ペヤング猛ラッシュ

『MAXシリーズ』や『超シリーズ』など続々と新製品を投入、≪ペヤング≫さんの勢いが止まりません。「両毛との細い糸」も何本も束ねれば「太い糸」に・・・全部を楽しむほどの愛もないので、あくまでも地味なコチラを・・・

petak.JPG

・・・『和風やきそば』シリーズというか、「トホホ路線」というか、要するに何かと何かを組み合わせた「そのまんま」やね。ま、ワタシにはこういう方がお似合いですよ。

pet (1).JPG

・・・では、まず『たぬきやきそば』から・・・「やき」の文字を除けば、単なる「たぬきそば」ですな。

pet (2).JPG

・・・一見すると、やきそばに天カスを載せる関西文化的なアレかと思いきや・・・

pet (3).JPG

・・・見た目も、いかにもペヤングっぽいけど・・・

pet (4).JPG

・・・全然もう、そばの味わい。でも、麺はやっぱりペヤングで・・・

pet (5).JPG

・・・ま、温泉玉子をグチャグチャにしてしまったら、どっちみち美味いさ、そりゃ。

pek (1).JPG

・・・そして、コッチは『きつね』の方。同じく108円では買えないぞ。


pek (2).JPG

・・・コッチは、どう見ても「カップ焼きそば」の具には見えない。

pek (3).JPG

・・・こうして見ると、やっぱ『ペヤング』に・・・いや、やっぱりヤケに茶色いぞ。そりゃ、醬油ベースだもの。

pek (4).JPG

・・・具は油揚げだもの。でも、コレ、不味くないぞ。

pek (5).JPG

・・・何しろ、基本の麺は『ペヤング』だから、味は保証済みね。「もういっちょ行く~?」(懐かしいな)と問われれば、「否っ!」だけど。

pena (1).JPG

・・・さらに『和風やきそば』シリーズを・・・って、「カレー焼きそば」じゃないの?

pena (2).JPG

・・・否っ。あくまでも「カレー南蛮」です、モチーフは。やっぱり茶色い。

pena (3).JPG

・・・あ、でも、コレはなかなかの再現度です。『ペヤング』的な焼きそばジャンク感を残しつつ、それでも「そば屋の味わい」が主張・・・名作です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント