定点憧れ読書シチュエーション(2020年2月24日)

もう随分長い間この光景に憧れておりました。すなわち、湯豆腐と熱燗をやりながら、食に関する名エッセイをゆったり・・・

akoga (1).JPG

・・・毎年度4月~翌年1月の業務繁忙期には、夜9時半近くに業務が終わった後、一刻も早く就寝すべく「やっつけ晩メシ」がメインとなるので、まさにコレが「憧憬」だったのです。

akoga (2).jpg

・・・今夏≪Book-Off≫の108円均一コーナーで買ったコレをキープしつつ、ずっとこのシチュエーションを夢見ていた次第です。ようやく宿願成就。ああ、確かにコレはこういう設定の下で、じっくり味わいたい名著です。本来名料理人である著者の食に関する造詣は深く、食材や器の名前に関する由来等が実に面白く、しかも、味わい深く、ただの「雑学」に終わっていないところが素晴らしい。そして、何よりも、さすが名料理人。料理や食材に関する描写がいちいち的確かつリアルで、それらを直ちに「食べたい」気分にさせてくれます。食エッセイの極致と言えましょう。まだ最初の4章(米・酒・貝・魚の篇)を読んだだけなので、まだまだ憧れ晩酌が続きます。いやあ、冬は実に楽しいのであった。。。

akoga (3).JPG

・・・しかも、お酒は我が両毛至宝地酒≪群馬泉≫ですぜ。言うことナッシング。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント