中浦和の鉄のバミューダ・トライアングル

浦和味わいストリート逍遥を悔いなく(もう当分できないからね、こんな無意味彷徨)終えた時点で、まだ午後4時過ぎ。南浦和業務が午後5時半過ぎからなので、もう一箇所くらい無意味に歩き回っても・・・

画像


・・・で、コチラも前々から大いに気になっていた鉄道謎スポットへ。何が「謎」って、こんな風に線路で三方を囲まれた場所って、全国的にも珍しいでしょ? 何かピラミッドパワー的な不思議な力で満たされているかもしれません(絶対にそんなことはない)。しかも、その内2本の線路は貨物専用線なので、路線図には乗っていない、言わば「幻の線路」ですし・・・

画像


・・・浦和駅前からバスで10分ほどのロケーションですしね。最寄駅で言うとJR武蔵野線の中浦和駅、バス停だとコチラ。

画像


・・・同じバス停から、視線の向く方角を変えても・・・

画像


・・・変えても線路。

画像


・・・しかも、貨物専用線ですので、その構造の頑丈さというか・・・

画像


・・・無造作な「ゴツゴツ」感がタマラない。

画像


画像


・・・宇宙空母ナントカが頭上を飛んで行く・・・ような雰囲気。

画像


・・・こういう時に、実際の貨物列車に遭遇すると、何だか得した気がしますね。

画像


・・・おおっ、最高! 鉄道袋小路のある風景です。

画像


・・・住宅街の中に忽然と姿を現す高架貨物専用線・・・

画像


画像


・・・日常生活の中に当たり前のように貨物線・・・よくよく考えたら、不可思議空間です。しかも、原則静寂に包まれております。

画像


・・・同じ信号から、前を向いても・・・

画像


・・・後ろを向いても・・・

画像


・・・おっ、またまた当たり。

画像


・・・もの凄く狭い空間内で錯綜する鉄道袋小路。この真下に保育園が・・・中浦和っ子は貨物線と共に大きくなるのですな。

画像


・・・貨物線と併走するかのごとく建物。実に味わい深い。

画像


・・・よく見ると、高架橋の向こうの高架橋の向こうにさらに高架橋・・・しかも、新幹線・・・ものスゴい「鉄分」の濃いゾーンです。

画像


・・・そして、静寂なる住宅街なのに・・・

画像


・・・再び元の地点に。

画像


・・・ホントに見るからに詰まっている・・・鉄濃度100%ね。

画像


・・・よくよく考えたら、一本の線路が二階建てになっているって、もう、どこまで鉄分が濃いのでしょう。150%です。

画像


・・・コチラは、先ほどまでのバミューダ・トライアングルとは別の埼京線&武蔵野貨物線の交差地点。中浦和駅付近にて。まさか、また中浦和駅なんかにやって来るとは・・・やはり、埼玉との縁は思った以上に深いようです。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック