難しいお店です、南浦和の最強町中華≪丸八≫さん。 ・・・今日は速効ダッシュで席を確保。当店…
コメント:0

続きを読むread more

箱根の春2020

本日も四谷にて朝イチ⇒夜最終のイッツウ業務。なかなか「手応え」を捕まえられませんな。難しいモノです。ま、元々は苦労する「戦場」だったワケですし、一昨年が「出来過ぎ」だったとも言えましょう。ま、それはさておき、昼メシでも。今日は四谷マイ社食の双璧≪箱根そば≫へ。 ・・・新年度開始直後の≪箱根そば≫の楽しみと言えば、コチラ。春…
コメント:0

続きを読むread more

四谷でも普通の昼の情景の回復

本日(あくまでも3月23日の記録です)は四谷にて朝イチ⇒夜最終のイッツウ業務。今年度の四谷出陣は月曜日と火曜日の2日のみ。昨年の不作を引きずりつつ、出陣日も減り、さて、どうなることになりますやら・・・ ・・・ま、どのみち、やれるだけのことをやるしか打つ手はないワケで、昼メシにコイツを食らえるだけでも至福としましょうか。四谷…
コメント:0

続きを読むread more

東京駅で敢えて東京駅の駅弁

新年度業務開始の南浦和で朝イチ⇒夜最終のイッツウ業務4連勤を無事に切り抜け、ようやく日曜日・・・のようで、コロナ休業中の業務の振替出勤に敢えてチャレンジ。で、新年度の四谷に初出勤。ま、午後から夕方までのプチ業務ですが。でも、来週の日曜日も果敢に奉仕(今の内に点数稼ぎ)するので、結局、新年度の始まりは18連勤となります。せめては、いつもの…
コメント:0

続きを読むread more

定点戦国別角度から(2020年3月21日)

いつ、どこで、誰が買ったか全く分からない・・・シリーズ。自分の家の本棚にそういう出自不明の本があるというのは、実に不気味です。戦国時代に大いに興味・関心はあるし、織田⇒豊臣⇒徳川の天下取りの流れも大好きなテーマではありますが、大谷吉継ピンポイントで興味があったとは思えないのですが・・・ ・・・さすがに一冊の本の主人公になる…
コメント:0

続きを読むread more

さらばカウントダウン池袋ランチパック

随分お世話になりました池袋駅構内≪ランチパックカフェ≫ですが、来年度からは池袋業務がなくなるので、コレが最後の採取の旅・・・でした。 ・・・「肉味噌」系のヤツは以前食ったことがあるので、味は何となく予想できるのですが・・・ ・・・西武秩父線50周年となると、買わないワケにはイキませんな。ワリとイイお値段の16…
コメント:0

続きを読むread more

普通の夜の情景の一応回復

本日も引き続き南浦和にて朝イチ⇒夜最終のイッツウ業務。終日しゃべる仕事なので、終日マスク着用、そして、作業机を頻繁にアルコール除菌、さらに、手洗い&アルコール消毒・・・ ・・・で、午後8時半過ぎに、ようやく寛ぎの瞬間が訪れます。南浦和≪松のや≫にて、お馴染の、お馴染過ぎるこの光景。『ハイボール中ジョッキ』230円をチビチビ…
コメント:0

続きを読むread more

普通の昼の情景の一応回復(3/18)

本日(3月18日の記録です)より、業務完全復旧。もちろん、十分な感染予防対策を施した上で・・・ということです。で、今年から完全に主戦場となった南浦和での今年度初の業務は、いきなりの朝イチ⇒夜最終までのイッツウ業務。ありがたい限りです。 ・・・で、昼メシ始めは勿論お馴染のコチラの光景。 ・・・もう、これしかあり…
コメント:0

続きを読むread more

ご当地グルメ原風景鍋

最近でこそ、スーパーの食品売り場でお馴染みの定番品(特に冬)に、しかも、各種派生商品がフル・ラインナップされるようになりましたが、ほんの10年くらい前は、東京各地のスーパーでコイツを探しても、なかなか見付からなかったものです。ワタシのご当地(B級)グルメ駆け出し時代にご当地愛・情熱を一気に高めてくれた、実に全く何とも思い出深い一品です。…
コメント:0

続きを読むread more

年に一度は高級中華料理

昨年子煩悩業務を請け負った元事務所上司兼青砥邸大家さん氏と年に一度の飲食歓談。銀座の高級中華料理店≪芳園≫にて、高級中華料理のフルコースをご馳走して頂く。 ・・・何もかもいちいち美味しい前菜・スープ・点心と来て、メインの牛肉。フォワグラも添えられておりまっせ、何しろ高級中華だからな。 ・・・そして、〆の坦々麺…
コメント:0

続きを読むread more

定点昭和子供本定期購入(2020年3月15日)

昭和40年代に子供時代を送った以上、そりゃ、買うに決まっとるでしょ、こんな本。表紙の仮面ライダーとかウルトラマンとかキカイダーとかゴレンジャーあたりは決め手にはなりません。決め手となったのは・・・ミラーマン・サンダーマスク・ジャイアントロボ・シルバー仮面・電人ザボーガーあたりです。 ・・・さほど真新しい情報があったワケでも…
コメント:0

続きを読むread more

今回の上毛酒と春の恵

今回の上毛酒・・・は、あくまでも脇役で、主役は春の使者三人衆ですぜ。 ・・・三人衆の内訳は①「タラの芽の天ぷら」171円+税&②「菜の花と筍のおひたし」198円⇒138円+税&③「ほたるいか」180円⇒162円+税という完璧な布陣です。もう、笑っちゃうくらい春三昧。紛れもなく北関東のスーパーマーケット≪カスミストア≫や≪フ…
コメント:0

続きを読むread more

水郷めし〆

群馬・館林市&板倉町といった水郷地帯から≪渡良瀬遊水地≫を抜けて茨城・古河へ・・・の旅の締め括りは、やはり「水郷めし」ですな。で、コチラ。 ・・・うなぎ・ナマズ・鯉・鮒・川エビ・・・つまり、川魚をフルコースで味わえる群馬・板倉の名店です。 ・・・ね、もう見るからにフルコースでしょ。『いたくら三の膳』というヤツ…
コメント:0

続きを読むread more

花の桃

その≪分福茶釜たぬき寺≫から、八街姉の運転する車で、群馬・板倉町⇒渡良瀬遊水地を抜けて、花紀行の目的地である茨城県古河市へ。 ・・・これが本日のメイン目的です。古河の花桃です。 ・・・本来の予定では群馬・伊勢崎に河津桜を見に行くはずだったのですが、地球温暖化、いや、暖冬により、既に葉桜化。かと言って、…
コメント:0

続きを読むread more

ついで茶釜に感動の寺

群馬・邑楽帰省2日目。千葉・八街に住む姉が合流、親子姉弟3人うち揃って、秋の「群馬・桐生の床もみじ」に続く花紀行第二弾へ。最早老親子・老姉弟につき、いつ何時何が起こるか分からないので、一緒にこの世を愛でられる機会を最大限に生かすとしましょう。 ・・・その花紀行の前に、少々寄り道。群馬・邑楽亭から意外に近い群馬・館林屈指の名…
コメント:0

続きを読むread more

休日の始まりのサンドイッチ

突然休業が全然続いております。早10日目。でも、残念ながら、まだまだ「夢」を叶える時間はタップリあります。で、今日の「夢」の実現の様子はこんな感じです。まず、昼近くにのそのそ布団から起き出して、顔も洗わないままサンダル履きで近所の半手作り系パン屋さんへ赴き・・・ ・・・サンドイッチを2つ購入。で、こんな感じになります。昼か…
コメント:0

続きを読むread more

松戸のその他の残影

^我が葛飾・金町の江戸川を挟んだ隣町なので、もう何度も何度も訪れている松戸ですが、こうしてゆっくり歩くのも久しぶり。 ・・・コチラも何度も歩いた商店街ですが・・・ ・・・この先再び来る日はいつか分からないし・・・ ・・・もう、いつ何が起きてもおかしくないかもしれない世界なので・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

「お食事」としてのラーメン

千葉県松戸市は千葉県屈指、否、首都圏屈指のラーメン激戦区だったりします。ココに来て、美味しいラーメンを食わない手はありませんな。久々にラーメン名店探索を・・・ ・・・松戸のラーメンと言えば≪とみ田≫・・・は水曜日定休日なので、同じグループ店で、今やラーメン屋なのに予約が要るという「高嶺の花」になってしまった本店よりはカジュ…
コメント:0

続きを読むread more

松戸の大河ドラマ関連旅

本日も自粛日にして自由日です。快晴で温暖。こういう日に家に閉じ篭っていると、精神的健康が著しく損なわれます。いっそ毎日大雨とかだと、いろいろ諦めもつくのですがね。ま、江戸川を挟んだ隣町・千葉県松戸くらいに出掛けてもイイでしょう。 ・・・しかも、今まで訪れようと思いつつ、なかなか機会がなかった場所に行くべきかと・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

水戸その他の情景(駅北口)

初めてちゃんと歩いた駅南口方面でしたが、なかなかの風情でした。既に大満足・・・ですが、ま、そうは言っても、この方たちに挨拶をするべく北口方面にも。 ・・・行く先々で事件を解決し、世直しに貢献した・・・と言われる3人組み(+α)です。同じ放浪でも、未知の市を掃討して喜んでいる痴れ者とは大違い。 ・・・この景色を…
コメント:0

続きを読むread more

水戸その他の情景(駅南口)

茨城県未知市掃討の旅ラストのオマケ。もう何度も水戸には訪れていますが、大体毎回駅の北口方面を歩いているので・・・ ・・・今回は南口方面を逍遥してみます。ちょうど路面電車の軌道跡も南口方面ですので。 ・・・昔は全く栄えていなかったので、逆にいち早く駅前再開発が完了。水戸って、こんなに大きな街だったっけ? ま、県…
コメント:0

続きを読むread more

北茨城往復情景少々&水戸土産少々

たとえ「最後の旅」(未知市掃討目的)でも、旅の始まりはいつものごとく・・・ ・・・駅コンビニの『BLTサンドイッチ』と缶ハイボールです。午前中であろうと「濃い目」に決まっているじゃないですか。なお、今回は≪特急ときわ≫で水戸を1つ過ぎて勝田まで。 ・・・一度訪れたことがあり、人生最初(でおそらく最後)のカプセ…
コメント:0

続きを読むread more

真の水戸グルメ

水戸グルメと言えば、やはり、コチラのご当地ラーメン・・・ ・・・水戸発祥『スタミナラーメン(スタミナ冷し)』か・・・ ・・・茨城グルメ・あんこうのラストチャンス・・・ ・・・でも、選んだのはコチラ。関東の各地に点在する、でも、探すとなかなか見付からない緩やかなチェーン・・・ではないでしょうか。何…
コメント:0

続きを読むread more

水戸路面電車幻影

茨城県最後の未知市・高萩市から、ワリと早く水戸まで戻る。時刻は未だ午後4時過ぎ、空も十分明るい。 ・・・最後の未知市だったにもかかわらず、高萩市彷徨を1時間程度で切り上げたのは、ここ水戸に前々から現認したかった物件がありまして・・・ ・・・コレです。水戸市にかつて路面電車が走っていて、その痕跡が・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

茨城県未知市掃討の旅ラスト1(高萩市)

ついに茨城県未知市の最後の1つに到達・・・ということは、関東1都6県全ての未知市の旅の最後の1つでもあります。その記念すべき市は・・・ ・・・地味だ。あまりにも地味過ぎる。でも、だからこそ、最後の1つになるワケです。あ、「地味」というのは「真っ当な方々が真っ当に暮らしているごく普通の街」という意味です。 ・・…
コメント:2

続きを読むread more

真の北茨城グルメ

と言えば、普通どう考えても「あんこう料理」でしょ。あん肝なんぞを肴に地酒の熱燗をチビリチビリ飲りながら、主役=あんこう鍋の到着を待つ・・・冬の至福ですな。でも、昨夜インターネットで北茨城グルメ情報を諸々検索していて、ワタシの心に一番ガリっと刺さったのは・・・ ・・・コチラです。全国チェーンではない、でも、地域に数店舗はある…
コメント:2

続きを読むread more

茨城県未知市掃討の旅ラスト2(北茨城市)

不要不急の外出云々はありますが、比較的空いている平日昼間の特急列車に乗って、(この時点で)感染者報告が未だゼロの茨城県、しかも、北の果ての方に行くくらいなら・・・ ・・・で、こんな街にやって来ました。勿論何の用事もありません。気合を入れて観光というのでもありません。茨城県内の未知の市に行ってみる・・・だけの旅の最終段階です…
コメント:0

続きを読むread more

金町亭湯豆腐続報

今年の冬の晩酌の食卓はすっかり『鍋にポン』使用の超簡単ナンチャッテ独り鍋に席捲されておりますが、ことさらにダラリとゆっくり飲みたい日曜日(ま、今週は毎日が日曜日でしたが)の午後などには・・・ ・・・やはり湯豆腐ですな。美味しいお酒そのものを主役として楽しみたい時も、肴は湯豆腐ぐらいがちょうどイイ。 ・・・日本…
コメント:0

続きを読むread more

定点一燈をそもそも提げていなかった男(2020年3月7日)

≪Book-Off≫の108円均一棚で発見。久々に「小島直記」という名前、そして「男たち」という題名を見付けて、即購入。勤めていた会社を辞めて、アルバイト(結局本職になったが)をしながら、受かりもしない資格試験を受け続け、でも、パチンコとか麻雀とかにもハマり、貴重な20代後半を浪費し尽くしていた頃、この著者の「男たちシリーズ」すなわち『…
コメント:0

続きを読むread more

新小岩の商店街群

葛飾≪千代田通り商店街≫⇒JR小岩駅商店街群をうろついて、マイ商店街うろつき魂が一気にヒートアップ。ココまで来たら、もう、そりゃ、新小岩にも赴くでしょ。で、JR小岩駅から総武線で新小岩駅へ。そして、新小岩と言えば・・・ ・・・南口のキング商店街≪ルミエール商店街≫でキマリですな。「ルミエール」という名前だけで、都心感を一気…
コメント:0

続きを読むread more

小岩の商店街群

マイ末枯れ商店街ベスト10の内の1つ葛飾区≪千代田通り商店街≫をうろついて、商店街うろつき魂が一気に燃え上がってしまいました。しかも、『ホワイト餃子』で燃料補給も満タンに。そりゃ、そのままJR小岩駅方面まで歩いて・・・ ・・・小岩駅周辺の商店街を歩きまくるでしょ。まずは、小岩随一の超巨大商店街≪フラワーロード≫から。 …
コメント:0

続きを読むread more

葛飾の定点観測商店街

江戸川区小岩で青春の味『ホワイト餃子』を堪能する前に、味わい深い商店街の定点観測など。コチラ葛飾区の≪千代田通り商店街≫は、ワタシの商店街うろつき人生の原体験の一つです。 ・・・鉄道の駅からそこそこ離れた場所に忽然と姿を現し、適度に活きていて、適度に末枯れている・・・「忽然末枯れ商店街」の定義にそっくりそのまま当てはまる「…
コメント:0

続きを読むread more

青春餃子邂逅の小岩

世の中の情勢は何一つ変わりませんが、天気が良く、風もほとんどなく、気温も比較的高いので、餃子でも食べに、我が葛飾・金町の南隣の街・江戸川区小岩へ。しかも、ただの餃子ではありません。我が青春餃子です。 ・・・この店名・看板を見てピンと来る方はある種の餃子の「通」でしょうな。 ・・・この種の餃子です。饅頭ではあり…
コメント:2

続きを読むread more

大車輪鍋に最強援軍到来

暖冬とはいえ、突然寒さが身に沁みる日も訪れます。北風が吹きまくる日もあります。が、むしろ歓迎。絶好の鍋チャンスです。 ・・・相変わらず大活躍の『お鍋にポン』by≪マルちゃん≫が今日も頼もしい。この夜は「キムチ鍋」なので、缶ビール風飲料を添えて。温かい鍋に冷たいビール(風飲料)って、意外と最強の組み合わせね。 …
コメント:0

続きを読むread more

年に一度は金町レストラン

夕方過ぎに、本日唯一の用事に出掛ける。池袋業務現場仲間(階級の違うボクサー的)にして金町亭ご近所様と「金町のレストラン」にて会食。 ・・・コチラが「金町のレストラン」です。同窓会や結婚式の二次会などなど金町地元人の各種「会合」の御用達・・・由緒正しいご当地レストラン≪二葉会館≫(という名前が既に地元公式感十分)の一般客向け…
コメント:0

続きを読むread more

柏だって定点観測してもイイ

昨日の無意味彷徨の最後は、運河駅から東武野田線でJR常磐線との連絡駅である柏に。もう長い間≪東武伊勢崎線≫&≪ふるさと特急りょうもう号≫を利用しているモノとしては、千葉県の柏市なんていうところに白に青線の東武電車が走っていること自体が不可思議千万です。 ・・・でも、紛れも無く東武電車の駅。 ・・・しかも、ここ…
コメント:2

続きを読むread more

旅の始まりは意地でも立ち食いそば

たとえ旅の起点が千葉県松戸市の馬橋などという街であっても、たとえ行き先が流山・江戸川台・運河なんていうしがない街であっても、無意味な旅の始まりは立ち食いそばでありたい。しかし、馬橋なんかに立ち食いそば屋が・・・ ・・・ありました。しかも、駅構内・駅付近ではなく、駅前の商店街の中の路麺店ですぜ。こういう店がこういう場所にある…
コメント:0

続きを読むread more

定点観測運河

関東地方の内陸部に運河なんてあるはず・・・でも、駅名そのものが「運河」なんだから、仕方がないでしょ。あるんですよ、ちゃんと。 ・・・小学生の頃、東武鉄道の路線図の中にこの名を見付け、何だ、この「運河」というのは・・・鉄道の駅なのに運河って・・・そもそも運河なんかあるのか・・・などと限りなく妄想を膨らませておりました。当時か…
コメント:2

続きを読むread more

流山街道忽然団地

前回(があること自体がオカシイ)の流山駅前⇒江戸川台バス移動の際、≪流山街道≫を走るバスの車窓から、ちょっと高台になった場所に忽然と団地群が出現して、震えるほど興奮した記憶があります。団地マニアにしか分からない心模様だと思います。若しくは、高熱で寒気を覚えたのかもしれません。 ・・・その衝撃の忽然団地の最寄バス停がコチラ。…
コメント:0

続きを読むread more

定点観測商店街+終の棲家(江戸川台)

流山駅前から、1時間に1本しかない≪京成バス≫に乗り込み、次の目的地・江戸川台へ・・・という行程は2回目となります。つまり、以前も江戸川台などという「そこにあるだけ」の街に来たことがあるのです。1回目は、東武野田線の車窓から見えた駅前風景に何か切ない風情が漂っていたからなのですが、今回2回目となるのは・・・ ・・・この味わ…
コメント:0

続きを読むread more

定点観測の街(流山)

千葉県流山市・・・この街も一年に一回は訪れたい街です。去年は来なかったみたいですが、一昨年は来ております。それ以前も、何度か来ております。でも、もちろん何がどうアレというワケでもない・・・ ・・・ただ、そこにある・・・というだけの街です。 ・・・街のメイン通り≪流山街道≫は当然、何の変哲もない。 …
コメント:0

続きを読むread more

定点観測鉄道

ご時勢のご多分に盛れず、業界的には当然の臨時休業となっております。とりあえず、今週1週間は全業務休止、来週も未定・・・というワケで、晴天の霹靂ヒマ。もっといろいろ深刻に考えるべきかもしれませんが、今のところ「ヒマになった」としか実感できない。かつ、ずっと家に閉じ篭っているのも精神的健康には良くないので、感染に十分注意しつつ、こんな時にし…
コメント:2

続きを読むread more

崎陽軒丼×2杯

池袋離脱を目前に、「崎陽軒コンプリート」に励んでおりますが、≪崎陽軒≫レトルト版の方もできるだけ・・・ ・・・で、以前購入したコチラの2品で「崎陽軒丼」を賞味。 ・・・まずは、コチラ。もう、絶対に美味しいですよね、この組み合わせ。390円。 ・・・より完璧を期すべく、目玉焼きを投入。やっぱ「家丼…
コメント:0

続きを読むread more

定点ときには重い重い考察(2020年3月1日)

若き日の一時期にドハマリにハマッた『春の夢』や『青が散る』の作者である宮本輝大先生がご自身の読書エッセイ集で強く強く推奨していらっしゃった硬派の名作。 ・・・重い。実に重い。なのに、どこかユーモラスで、それが逆にまた陰惨で、でも、あくまでも清々しく、決して不快な読後感ではなく、ただただ「う~む・・・」と唸ってしまう・・・実…
コメント:0

続きを読むread more