旅の〆の水戸駅弁

今回の茨城県未知市掃討の旅の〆は水戸駅の駅弁と決めておりました。旅の始まりが「立ち食いそば」で、旅の終わりが「駅弁」・・・ま、無意味紀行に相応しい旅グルメですな。

a (1).JPG

・・・いつものJR東京駅の駅弁屋でも水戸駅の駅弁は買えるのですが、水戸駅の駅弁を水戸駅で買う。駅弁の王道です。

a (2).JPG

・・・あ、でも、コレは東京駅の駅弁屋では見たことないな。1100円。結構イイ値段ですが、全てはロマンのため。

a (3).JPG

・・・もちろん茨城カップ酒も用意してありますぜ。水戸市内の地酒蔵の銘酒です。税込みで267円は日常晩酌酒内。

a (4).JPG

・・・うはは。茨城の酒は茨城のモノと共に。茨城の旅の終わりに茨城晩酌をグリーン車の車内で・・・旅の途上で出会ったアチラこちらの景色さえもオカズに・・・最高の贅沢ですな。

a (5).JPG

・・・おっ、何だかとっても茨城っぽい素朴な陣容。この内容で1100円とは・・・よほど厳選された茨城素材を使っておるのでしょうな。

b (1).JPG

・・・土浦代表はレンコン。シャキシャキで美味い。副将軍とベストマッチ!

b (2).JPG

・・・主役は筑波代表の「つくば鶏」・・・何とも言えない上品な味です。

b (3).JPG

・・・おおっ、水戸代表の梅ですな。コチラも上品な甘さでしみじみ美味。

b (4).JPG

・・・筑波と土浦の揃い踏み。他にもキンピラごぼう・しいたけ煮・玉子焼きなどなど、もう、何を選んでも水戸酒に合う。良い旅となりまし・・・

c (1).JPG

・・・しかし、水戸酒に合わせたいのは、やはり水戸の至宝ですな。本場水戸のモノでも、普段使いの一品なので、2個162円。コレを・・・グリーン車の中で混ぜるのか? いくら何でも・・・水戸駅乗車時より車内にはワタシのみ。この時間に上野までグリーン車に乗る客なんて、よほどの酔狂としか・・・

c (2).JPG

・・・完璧なコンビネーション。これはもう・・・あ、JR水戸線との接続駅である友部駅を過ぎても誰も乗ってこないので、多分大丈夫でしょう。非常識ながら、GO!

c (3).JPG

・・・美味い。やはり水戸納豆は美味い。そして、口中の粘りを副将軍酒で流す。うはは。ココでようやく断言。良い旅となりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント