定点ちょい長い短編(2019年10月6日)

ギッシングって、誰? どうして、こんな本を買ったの? それは≪Book-Off≫の108円均一棚の岩波文庫のコーナーでたまたま見つけて、何となく短編集だから読み易そうな気がしたのと、「食費を削ってまで好きな本を買い漁る男を描く『クリストファーソン』など8篇を収録」という内容紹介文にひじょうに興味をそそられまして・・・

gissimg.jpg

・・・なかなか良い短編集でした。忙しい業務の合間、目がショボショボする中でも、一気に読了しました。当初目当ての上記の話は勿論、それ以外の作品も「珠玉の小品」揃い。何の才能も強い意志もない平凡な人物が、運命のいたずらに翻弄されつつ、けっして幸せにはなれず、それでも、最後にわずかばかりの救いを感じさせる・・・著者独特の手法に感銘。とりわけ運命のいたずらに翻弄し尽くされた『ハンプルビー』のラストの「もういちど新規まき直し―――それだけのことだ」の一句にヤラれました。ギッシング先生の他の作品も読んでみたく・・・久しぶりの良き「読書体験」でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント