旅の始まりは意地でも立ち食いそば

たとえ旅の起点が千葉県松戸市の馬橋などという街であっても、たとえ行き先が流山・江戸川台・運河なんていうしがない街であっても、無意味な旅の始まりは立ち食いそばでありたい。しかし、馬橋なんかに立ち食いそば屋が・・・

mus (1).JPG

・・・ありました。しかも、駅構内・駅付近ではなく、駅前の商店街の中の路麺店ですぜ。こういう店がこういう場所にある貴重さ・・・立ち食いそばマニアの方にしか分かってもらえないでしょうな。

mus (2).JPG

・・・さらに、天ぷらは自家製、そばつゆもひと手間かかっております。なぜ、馬橋にこんな店が・・・あ、でも、このメニューサンプル写真はどこかで見たような・・・しかも、毎日のように見ている・・・・

mus (3).JPG

・・・そうです。我が葛飾・JR金町駅のホームの上で毎日目にしております。ということは、コチラのお店、JR常磐線沿線で展開している謎のチェーン≪そば処≫の一味・・・でも、屋号は≪兎屋≫だし・・・

mus (4).JPG

・・・でもでも、≪処≫にしかないはずの「いつでも食べられる」式の『桜えび天そば』は、どう見ても≪処≫のアレだし、何よりも360円という激リーズナブルな価格設定は≪処≫以外にあり得ない。

mus (5).JPG

・・・あくまでも「自家製」であって、イコール「揚げたて」というワケではありません。が、これが逆に立ち食いそばスタイルね。当店自慢の「本格そばつゆ」を吸って、ブヨブヨがさらに美味しい。

mus (6).JPG

・・・田舎そば「風」のザ・王道式立ち食い麺がベスト・マッチ。

mus (7).JPG

・・・いや、確かに美味いな、このそばつゆ。天ぷらから染み出した油と化学変化して、もう、何が何だか分からない美味しさに・・・当然の完飲です。

mus (8).JPG

・・・とにかく、この地にこういう店があること自体が貴重な平成遺産。いつまでもそこにアレ。

mus (9).JPG

・・・今からでも遅くないぞ、JRよ。考え直しても・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント