定点時代ハードボイルド続編(2019年9月1日)

やっぱ、美味しいモノは後に残さず、先に食べてしまいたくなっておりますな、寄る年波でございます。堂々たる50代。

sasayakukawa.jpg

・・・前作に比べて、ますますハードボイルド感が増しております。単純に謎解きのミステリとして面白い。かつ、時折顔を覗かせる人情・人生に関する深い洞察・箴言。そして、主人公の深くて暗い心の闇・・・これこそがハードボイルド探偵ミステリの骨子です。時々そば屋で蕎麦を食うシーンがあって、あ、これもやっぱりハードボイルド的なアレの影響ですな。解説によれば、藤沢周平大先生、アメリカのハードボイルドものはたいてい読み漁ったとのこと。むべなるかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント