大船駅弁で寛ぐ酒

例年なら、今頃はすっかり閑職廃人モードに入り浸っているはずなのですが、今年は東銀座子煩悩業務や四谷・池袋業務のお得意様ご熱心などにより、ワリと慌しく過ごしています。完全にボーっとできる日はまだまだ・・・

画像


・・・よって、今週も「幕の内弁当と酒」の寛ぎ約束手形を。今回はそれに「週に一度はどこでも駅弁擬似紀行」を組み合わせてみました。JR東京駅のいつもの駅弁屋で購入。1100円。

画像


・・・至って普通の幕の内弁当、しかも、関東近郊の神奈川で1100円・・・いや、駅弁の値段を通常CPで考えてはいけない。駅弁には夢がある。「エビフライ」の文字だけで、胸躍る・・・ザ・昭和ね。ちなみに、御品書きの最初の一行目が「幕の内弁当・三種の神器」となっております。

画像


・・・まさしく「幕の内」です。王道・オブ・王道。

画像


・・・そして、この光景がセットされた瞬間、寛ぎが保証されます。

画像


・・・憧れのエビフライ! でも、ホントは鮭が一番美味しかった。

画像


・・・駅弁の煮物は「ホンモノ」を感じさせる一番分かり易いポイントです。コンビニ弁当とは一線を画す、素材そのものの味わい。

画像


・・・さすが小田原を擁する神奈川の駅弁。蒲鉾が一味違うホンモノ感でした。

画像


・・・同じく小田原の縁で梅干もホンモノ。

画像


・・・家で駅弁をヤルと、こういうセッティングが可能なのです。絶対的に寛ぐのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック