東北地パン菓子な休日

別に甘いモノに目がないワケでも、和菓子をこよなく愛しているワケでもありません。ただただ、「ご当地土着製パンメーカー」マニアなだけです。で、この2つのお菓子のどこが地パンメーカー関連?

tja (1).JPG

・・・『シベリア』は青森県の地パンメーカー、『バター餅』は秋田県の地パンメーカーなのです! なぜか、いずれも葛飾・金町のスーパーで発見。

tja (2).JPG

・・・甘いモノつながりで、お伴は千葉県の甘いヒーロー『MAXコーヒー』で。こんなこともあろうかと、最近は家の冷蔵庫にコイツが常備されております。我が葛飾区金町、江戸川を挟んで隣町は、もう千葉県の松戸市ですからね。

tjb (1).JPG

・・・まずは『シベリア』を。近所の≪マルエツ≫で240円前後。オーソドックスなヤツもありましたが、いきなり『パインアメ』とのコラボ商品という変化球から。

tjb (2).JPG

・・・コチラが青森県のソウル地パンメーカーです。『イギリストースト』でお馴染ですね(地パンマニア限定ですが)。

tjb (3).JPG

・・・ね、正真正銘の青森でしょ。つか、なんで青森のパンが葛飾で?

tjb (4).JPG

・・・見るからにシベリアです。そしてパインの色です。

tjb (5).JPG

・・・「カステラに羊羹」という本来の『シベリア』に比べると、「しっとりしたスポンジケーキに酸っぱ甘い白あん」という感じでしょうか。美味いっすよ、普通に。

tjc (1).JPG

・・・そして、『バター餅』なる、そもそも謎の秋田ご当地グルメ。

tjc (2).JPG

・・・コチラは秋田県のソウル地パンメーカーです。『学生調理』で・・・以下同上。

tjc (3).JPG

・・・確かに『バター餅』でした。紛れもなく餅。そして、紛れもなくバターの風味。あ、これ、意外とハマるかも・・・な美味しさでした。まだまだ日本全国のご当地ソウル製パンメーカーの探索が足りていない。また旅に・・・地獄上等。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント