茨城県未知市掃討の旅2・日立市

せっかく滅多に来ない茨城県北部まで来たのだから、もう一つだけ掃討。すなわち、常陸太田市の直ぐ東隣の日立市へ。昔は常陸太田市と日立市のJR常磐線の大甕駅を結ぶ≪日立電鉄≫なるローカル私鉄があったのですが、しばらく前に廃線。今はバスで大甕駅まで繋がっております。その大甕から常磐線でさらに2駅ほど北上。

ha (1).JPG

・・・常陸から日立へ。古代・伝統から近代・確信へ。紛れもない大・日立の企業城下町です。

ha (2).JPG

・・・駅を出て直ぐ、いや、むしろ駅に着いた途端に衝撃の光景に遭遇。ホームから改札口に向かうコンコースに上がった瞬間、この光景が・・・

ha (3).JPG

・・・全面ガラス張りの駅コンコースから海が・・・

ha (4).JPG

・・・太平洋がドドーンと!! こんな駅、あります? もう、この景色を眺めて、おとなしく帰っても・・・

haa (1).JPG

・・・一応駅を出て直ぐのところからも見ましたが・・・

haa (2).JPG

・・・駅の構内からの方が落ち着いてみられます。しかし、この光景は・・・駅からこの光景が見えるなんて・・・異常だ。まだまだ日本には穴場がたくさん隠れておりますな。

hb (1).JPG

・・・しかも、動く歩道! 空港でもないのに。。。

hb (2).JPG

・・・さすが≪日立≫のお膝元。素晴らしく近代的な駅舎です。

hc (1).JPG

・・・駅を出て直ぐに日立的な・・・

hc (2).JPG

・・・いや、それよりももっとスゴいモノが・・・

hcc (1).JPG

・・・≪HITACHI≫だけに、巨大な扇風機のオブジェ・・・

hcc (2).JPG

・・・ではなく、巨大な歯車、いや、何かのタービンかな。ザ・日立! 駅からの太平洋と駅前のコレで日立紀行も終わり・・・いやいや、街並散策もちゃんとね。もう二度と来る機会もないでしょうから。。。

hd (1).JPG

・・・いかにも地方のワリと大きな街・・・という風情の大雑把な感じがグッときます。

hd (2).JPG

・・・駅前の大通りもザ・地方都市。

hd (3).JPG

・・・さすがは企業城下町。世界のビジネスマン向けの一流ホテルに・・・

hd (4).JPG

・・・実に「潤っている」感が漂う公共施設が・・・税収も安定しておるのでしょうなぁ。。。

he.JPG

・・・おっ、さすがは茨城。まずはこのご当地金融機関が出迎えてくれます。

hf (1).JPG

・・・では、本格的に街並散策を。駅前直ぐの商店街。

hf (2).JPG

・・・コチラはちゃんと「生きて」おりますが・・・

hg (1).JPG

・・・それを抜けて、もっと大規模な商店街に入った途端・・・

hg (2).JPG

・・・生きて・・・いない・・・

hg (3).JPG

・・・おそらく、この通りが市街地随一の繁華街だと思うのですが・・・

hg (4).JPG

・・・土曜日なのに・・・

hgg (1).JPG

・・・午後5時前なのに・・・

hgg (2).JPG

hgg (3).JPG

・・・沁みる。いかにも茨城の、しかも、北部に来た落魄感をしみじみ堪能できます。

hh (1).JPG

・・・そのメイン商店街を抜けて、その先の商店街に行くと・・・

hh (2).JPG

hh (3).JPG

・・・もっと末枯れている。素晴らしく末枯れている。

hhh (1).JPG

hhh (2).JPG

・・・つか、この街には賑々しい歓楽街がどこにも・・・

hhhh.JPG

・・・でも、この商店街にある店舗の建物が一つ残らず沁みる。

hi (1).JPG

・・・こっちは駅前大通り。

hi (2).JPG

・・・この木はもしかしたら・・・

hi (3).JPG

・・・4月になると狂気じみた景色が展開するのでしょうな。

hk.JPG

・・・さすが、茨城。やっぱり地元スーパーと言えば・・・見知らぬ街の夕暮れ時、地元スーパーで家族連れの買い物客なんかを見ると、「ああ、オレは一体こんなところで、こんな時間に何を・・・」本日のザ・旅情クライマックスでございます。

hl (1).JPG

・・・駅前広場でオマケのようにイルミネーション・イベントに遭遇。

hl (2).JPG

・・・コンセプトは「光のお花畑」なんていう感じでしょうか。

hll (1).JPG

・・・BGMに合わせて光の色が変化。思いがけないご褒美でした。

hll (2).JPG

hll (3).JPG

・・・というワケで、今回の茨城県未知市掃討の旅は終了。茨城県未知市も残すところ、高萩市&北茨城市の2つだけ。これを掃討すると、ついに関東一都六県の網羅が完了。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ryuu
2020年01月28日 11:00
お仕事、ご苦労様でございます。
常磐線特急ひたちの客はほぼ8割が、ゴルフ客か
日立関係者と昔から聴いていました。
親父が、平(今のいわき)、小名浜、湯本、泉
の周辺の工場に居たので、日立と聴くとなんだか
懐かしいです。でも、常磐沿線って失礼ながら
なんだか殺伐としていて寂しい所が多いですが、
そんな場所だから、駅裏の数軒かたまっている
夜の酒場の佇まいには グッときます。

さて、散人さんの掃討の旅の果ては何処ですか?
もしかして、機械の体が手に入るあの場所(星)とか😀? まさか幻の汽車のパスをお持ちとか⁉️
メーテルと居酒屋で一杯も悪くない悪くない。。。散人さんのブログには、そんな事を想像
してしまう・・・何かがありますね。。。
そんな自然体のブログを続けて下さい。
葛飾散人R
2020年01月28日 13:53
常磐線沿線事情のご教示、ありがとうございます!
仰るとおり、常磐線は(少なくとも)土浦以降は、何となく駅周辺が「ザ・地方都市」な感じが濃厚で、殺伐・・・ま、大雑把とも言えましょうか。
北関東で青少年期を送ったワタシには、馴染み深いモノがあります。
ので、日立市、最高の雰囲気でした。
多分現在は、市民の暮らしの中心地は、車で出かける郊外にあるのでしょうね。

温かいコメントもありがとうございます。
未知市掃討の旅の果ては・・・残念ながら、普通に茨城県高萩市と北茨城市です(笑)。
メーテルと居酒屋・・・も憧れますが、自宅で銀河鉄道999のDVD(しかもテレビ版)でもBGMにして、独り湯豆腐にカップ酒・・が、当ブログにお似合いですね。
今後ともご愛顧頂ければ、幸甚です。
ryuu
2020年01月28日 17:48
TV版ですか。終わりの曲がいいですよね〜。
 目を〜閉じて〜思〜い出す〜母さんの面影〜
         遠く〜離れた〜蒼い地球よ〜

北関東の景色とともに、
目に涙が・・・ さっ 散人さん、
中年を泣かすものでは無いですよ〜。
まだ週半ばなのですから〜。。。
葛飾散人R
2020年01月29日 02:57
追加コメント、ありがとうございます。

その北関東の田んぼの真ん中を走る東武伊勢崎線の白い電車を、
冬の夜なんかに遠くから眺めていると、
人気(ひとけ)の無い車内に煌々と灯る電気がヤケに切なく・・・
ワタシにとっての「銀河鉄道」はコレです。
誰にでも銀河鉄道原風景があるのでは?
・・・なんて夢想をしながら一杯飲ってみるのも一興でしょう。。。